記事

米国務長官、協議姿勢巡る北朝鮮側の要求を一蹴


[ワシントン 15日 ロイター] - ポンペオ米国務長官は15日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が核問題を巡る協議で米国が態度を改めるのを年末まで待つと表明したことについて、金委員長が非核化の合意を早期に果たすことが重要と述べて北朝鮮側の要求を一蹴した。

金委員長は12日、最高人民会議(国会に相当)で行った演説で、米国が適切な姿勢で臨むなら3回目の米朝首脳会談に応じてもよいとの考えを示し、「年末までは忍耐強く米国の勇気ある決断を待つ」と述べた。

ポンペオ氏はこれに関し、トランプ大統領は「外交面で前進する決意だ」と指摘。金委員長は非核化に合意しており、「われわれは協力してこの合意を前進させる必要がある」と語った。

「米交渉団は北朝鮮側と合意の達成に向けて前進を図るために協議を行っている。金委員長は年末までの達成を求めると述べたが、それよりも早期に実現するのを望んでいる」とした。

トランプ大統領は同日、ミネソタ州での演説で、北朝鮮は2017年以降、核・ミサイル実験の停止を維持しており、北朝鮮問題は「進展している」として楽観的見方を示した。

トランプ氏は、金委員長との「非常に良好な関係」をあらためて強調し、金委員長が最近、さらなる協議を楽しみにしていると述べたばかりだと語った。

「急速に進展する必要はない。現在は非常に好ましいペースで進んでいる。われわれは良好な関係を築いており、多くの建設的なことが行われている」と述べた。

トランプ大統領は13日、ツイッターに「3回目の首脳会談は互いの立場を完全に理解しているという点で良いことだ」と投稿している。

あわせて読みたい

「米朝首脳会談」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自らを棚に上げ日本糾弾する韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    三原じゅん子氏演説に潜むズルさ

    メディアゴン

  3. 3

    韓国への強硬措置は日本に逆効果

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    よしのり氏「立民に裏切られた」

    小林よしのり

  5. 5

    文在寅氏に白旗を勧める韓国紙

    団藤保晴

  6. 6

    反安倍の辞めろコールはマイナス

    猪野 亨

  7. 7

    枝野氏を凌ぐ山本太郎氏の演説力

    早川忠孝

  8. 8

    教員からのパワハラ 相談窓口を

    BLOGOS編集部

  9. 9

    政策の違い比較したイラスト話題

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    れいわ候補 創価学会聖地で訴え

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。