記事

就活女子大生に「セクハラ」と言われないための自衛策とは

OB訪問で知り合った就活生とのSNSの交換は危ない(写真はイメージ)

 就職活動の現場が大揺れだ。就活に必死の女子大学生を標的にした、現役男性社員の性的暴行や不適切な関係が、相次いで報道された。そうした卑劣な行動は言語道断だが、大多数の社員はまじめに働き、まじめにOB・OG訪問を受けていることだろう。しかし、男性社員は以前にも増して注意を払わねば、思わぬ落とし穴にはまりかねない。『学歴フィルター』(小学館)の著書がある、就職コンサルタント・福島直樹氏が解説する。

 * * *

 今年3月、住友商事元社員が準強制性交などの疑いで警視庁に逮捕された。就活でOB訪問に訪れた女子大学生に酒を飲ませて泥酔させ、ホテルでわいせつな行為をした疑いだった。社員は事件後に懲戒解雇された。

 2月には、大手ゼネコンの男性社員が、OB訪問で知り合った就活中の女子大学生を自宅マンションに呼び、わいせつ行為をした疑いで警視庁に逮捕された(後に不起訴)。

 大手企業に就職したい学生たちの立場の弱さに漬け込んだのであれば、卑怯な行為であり、断じて許されない。人間として下劣である。

 一方で、多くの男性社会人は誠実であり悪意は抱いていないだろう。OB・OG訪問も同じ大学出身の後輩への親切心から受け付け、忙しい業務の合間に時間を割いていると思われる。しかし、今回の報道を受けて、「自分は下心などないから大丈夫だ」と感じた社会人は危ない。私が注意を喚起したいのは、近年、問題が頻発する背景に次のような事情があるからだ。

 大手企業は2016年卒業予定の大学生向け新卒採用から求人数を減らしており、大手に関しては実は就職が厳しくなっている。リクルートワークス研究所の調査では、社員数5000人以上の企業の有効求人倍率はこの数年で、0.70倍(2016年卒業)から0.37倍(2019年卒業)へと半減しているのだ。

 ゆえに「OB・OGを訪問して直接アドバイスがほしい」「リクルーターから優先的に人事に紹介してもらいたい」という学生側のニーズが高まり、リクルーターは当の本人が感じている以上に「強い」立場にある。これまで以上に、学生は社員側の要求を断りにくくなっている。

 かつてはOB訪問の際に、社員が学生に夕飯をご馳走してあげることもあっただろう。だが、いまやお酒が出るお店に連れて行けば、「無理矢理デートに付き合わされた」と言われても仕方のない時代だ。「これまでは許されていた」とか、「学生側の同意があった」などという抗弁はまったく通用しない。

 就活中の女子大学生たちは、就職できるかどうかで心理的に追い詰められているケースも少なくない。彼女たちの立場は非常に弱く、そのことに思いが至らなければ、社会人側のミスである。



 では、このような状況を踏まえ、男性社会人はどう対応すればいいのだろうか? 以下に、最低限守るべきルールを記しておこう。

【1】不用意に個人の連絡先を交換しない

 OB訪問時に女子大生からSNSでつながりたいと言われた場合を想定してみよう。

「LINEで友達になりたいです」

「インスタグラムでフォローさせてください」

「インスタのDirectでやり取りさせてください」

「Facebookで友達申請していいですか?」

 このような場合は、基本的に断った方が無難である。後に学生から、「嫌だったけど、無理矢理LINEを交換させられた」「勝手にインスタでフォローされて気持ち悪い」などと人事にクレームを入れられたらどうなるだろうか? 証拠がないことから有効な反論ができない。あなたの人事評価は下がるかもしれない。

 SNSを断ったところで、就活生は困りはしない。彼らが再度あなたと連絡を取りたければ、会社の固定電話に連絡すればよいし、会社のメールアドレスにメールを送ればいいだけだ。はっきりと「トラブルを防ぐため、個別の連絡先交換はしない」とか「SNSはやっていない」と伝えるべきだ。

【2】お酒の出る店では会わない

 基本的に業務時間内にロビーなど社内でOB訪問を受けるのが無難だ。ただし、仕事が忙しく、夕食時しか時間が取れないこともあるだろう。その場合は社員食堂やカフェなど他者の目がある場所で、かつ、お酒が提供されない場所を選ぶべきだ。「静かだから」「落ち着いて話せるから」などという理由でカラオケボックスに行くなどは言語道断だ。

「お酒につきあわされた」「密室で身体を触られた」と主張されたら反論できない。

【3】OB・OG訪問アプリを使用しない

 最近は就活生の間でOB・OG訪問のマッチングアプリが流行っている。学生側からすると、自分の所属する大学のOB・OG以外にも出会える可能性があり、メリットがある。だが、社会人側からすればメリットはない。不要なサービスを利用してリスクを高めることはない。社員に利用を禁止する企業も出てきている。

【4】同僚女性にしてはいけないことは学生にもしてはいけない

 当たり前のことだが、これができていない男性社員が多いのではないか。学生を半人前扱いして、服装を褒めたり、容姿を褒めたりする人がいる。だが、同僚の女性に「今日の服はセクシーだね」とか「可愛いね」などと言ったらセクハラだろう。女子大学生が会社の人事にクレームをいれれば、当然、人事はリスクを感じるだろう。

 他にも、親の職業、出身地、現在住んでいるエリア、最寄り駅などを聞かないように気をつけるべきだ。つまり過度に相手のプライバシーに踏み込まないこと。もうおわかりのように、基本的に「セクハラ」「パワハラ」防止と同様である。相手から「セクハラされた」と主張された時に抗弁できるか? という観点で考えることが重要だ。

 筆者も学生時代に見ず知らずの社会人にOB・OG訪問をしたことがある。先輩社会人は、私が大学の後輩というだけで、善意で優しく対応してくれたことを思い出す。またそこから社風など企業の実態を知ることもできた。

 日本の就活において、OB・OG訪問は入社後のミスマッチを減らす、よくできた善意のシステムだった。それがごく少数の不届き者のおかげで軋みはじめている。時代に合わせて形を変えるにせよ、善意のシステムは残していくべきだ。

 そのためにも男性社会人は、リスクを想定し誤解されないよう、後輩の就活生を応援していくことが大切ではないだろうか。

【プロフィール】ふくしま・なおき/1966年長野県生まれ。就職コンサルタント。上智大学文学部卒業後、大手広告会社勤務を経て、93年より就職に関わる執筆、講演活動、学生の就職支援を行う。最新刊に『学歴フィルター』(小学館新書)がある。

あわせて読みたい

「就職活動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自らを棚に上げ日本糾弾する韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    三原じゅん子氏演説に潜むズルさ

    メディアゴン

  3. 3

    韓国への強硬措置は日本に逆効果

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    よしのり氏「立民に裏切られた」

    小林よしのり

  5. 5

    反安倍の辞めろコールはマイナス

    猪野 亨

  6. 6

    枝野氏を凌ぐ山本太郎氏の演説力

    早川忠孝

  7. 7

    TV局がツイート謝罪で失った信頼

    孝好

  8. 8

    文在寅氏に白旗を勧める韓国紙

    団藤保晴

  9. 9

    韓国、日本の北制裁「生ぬるい」

    ロイター

  10. 10

    教員からのパワハラ 相談窓口を

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。