記事

小中学生がスマホをぶっ壊した場合、責任は誰にある?

スマホ持ち込み解禁でトラブルも予想される

 今やすっかり「1人1台」が当たり前になりつつあるスマホ。公立小中学校ではこれまで校内持ち込み禁止が一般的だったが、大阪府が2019年度からスマホや携帯電話の持ち込みを解禁し、話題になっている。小中学生の持ち物としてスマホは高価なものだが、破損・紛失したら誰が責任を取るのか? 弁護士の竹下正己氏が回答する。

【相談】

 大阪府が奨励している小中学生の学校への携帯持ち込みに反対です。災害用のためという大義名分があるにせよ、いじめの温床になりかねません。さらに学校に持ち込んだ携帯が破損、紛失した場合も心配です。そのような状況になったとき、今の法律に照らし合わせると、誰が責任を取り、補償するのでしょう。

【回答】

 スマホを失くした場合と壊れた場合に分けて検討します。所持品を失くすのは本人の不注意ですから、第三者は責任を負いません。特に落としやすいとか、忘れ物をしやすい環境を作れるものではなく、学校が責任を負うこともありえません。それは高価なものを持たせた親がよく言い聞かせるべきこと。自分の不注意で落として壊した場合も同様です。

 スマホが壊された場合は、壊した生徒等が責任を負いますが、小学生だと責任能力がないので、親権者である親が法定監督義務者として責任を負います。

 学校内で直接、子供を監督するのは学校ですから、学校も監督責任を負いますが、これは学校生活の範囲内で親に代わって負う監督義務です。子供の行動や生活全般について広範な監督義務がある親は学内事故であっても、責任を免れません。この責任は監督義務を怠らなかった場合以外、免責されない厳格なものです。

 しかし、親の目が届かない学校内の事故です。例えば、学校で許されている危険性がない普通の行動で、たまたま事故が起きたのであれば、その行動から他人の所持品を壊すことが予見できない場合、普段から危険な行為に及ばないよう子供に通常の躾をしていた親は、責任を負うことはありません。他方、学校は具体的事情により、先生や管理者が監督義務を尽くしていたか、判断されます。

 加害者が中学生の場合、生徒が賠償責任を負います。普段の加害生徒の行状から、スマホを壊すような粗暴な行動が予見できた場合、その指導監督を怠ると、親も不法行為責任を負うことになります。学校も同様に、被害生徒に対する安全配慮義務違反として、賠償責任を負う場合があります。なお、被害者に落ち度があれば、賠償額は過失相殺で減額されます。

【弁護士プロフィール】竹下正己(たけした・まさみ):1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。

※週刊ポスト2019年4月26日号

あわせて読みたい

「スマートフォン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  2. 2

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  3. 3

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  4. 4

    英軍の靖国参拝めぐる右派の誤解

    清 義明

  5. 5

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  6. 6

    前環境相「真意伝わっていない」

    原田義昭

  7. 7

    千葉のゴルフ場を悪者にする謎

    かさこ

  8. 8

    韓国政府の日本語サイトに苦言

    AbemaTIMES

  9. 9

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

  10. 10

    議論から逃げる日本のリベラル

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。