記事

ゴーン容疑者夫人の電撃再来日 特捜部にマイナスな理由

反撃の日は近い?(AFP=時事)

 日産自動車・元会長のカルロス・ゴーン容疑者が特別背任容疑で再逮捕された後、フランスに帰国していたキャロル夫人が10日夜に再来日。翌11日、東京地裁での証人尋問に出頭した。

「この“電撃再来日”は、捜査を進める東京地検特捜部にとって、むしろマイナスのほうが大きいでしょう」(大手紙社会部記者)

 ゴーン容疑者は日産の子会社の資金を自身に還流させた疑いで再逮捕となったが、資金の一部はキャロル夫人が代表を務める会社に流れていた疑いがある。再来日で取り調べが可能になれば、真相解明に近づきそうなものだが、必ずしもそうではないというのだ。特捜事件に詳しいジャーナリスト・伊藤博敏氏が解説する。

「かつての特捜なら、被疑者本人に“女房を幇助でパクることもできるんだぞ”といった揺さぶりをかけたり、実際に家族に厳しい取り調べをかけたりして、自白に追い込んでいく手を使っていましたが、取り調べの可視化が進み、露骨な脅しはできない。キャロル夫人サイドは、強引な聴取、ましてや背任の共犯での夫人の逮捕など到底できないと踏んで、“堂々と反論する姿”をアピールすべく再来日したのでしょう」

 仮に夫人への聴取で特捜部が強引な手法を取れば、ゴーン容疑者サイドにとっては世界に「人権を無視する日本の検察」を発信するまたとないチャンスとなる。

「むしろ夫人がフランスに戻ったままでいてくれたほうが、“やましいところがあって国外に逃げた”という印象が広がり、特捜部にとっては都合が良かったはず」(前出・社会部記者)

 ゴーン氏サイドはまだなお、虎視眈々と反撃の機会を狙っているようだ。

※週刊ポスト2019年4月26日号

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  2. 2

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

  3. 3

    NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

    女性自身

    09月23日 10:32

  4. 4

    菅さんの水面下での仕事の成果が今になって出て来たようだ

    早川忠孝

    09月22日 15:52

  5. 5

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

  6. 6

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  7. 7

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  8. 8

    河野氏は論戦巧者 他の候補者3人がほぼ無防備な年金問題に手を付けたのは上手い

    ヒロ

    09月23日 10:39

  9. 9

    アメリカの輸入規制撤廃に福島から喜びの声 「菅首相の置き土産?」指摘も

    BLOGOS編集部

    09月22日 16:26

  10. 10

    華々しい総裁選の裏で…隠蔽体質の政府与党・自民党の闇はまったく変わっていない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月23日 08:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。