記事

【記憶がないEC】、酔ってネットで買っちゃったは5兆円!へべれけでポチって即返品?


■スマートフォンやタブレットなどのモバイルでいつでもどこでも簡単に買い物ができるようになったことで、これまでになかった市場が出現している。酔った勢いで買い物をする、飲みすぎてオンラインショッピングする、いわゆる酩酊ネットショッピングだ。

メルマガ・サービスのハッスルの調査から、ほろ酔い気分から泥酔状態でネットで買い物をする「飲酒eコマース」市場が450億ドル(約5兆円)規模であることがわかったのだ。

成人2,174人を対象に3月11日~18日の調査によると、アルコールをたしなむ人の79%が飲酒後に1回以上、オンラインで買い物したことがあると回答している。

女性(80%)は男性(78%)よりもへべれけでもネットショッピングをする傾向があり、収入が多くなればなるほど酔った勢いでネットショッピングする割合が高くなっているのだ。

アルコールの種類はビールが最も多い34%で、次に29%のワイン、そしてウイスキー(17%)、ウォッカ(10%)、ジン(4%)、テキーラ(3%)、ラム(3%)となっている。

男性の45%がビールで、女性の50%がワインでネットショッピングを行う。

覚えのない注文品が自宅に届く、酔っ払いネットショッパーは週平均で10本もお酒を飲むという。飲んでもネットショッピング経験がない人は、週平均で5本しか飲まない。のんべえほど、知らないネット注文品が届くことになるのだ。

調査から酔っ払い1人当たりの平均年間支出額は444ドルと試算している。男性の酔っ払いは平均支出が448ドル、女性は441ドルとなり、男性の場合は酔った勢いで高い買い物をする特徴があるのかもしれない。

飲酒時に最も多く購入されているのが「衣類」および「靴」で、特にアマゾンは酔っ払いご用達のオンラインストアとなっている。

「飲酒ネットショッピングで年間どれほどお金を使ったか?」の平均値を州別でみると、東海岸側の州の平均支出が特に高く、内陸部の州は支出が少ない傾向となっている。

飲酒時のオンラインショッピングで買ってしまった最も変な商品では「重さが100キロ近くある3メートルの竹」や「第二次世界大戦時代の銃剣」、男性なのに「搾乳機」、「元NBAスター選手の足から取り除かれた破片」、「映画『バック・ツー・ザ・フューチャー』でマイケルJフォックスが着ていたベスト」、「24万円もする暗視ゴーグル」などがあった。

当然、「飲酒時のネットショッピングで購入した商品を返品したことがあるか?」の質問では、20%が返品経験ありと回答している。

 今やビールやワインなどもネットショッピングで自宅に届けてもらえる時代だ。宅飲みからへべれけでポチる「記録はあるけど、記憶のない」ネットショッピングが増えるのだ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。オンラインショッピングとお酒は切っても切れなくなるでしょうね。わざわざ買いに行かなくても重いビールやワインを届けてもらえる時代です。3年前、当ブログで「シップ&クリック(sip & click)」現象を紹介したことがありました。「シップ(sip)」とは「少しづつ(ちびちび)飲む」という意味で、シップ&クリックはお酒を飲みながらオンラインストアで買い物をするということです。

スマートフォンやタブレットから買い物するので、クリックではなく「シップ&タップ」現象でしょうね。飲酒でネットショッピングを行うフライデーナイト現象です。ショッピング情報サイトのラック(Racked)によると、ファッション系オンラインストアで月曜と金曜のそれぞれの夜の売上高を比べると、金曜のほうが30%以上も売上が高くなっていたのです。金曜日の深夜1時を超えると月曜日の同時刻に比べて40%以上も注文額が増加し、金曜日の深夜2時では48%も高くなるのです。

⇒金曜日の夜はランジェリーの売れ行きが良く、月曜日の同時間帯で比べると50%も増加。しかも商品単価が跳ね上がり、金曜夜のランジェリー平均購入額は140%も高くなっていました。ランジェリーの平均購入額126ドルとなる月曜夜に比べて金曜日は308ドル。ドレスは金曜深夜0時過ぎに月曜日に比べて売上高が320%も跳ね上がっていました。ハイヒールも月曜に比べて金曜日の深夜1時~3時には2倍の売れ行きです。ハイヒールは夜10時頃の比較では165%も高くなります。

3年前はブラウザでネットショッピングが主流でした。現在はアプリ経由でのショッピングでしょう。つまりネットショップにアクセスするブラウザと異なりアプリでは他のサイトにアクセスしませんから、アマゾン・アプリの一人勝ちになっているのです。アマゾンは酔っ払いご用達のオンラインストアというのもうなずけます。アマゾンがファッションでプライベートブランドを多数、ローンチしていた理由でもあります。
アマゾンのピックアップ拠点に行くと、ピックアップより返品客が多いことに気づきます。その中には記憶のない買い物をしたものもあるのでしょうねぇ。

あわせて読みたい

「ネットショッピング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    なぜ「上級国民」を逮捕しないか

    深澤諭史

  2. 2

    池袋被疑者のさん付け報道に怒り

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    「暇」は会社の拘束時間が生む

    Yamada_nt

  4. 4

    セブン騒動でコンビニ崩壊危機も

    大関暁夫

  5. 5

    木嶋佳苗は魔性 新潮社員が吐露

    キャリコネニュース

  6. 6

    池袋事故 SNSの削除は罪証隠滅か

    深澤諭史

  7. 7

    10連休混雑は? 渋滞予報士ズバリ

    BLOGOS編集部

  8. 8

    田原総一朗氏「元号必要なのか」

    田原総一朗

  9. 9

    N国党が躍進 NHK民営化は可能か

    諌山裕

  10. 10

    現金不可の楽天球場に売り子不満

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。