記事

なにもしなくても、日本は「出る杭」だ NHK『筋肉体操』出演・庭師の村雨辰剛さんインタビュー - 「文春オンライン」編集部

1/2

 NHKの番組『みんなで筋肉体操』に出演し、一躍時の人となった庭師の村雨辰剛さん(30)。スウェーデンで生まれ育った村雨さんは、19歳のときに日本に移住し、23歳から庭師の道へ。26歳で日本国籍を取得し、帰化。独特の経歴を持つ村雨さんに、庭師という仕事への思いと、筋肉について伺った。

【画像】庭師・村雨さんの普段の服装からタンクトップまでを見る


「エッ、なんでテレビに出ている人が来たの?」

――『筋肉体操』へのご出演が話題になりましたね。反響の大きさを感じることはありますか?

村雨辰剛さん(以下、村雨) ありますね。普通に街を歩いていても、結構気づかれるようになって。以前は、庭のしごとをしているときに「『昼めし旅』に出てますよね」と声をかけられたり、割とコアな層に届いているなと感じることはあったんですけど(笑)。

 でも、今でも庭師の格好をしているときに声をかけられることがやっぱり多いです。庭のしごとに伺うと、「エッ、なんでテレビに出ている人が来たの?」とびっくりされることも結構あります。

――タレント活動の機会が増えた今も、庭師のお仕事を続けていらっしゃるのですね。

村雨 もちろんです! タレント活動も、日本庭園について発信する機会のひとつと考えているので、両者の区別はあまり意識していませんけどね。

庭師のはじまりは「弟子入り」

――改めて、「庭師」のしごとがどのようなものかを教えてください。

村雨 「庭師」と言うと、町の造園屋さんや植木屋さんで働いている人をイメージすると思いますが、設計施工と管理が主な仕事です。個人邸のお庭の依頼があったときに、設計をして、図面通りに施工したり、すでにある庭に年に1回か2回、メンテナンスに伺います。

 大きな会社になっている造園屋さんの場合、街路樹や、街並みの植栽帯の設計施工や管理といった仕事もあります。

――村雨さんはどういった働き方をされているのですか?

村雨 最初は愛知県西尾市の加藤造園さんのもとに弟子入りし、5年間働いていました。西尾市は城下町だったので、武家屋敷や古いお寺が多く、庭文化が残っている場所です。ただ、土地柄もあり、既存のお客さんのお庭の管理の仕事が多く、新規の設計や施工の仕事は少なかった。

「もっと作る経験を積みたい」と思い、いまは東京で大きな会社のお手伝いをしています。加藤造園では日本庭園の仕事がほとんどだったので、東京にきて、洋風のお庭の仕事の割合が増えて、それは少し寂しいんですけどね。

木と人に向き合う日々

――町の造園屋さんから、いまは大きな会社で庭師を。他に働き方で変わったことはあるのでしょうか。

村雨 加藤造園の頃は、従業員として黙々と木と向き合っていればよかったのですが(笑)、いまは庭を新しくつくりたいお客さんや、リフォームしたいというお客さんの相談を受けて、具体的な案をご提案する業務もあります。たとえば、このお庭にはこの資材を使うととてもいいと思うんだけれども、少し費用が高い。そうしたときに、お客さんにいかにその魅力を伝えて、納得してもらえるか……提案力やコミュニケーション能力というんでしょうか、そういう部分に難しさを感じます。

 さらに、会社では利益率はどれぐらい取れているのかだとか、これだけの仕入れに対して、この値段でいいのかなどの決まりがあって、数字にも意識的でないといけない。そういうところも勉強になっています。

"日本にしかないもの"に魅了された

――ご出身はスウェーデンですよね。日本に興味を持ったきっかけはなんですか。

村雨 中学の世界史の授業で、平安時代から第2次世界大戦までの日本の歴史を学んだ際に心惹かれました。鎖国をして外国に影響されなかった期間が長かったからか、自分の知っているどの国の文化からもかけ離れていて、日本にあるものはどこを探してもないという印象を持ちました。当時の自分にとってはものすごくエキゾチックに思えたんです。

「敵に塩を送る」の語源となった、上杉謙信が困窮していた敵将の武田信玄に塩を送ったエピソードなどが印象に残っていますね。なぜわざわざ敵を助けたんだろう、とすごく気になった記憶があります。

――ご著書の『僕は庭師になった』では、その頃から、日本語や、日本文化について勉強するようになった、と書いています。

村雨 Yahoo!チャットで日本の人を見つけて、直接やり取りをするようになりました。

――すごい行動力ですね!

村雨 僕が生まれ育った場所ってすごく孤立してたんですよ(笑)。スウェーデンの一番南にある、スコーネ地方の郊外で生まれ育ったんですけど、映画を観に行くにもバスで片道40分かけて行かなきゃいけないような田舎でした。周りには畑しかなくて、友人と遊ぶとしたら、自然の中で遊ぶか、町に1軒だけあるレンタルビデオ屋さんでビデオを借りてきて、みんなで見るというような。

 そんな田舎だったから、日本語を勉強するにも図書館くらいしかリソースがない。だったら、ネットで日本人と知り合おう、と。スウェーデンって人口が少ないんですが、ITの発達が世界トップクラスに早かったので、パソコンやIT環境の面ですごく恵まれていた、というのもありました。

――その後、19歳で来日し、就職。その若さで外国で仕事をするのは、なかなか勇気がいることだったのでは?

村雨 ひたすら日本語や日本文化のことばかり勉強していたので、日本でやりたいことがすでにいっぱいありました。頭の中で妄想が膨らんで膨らんで、行きたいという気持ちが爆発して、行った形です(笑)。すでにホームステイで3ヶ月ほど日本に行っていたし、両親にも「大人になったら行くから」と言ってあったので、周囲の人も特にびっくりはしていませんでした。

 当初の目標は「自立して暮らせること」。まずは名古屋で4年間、語学教師として働きました。

あわせて読みたい

「日本文化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    ラオスのダム決壊 韓国と協議中

    tenten99

  3. 3

    嫌韓が高齢者に多いのはなぜか

    WEDGE Infinity

  4. 4

    丸山議員は辞職不要 使える存在

    奥山真司

  5. 5

    北方領土「武力奪還」は認識不足

    舛添要一

  6. 6

    AKB商法 秋元康の汚点になる恐れ

    PRESIDENT Online

  7. 7

    水沢アリーが暴露したTV業界の闇

    NEWSポストセブン

  8. 8

    妊娠で退学 祝福されぬ高校生母

    田中俊英

  9. 9

    のん巡る裁判で異例の事実が発覚

    SmartFLASH

  10. 10

    恩知らずは消える 芸能界の現実

    倉持由香

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。