記事

人口減で地銀収益力低下、金融仲介への影響を点検=黒田日銀総裁


[東京 16日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は16日の衆院財務金融委員会で、今後も地域の人口減少などの構造要因が地域銀行の収益押し下げ要因として継続的に働くとし、将来的な金融仲介機能に悪影響を及ぼさないかしっかり点検していく、と語った。緑川貴士委員(国民)の質問に答えた。

総裁は地銀の経営環境について、地域の人口・企業数の減少や低金利環境の長期化によって、基礎的な収益力がすう勢的に低下しているとの見解を示した。

そうした中でも、これまでは有価証券の売却益や信用コストの低下が全体の収益を支えてきたが、総裁は「有価証券売却益が将来にわたって続くわけではないし、信用コストもこれ以上下がっていくことは考えにくい」と指摘。

現状は「地域金融機関は十分な資本と流動性を備えている」としながらも、「今後も地域の人口減少などの構造要因が地域銀行の収益力の押し下げ要因として継続的に働くことが見込まれる」と語った。

そのうえで「将来的に金融機関の資本基盤やリスクテイク能力が制約を受け、金融仲介機能に悪影響を及ぼすことがないか、しっかり点検していくことが適当」と述べるとともに、地域金融機関に対して「コストの削減であれ、あるいは提携の拡大であれ、さまざまな努力を行っていただく必要がある」と要請した。

また、総裁は世界経済の減速を受け、日本の輸出・生産も弱めの動きとなっているものの、3月調査の日銀短観などを踏まえて「設備投資はかなり堅調で、消費もしっかりしている」と指摘。日本の内需は全体として堅調に推移しているとの認識を示した。

先行きは、中国や欧州の持ち直しを背景に、世界経済が年後半にも回復し、来年は高成長が見込まれるとし、日本経済も「全体として緩やかな拡大が続くとの見通しは、かなり確か」と表明。

物価面では、2%目標に向けたモメンタム(勢い)は維持されている中で、2%に向けて徐々に上昇率を高めていくことが展望できるとし、金融政策運営は「現在の大幅な金融緩和を粘り強く続けていくことが重要」と語った。

(伊藤純夫)

あわせて読みたい

「景気」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ウーバーイーツ、報酬3割減に組合が怒り 安すぎて"配達拒否"する人も

    キャリコネニュース

    03月08日 22:16

  2. 2

    やっとメディアが報道しはじめた小池知事の行動 1年経っても7割がウイルスに不安

    中村ゆきつぐ

    03月09日 08:31

  3. 3

    シン・エヴァンゲリオン劇場版ᴐ7──おとなになれないぼくたちと、第1世代オタクの悲哀

    狐志庵

    03月08日 15:09

  4. 4

    ドキュメント3・11 イギリス大使館はなぜ「真実」を見抜けたか

    新潮社フォーサイト

    03月08日 08:12

  5. 5

    河井夫妻買収事件、「被買収者」告発受理!「処分未了」の再選挙には重大な問題。各政党の対応は?

    郷原信郎

    03月08日 17:46

  6. 6

    メディアが報じない薬物事件のリアル 高相被告が再犯をしないために続けていた努力

    阿曽山大噴火

    03月09日 08:05

  7. 7

    「奇跡が起きる」と話題!ClubhouseはYouTubeをどう変えるのか!?

    放送作家の徹夜は2日まで

    03月08日 10:35

  8. 8

    コロナ禍で進む様々な好調・不調の二極化

    ヒロ

    03月08日 10:34

  9. 9

    いま一度公務員倫理規程を問う

    船田元

    03月08日 13:39

  10. 10

    ソフトバンクGの格付け見通し、ムーディーズが安定的に引き上げ

    ロイター

    03月08日 21:12

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。