記事

教師のいう「高校生らしくない」は差別や偏見の温床

2/2

その考え方を拡大すると、「日本人らしくない」とか「日本人らしさ」を求めることになる。
その典型例が、テニスの大阪なおみ選手をアニメ化したCMの「肌色」問題だ。
褐色の肌は「日本人らしくない」から、日本人らしい色にした。
「高校生らしさ」を子供たちにはめ込むのと同じ発想だ。

記事に出てくる生徒への教師の対応は、教師による生徒へのイジメだ。
パワハラであり、生徒の人格否定であり、基本的人権の侵害だ。
教師は学校という閉鎖世界での支配者であり、生徒は虐げられる臣民のような立場。逆らうことは許されないし、口答えしようものなら「問題児」にされる。

教師は自らの力を誇示するために、校則という武器を行使して、生徒を従わせる。
学生だった昔を思い出すと、今でもある教師を思い出してムカムカと怒りが沸き上がってくる。その教師は、おそらく高齢で死んでるだろうけど、記憶の中にあいつは生きている。

だが、生徒が理不尽な校則や教師に、まともに対抗できるはずもない。不本意であっても、従うしかなかった。ささやかな抵抗として、嫌いな教師のテストを白紙で提出したりもした(^_^)。そんなことをすれば呼び出されて説教されるのだが、口答えはしないが肯定的な返事もせずに対峙した。
「おまえに従う気はない」と、沈黙で反抗していた。

昨今では、生徒が教師に暴力を振るう事件が起きたりもするが、昔は教師の立場はずっと強力だった。生徒は絶対服従だったのだ。

いちいち校則なんか作らなくても、憲法があるじゃないか。
憲法を守っていれば、健全な社会生活は営める。

悪い教師ばかりではなく、尊敬できる教師もいた。
しかし、名医が希少であるように、名教師も希少だ。
7割は凡庸教師、2割はダメ教師、1割がいい教師だったね。
生徒は先生を選べない。
嫌な先生に当たったら、不幸な学生生活になる。

声を大にしていおう!

校則なんて、クソ食らえ!

あわせて読みたい

「学校教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ検査で病院へ行くのは愚か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    楽天の三重苦 送料無料は無理筋

    大関暁夫

  3. 3

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  4. 4

    コロナ報道に消耗 不安を煽るSNS

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  5. 5

    コロナ特効薬なぜ開発進まないか

    NEWSポストセブン

  6. 6

    辻元氏が個人党会費の転用を否定

    辻元清美

  7. 7

    籠池氏が100万円事件の真相告白

    文春オンライン

  8. 8

    肺炎対応で読み取る各国の戦時中

    奥山真司

  9. 9

    韓国でコロナ感染者増加が最多に

    ロイター

  10. 10

    長瀬智也が退所?TOKIO愛ゆえ苦悩

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。