記事

自民・松川るい議員、大阪での敗北に「”野党共闘”と言われたのは不服だった。”野合批判”を受けないような戦い方をするべきだった」

大阪都構想に再チャレンジするため維新が仕掛けた知事と市長のダブル選挙は、松井一郎氏と吉村洋文氏が圧勝する結果となった。維新は同時に行われた大阪府議選でも議席を10以上増やし過半数を獲得。大阪市議選でも現在の議席を上回り、第1党となった。

13日放送のAbemaTV『みのもんたのよるバズ!』に出演した日本維新の会の足立康史衆議院議員は「府議選のような地方選挙は中選挙区だから、過半数を取ろうと思ったら3人区では2人、5人区で3人くらい候補者を立てないといけない。そこで過半数というのはすごいことだし、ありがたいことだ。

大阪市議選では過半数まであと2議席足りないとはいえ、従前よりも増えた。そういう意味では大きな勝利を頂いた。僕らが戦ったのは、自民党から共産党まであらゆる組織・団体がずらりと並んだ"反維新"で、何を言っているのか分からなかった。

国政で僕が"無責任野党"と言っているような立憲民主党が国をどうしたいのかよくわからないのと同じような状況になっていた。自民党サイドからは大阪を成長させるための対案、別のプランが聞こえて来なかった」と振り返る。

その上で足立氏は「僕らの感覚では、まさに大阪を成長させるための政策を実現していくことができるかどうか、という土俵にギリギリ残った感覚だ。だから松井さんも吉村さんも万歳はしていないし、むしろ気を引き締めている。これから市議会ではあと2人を味方につけて、都構想の設計図を作って住民投票をやって、大阪市民の過半数の方に支持を頂かないといけない。戦いがようやくスタートするところだ」と述べた。

足立氏の話を受け、自民党の松川るい参議院議員は「国政では自民党を支持しているという方の相当な割合を持っていかれて、大惨敗した。弁解の余地はない。大いに反省すべきなのは戦い方。無所属で出て、複数政党が推薦するというパターンが他県では通用するかもしれないが、大阪では特殊な事情があるのだから、自民党公認・公明党推薦でも良かったと思うし、野合批判を受けないような戦い方をするべきだったと思う」とコメント。

「国政では自民党が与党だが、大阪でこの10年間、維新が与党だ。だから自民党がチャレンジャーなはずなのに、筋を通してチャレンジしているのは維新の方で、そうではないのが自民党という構図にされてしまったのが敗因だと思っている。ただ、"野合"というレッテル張りをされてしまったのは違うと思う。

今回の争点は大阪都構想という都市制度の話。それを維新がいいと思っていて、それ以外の人たちがいいと思っていないだけのこと。国家観や天皇制の是非などとは全く関係がないし、連携も選挙協力も全くしていない。それなのに連合していると言われるのは正直不服だ。

共闘と言われるが、それもちょっと違う。もちろん、それを振り払わなかったのが悪いと言われるかもしれないが、勝手に支援されちゃったということだ。もう一つ、自民党に対案がなかったというのはおかしな話で、大阪市が存続したままでも成長できると言っているだけだ。

4年前、私は東京にいて、政治家ですらなかったが、日教組が変なことをしているのを正すとか、議員定数を減らすとか、維新の政治でいいこともやっているなと思っていた。ただ、インバウンドが増えているというような点は維新ではなく、安倍政権がやってきたアベノミクスの成果だというところもある」と語った。

これに対し、足立氏が「アベノミクスが嵩上げしているのは僕らも応援している。しかし、東京と比べても、愛知と比べても、大阪の景況感はいい。インバウンドも日本一だ。上乗せ分は大阪の地方政治がやっている」と反論すると、松川氏も「万博誘致もIR法案もやったし、東京一極集中を打破するために、大阪を中心とした関西圏を日本のもう一つの成長センターにするべきだというのは自民党も考えていることだ。

大阪が発展する時代が来ているし、これを絶対に成功させたいと自民党も思っている。だから都構想に反対というだけではなく、前向きな発信が足りなかったと思う。今までの組織票などの戦い方だけではダメで、ふわっとした民意を作らないとダメだ」と応じた。

一方、松川氏は「都構想について街の声を聞いてみると、本当に中身が分かって賛成・反対しているわけではないという人も多い。英国のブレグジットもそうだが、具体的に都構想でどういうことが起きるのかを住民の皆さんにちゃんと理解してもらってからでないと、住民投票はできない。これから法定協議会でしっかりと議論して、中身をちゃんと作らないといけない」と指摘していた。

(AbemaTV/『みのもんたのよるバズ!』より)

▶次回は20日(土)夜8時から生放送

あわせて読みたい

「大阪ダブル選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    反日を煽る韓国紙に読者が異議

    団藤保晴

  2. 2

    結婚しなくなった日本は先進国

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  3. 3

    三原じゅん子氏 野党は恥を知れ

    自由民主

  4. 4

    「何で嘘ついた」宮迫の謹慎に涙

    女性自身

  5. 5

    貯金2000万円で騒ぐより禁煙せよ

    永江一石

  6. 6

    宝の持ち腐れ? ZOZO新商法に疑問

    諌山裕

  7. 7

    立民のやる気ない選挙公約に失望

    篠田 英朗

  8. 8

    男逃走めぐる産経社説は撤回必要

    郷原信郎

  9. 9

    宮迫・田村亮ら芸人11人謹慎発表

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    ペイ3社合同 セブン最大20%還元

    S-MAX

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。