記事

出口治明「70歳でも疲れないSNS活用術」

1/2

仕事内容の発信や連絡手段など、公私ともに便利なSNS。一方で、周囲の反応を気にして「SNS疲れ」を起こす人も多い。立命館アジア太平洋大学(APU)学長の出口治明氏は「僕にとってのSNSは人とのご縁をつなげるツール。マイルールをつくって使っている」という――。


立命館アジア太平洋大学(APU)学長の出口治明氏(撮影=大槻純一)

SNSは本当は苦手です

僕がツイッターやフェイスブックを利用していると、周りの人からは「意外だ」とよくいわれます。たしかに僕はSNSのようなツールは、本来は苦手なタイプです。それでも現在は、ほぼ毎日SNSで何かしら情報を発信しています。数行の文章を投稿する、目にとまった記事のシェアをするなど、大体1日に3回くらいですね。

ツイッターやフェイスブックを利用するのは、大学に通勤するときなどの移動中がほとんどです。それも、電車やバスで座れなかったときに限ります。座れたら本を読むからです。

だから立ったままスマホを操作することになります。まずは仕事のメールに目を通し、必要ならすぐに返信して、それでもまだ時間が余ったらSNSを開く。あくまで隙間時間ですから、平均すると1日合わせて15分くらいでしょうか。それ以外にSNSを開くことはまずありません。

他人の投稿はほぼ読まない

こんなことをいうと叱られるかもしれませんが、他人のSNSの投稿はほとんど読みません。というか読んでいる時間がないのです。僕にとってのSNSは、基本的に情報発信のツールなのです。現在、ツイッターのフォロワー数は約11万7000人、フェイスブックのフォロワー数は約1万2000人います。

連絡手段としてメッセンジャーを利用することもあります。最もやりとりが多いのは、僕が学長を務める立命館アジア太平洋大学(APU)の学生たちです。

学長室もいわゆるオープンドアの考え方で、学生の訪問はいつでも歓迎しています。それでも実際に訪ねてくるのは年に100組くらいなので、ツイッターなどでコミュニケーションをとるほうが圧倒的に多くなります。「この催しに来てください」「お会いしたいので、この日の都合はどうですか?」などのメッセージが、ダイレクトにどんどん送られてきます。

フォロワーの中には学内の教員や職員もいて、年齢は僕より若い人が大半です。

企業のトップの方は、実際にお会いすることはあってもSNSを利用する人はわずかなので、ほとんどつながっていません。もっとも、フェイスブックの友達申請は、すべて受け入れていたらすぐに上限の5000人に達し、新たな申請が受けられなくなってしまいましたが。

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「山本太郎氏は終了」

    小林よしのり

  2. 2

    「処理水飲め」応じても解決せず

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    不評クドカン大河は本当に酷いか

    新井克弥

  4. 4

    中国人記者 天皇陛下に深い敬意

    PRESIDENT Online

  5. 5

    河野太郎氏が振り返る自身の外交

    河野太郎

  6. 6

    ブログ収入9割激減 移転で復活か

    Hayato Ikeda

  7. 7

    韓国経済が窮地 通貨危機再来か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    血税1兆円イージス購入 亡国の道

    文春オンライン

  9. 9

    加害者の実名さらし 収入目的も

    文春オンライン

  10. 10

    立民に入党「代表から強い要請」

    黒岩宇洋

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。