記事

サイン盗み疑惑で〝暴走〟した星稜・林監督の去就は? - 新田日明 (スポーツライター)


(OSTILL/gettyimages)

論争は未だ沈静化する気配が見られない。石川県の星稜高校野球部・林和成監督が15日、学校側から山下智将部長とともに懲戒処分を通達された。その理由はご存知のように春のセンバツ高校野球大会で起こった騒動にある。

林監督は3月28日の大会2回戦で対戦した千葉県代表・習志野高校の二塁走者のサイン盗み行為を疑い、試合中に審判団にアピール。審判団が協議したものの、結局不正と認められず星稜は習志野に敗れた。

納得できない林監督は試合後も相手控え室へ乗り込み、習志野の小林徹監督へ直接抗議。報道陣へ怒りをぶちまけた後、一度は矛をおさめて一連の言動を日本高校野球連盟、習志野側に謝罪したが、地元へ帰郷すると今度はセンバツの大会期間中にもかかわらず無断で週刊誌の取材を受けたことでさらに波紋を広げていた。

これらの言動を学校側もさすがに看過できなくなり、4月4日に調査委員会を設置。同委員会の調査報告を精査した上で林監督に対し、春季北信越大会が終了する6月4日まで部の指導を禁止することを決めた。4月27日が初戦で目前に迫っている春季石川大会は山下部長を代行監督に据え、戦っていくという。

指導禁止期間の終了後、職務に復帰するか否かは今のところ未定。それでも道が完全に閉ざされているわけではない。林監督自身も復帰に強い意欲を示しているとのことで夏の甲子園へ向け、再びタクトを振るう可能性は十分に残されている。だが、世の中の風当たりは相当なものだ。特にネット上では「今すぐ辞任すべき」とのシュプレヒコールが方々から上がっている。それだけではない。当の高校野球界からも「続投すべきではない」「潔く身を引くべきだ」などといった厳しい声が大勢を占めている状況だ。

教育者としての行為なのか?

習志野に不正行為があったかどうかについて、すでに結論は下されている。審判団が「サイン伝達行為の確証はない」と判断を下しているからだ。個人的に言えば、サイン盗みという違反行為は立証が難しく「グレーゾーン」になってしまう感も何となく否めないとは思う。

とはいえ、それ以上にやはり林監督の暴走はスポーツの指導者、教育者として許されるべき行動ではないだろう。審判団の決定を不服として冒涜した挙句、準優勝した習志野のナイン、小林監督らチーム関係者の栄誉にも泥を塗り、さらに週刊誌へネタを〝切り売り〟するという前代未聞の行為に及んだからである。

審判の威厳は崩壊

「違反行為があった」と叫んでいる張本人が実は裏側でルールを次々と無視して好き放題やっていたのだから、本末転倒としか言いようがない。

古参の高野連関係者も「申し訳ないが、林さんは高校野球の指導者の職務に就く資格はない」と断じ、こう憤りながら続けた。

「林監督の行為にはフェアプレー精神の欠片もありません。要は自分こそがすべて正しいとする我がままの権化。もしあれが認められるのならば、審判団の威厳は崩壊してしまうでしょう。審判の判定に不満があったら、試合後にいろいろなところで批判をぶちまければいい。

誰もが林監督のような愚行を犯すようになったら、もうプロレスの場外乱闘で凶器攻撃を行うのと同じですよ。規則もへったくれもあったもんじゃない。この件は確かにサイン盗み疑惑に端を発してはいますが、それとリンクさせる問題ではない。よく流れや状況を飲み込めていない人たちは一緒にして混同しがちですが、切り離して考えるべきです。

審判の判断に不満を抱いて感情を抑制できないまま我こそが正しいと思い込み、試合以外のところで世の同情を買おうとした。非常に狡猾であり、高校野球の長い歴史上でも例を見ません」

これとは別に高野連の内部からは「林監督は週刊誌上で、習志野のセンバツ一回戦のバックネット裏でカメラを回しながら二塁走者が相手バッテリーのサインを目視し、それを伝達する怪しげな行動を20回以上もあったと言い切っている。百歩譲るとするならばなぜ、それを週刊誌上で明かすのではなく、まず我々に提出して問題提起しようということをしなかったのか。そこまで自信があるならなおさらで、まず順序が違う。まったく意味が分からない」との疑問も投げかけられていた。

星稜は今秋ドラフト候補の奥川恭伸投手がエースとして君臨する全国でも有数の強豪校。ただ、仮に職務復帰を果たした林監督率いるチームが今年夏の甲子園出場を決めれば、本大会は必然的にヘンなところへとスポットライトが集まってしまう。ひいては夏の甲子園全体のイメージ低下まで招きかねない事態に発展してしまう可能性があることから、その点も含め高野連側は林監督の去就にかなり神経を尖らせているようだ。

監督を擁護する声も多い

だが四面楚歌かと思いきや、取材を進めてみると地元や星稜のチーム内からは逆に林監督への擁護論が意外に多く飛び出していることに驚かされる。その中で、一際力を込めながら次のようにフォローするのは同校OBだ。

「非常に実直な性格の持ち主で『野球以外の大事なもの』についても熱心に指導していた。皆がここまでチーム一丸となってきたのは監督のおかげ。もしここで退任という形になってしまったら、チームは空中分解してしまう。今在籍しているメンバーの中で監督の退任を望んでいる者なんて誰一人としていない。彼は今、これだけ世の中からバッシングを受けている。

懺悔の道を歩んでいるのだから、再登板のチャンスを与えてあげて欲しい。しかも忘れてはいけないのは、彼はあくまでも〝グレーゾーン〟のままになっているサイン盗み行為について、これを機会に真剣に話し合う土台を作ってほしいと願っていたこと。習志野さんを侮辱し、ルールを破ってしまったことは批判され、ペナルティを与えられて然るべきですが、監督復帰の道まで閉ざされてしまうのは違うと思います」

ちなみに林監督は同じく星稜OBでニューヨーク・ヤンキースや巨人などで活躍した松井秀喜氏の1つ年下。27年前の夏の甲子園には星稜の正遊撃手として出場し、そこで偉大な先輩が明徳義塾を相手に5打席連続で敬遠された歴史的シーンも間近で目に焼きつけている。 

一体、林監督の去就はどうなるのだろうか。いずれにせよ1つ言い切れるのは、理由はどうあれ林監督が「星稜の歴史」に汚点を残してしまったということだ。そして、その最大の犠牲者となっているのは、目標に向かって厳しい練習を積み上げながらも監督不在となってしまった名門・星稜野球部の面々である。こうした事実を忘れてはいけない。

あわせて読みたい

「高校野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自らを棚に上げ日本糾弾する韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    三原じゅん子氏演説に潜むズルさ

    メディアゴン

  3. 3

    韓国への強硬措置は日本に逆効果

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    よしのり氏「立民に裏切られた」

    小林よしのり

  5. 5

    文在寅氏に白旗を勧める韓国紙

    団藤保晴

  6. 6

    反安倍の辞めろコールはマイナス

    猪野 亨

  7. 7

    枝野氏を凌ぐ山本太郎氏の演説力

    早川忠孝

  8. 8

    教員からのパワハラ 相談窓口を

    BLOGOS編集部

  9. 9

    政策の違い比較したイラスト話題

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    和田氏 謝罪せぬCBCトップに疑問

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。