記事

“よういくひ もらえているのは ひとにぎり” 小学生が現実を学ぶ「社会問題見えるカルタ」

1/2
BLOGOS編集部

「よういくひ もらえているのはひとにぎり ひとりじゃおもい いくじのふたん」

学習塾の教室で講師が読み上げる文章に耳を傾ける小学生たち。社会科の授業ではない。笑顔を浮かべた生徒たちの目の前に並べられているのはカラフルな「かるた」だ。

若者の新聞離れやニュース離れが叫ばれるなか、「核燃料の廃棄」や「子どもの貧困」などの社会問題を小・中学生に学んでもらおうと昨年秋、株式会社チャリツモ(東京都荒川区)が「社会問題見えるカルタ」を発売した。かわいらしいイラストとともに、さまざまな社会問題に関するデータが記載されている。かるた制作のルーツとなったのはうつ病など多くの困難を乗り越えた同社代表・船川諒さんの人生経験だという。

かるたを通して「遊びながら学ぶ」を実践する子どもたちの姿や、かるたの製作者が込めた想いを取材した。【清水駿貴】

◆「セクシャルマイノリティってなに?」「食品ロスはひどいよね」

医師不足や生活保護、宇宙ゴミなどさまざまな社会問題を小学生がかるたを通して学んでいる

3月、千葉県市川市の学習塾「アルゴ」を訪れた。教室にいたのは中学校への進学を目前にした小学6年生の男女5人。休憩時間に携帯ゲーム機で遊んでいる女子生徒を囲んで盛り上がっている様子からは「社会問題を語り合う」姿は想像できない。

塾講師の杉浦一行さんが「休憩時間が終わるからゲームをやめなさい」と言うと、「えー!」と子どもらしいブーイングがあがる。しかし、続く「今日は『かるた』をやるぞ」という杉浦さんの言葉に「やったー!」「待ってました!」と生徒たちから歓声があがった。

机の上に並べられる色とりどりのカード。見つめる生徒たちの目は真剣だ。

「あいしてる それをいいたいだけなのに なぜこんなにもくるしいんだろう」

杉浦さんが文字札を読み上げた途端、虹色の絵札に全員の手が伸びた。取った生徒が絵札をひっくり返すとそこには「日本に住む13人にひとりがLGBTなどのセクシャルマイノリティ」と解説が記載されていた。

生徒たちは楽しみながらも真剣にかるたに取り組む

「セクシャルマイノリティってなに?」「男の人が男の人を好きになるってことでしょ」「女の人同士もあるよ」「13人に1人ってことはクラスにもいるかも」

解説を読んだ生徒たちの間でそんな会話が一気に広がった。

かるたには「食料自給率」や「宇宙ゴミ」、「報道の自由」などさまざまな社会問題に関するデータがイラスト入りで記載されている。絵札の裏面にあるQRコードをスマホで読み込めば、そのデータの詳しい解説が読める仕組みになっている。

「世界中の核兵器の数1万4935発」など絵札のイラストの裏には詳細なデータが記載されている

◆社会問題への関心だけじゃない、講師も予想外の学力アップ

アルゴではかるたで遊ぶだけでなく、生徒にオリジナルのかるたを作るように指導している。図書館で『世界と地球の困った現実』という本を読んで備えてきたという女子生徒は「たいきおせん そとにでるのもくるしいな いつかきれいになったらな」というオリジナルのかるたを色鉛筆を使って作成した。

生徒たちは「ニュースを見て『あ、この問題、かるたでやった!』と思うようになった」「本を読むより全然面白い」と口を揃える。

社会問題見えるカルタを参考にオリジナルかるたを作ることで、生徒のニュースへの関心や作文力が上がったという

塾の授業の一環としてかるたを採用することを決めた杉浦さんは「SNSでかるたの存在を知って、即購入を決めました」と話す。「遊びながら学ぶことで勉強の楽しさを知ってほしい」との願いを込めて導入したという。補習時間の一部をかるたに当てている。生徒たちの中からは「かるたの日は楽しみで午前中のサッカーの試合に集中できない」という声も。

かるたの導入後、生徒たちに起きた変化は社会問題への関心向上だけではない。「かるたの解説など難しい文章に触れたり、社会問題を扱った本を自分から読むようになったりしたことで国語力がぐんと伸びました」と杉浦さん。漢字に苦手意識を持ち国語の成績が伸び悩んでいた女子生徒はかるたに夢中になり、約半年で「同学年で1番国語が得意に。今では『学校の教科書が簡単すぎる』と話している」という。

「社会問題見えるカルタ」を制作したのは、社会的なテーマをクリエイターの力で発信するウェブメディアを運営する株式会社チャリツモだ。代表の船川諒さんに話を聞くために荒川区の事務所に伺った。

あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自らを棚に上げ日本糾弾する韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    三原じゅん子氏演説に潜むズルさ

    メディアゴン

  3. 3

    韓国への強硬措置は日本に逆効果

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    よしのり氏「立民に裏切られた」

    小林よしのり

  5. 5

    文在寅氏に白旗を勧める韓国紙

    団藤保晴

  6. 6

    反安倍の辞めろコールはマイナス

    猪野 亨

  7. 7

    枝野氏を凌ぐ山本太郎氏の演説力

    早川忠孝

  8. 8

    教員からのパワハラ 相談窓口を

    BLOGOS編集部

  9. 9

    政策の違い比較したイラスト話題

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    れいわ候補 創価学会聖地で訴え

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。