記事

ひろゆき氏「"うまくいっている"と言えるの?」 藤田晋社長が疑問に答える #アベマの未来 前編

1/2

 2016年の開局から丸3年を迎えた「AbemaTV」。しかし、「色々とチャンネルあるけど何が強み?」「新しい地図の番組以降バズってないよね」といった厳しい意見も多く、識者たちからも次のような指摘がなされてきた。

 「(予定されている投資額が)あと残り300億円とすると、1年半しかこのペースだと持たない」「その程度では駄目ですよ」(元TBSメディア総研社長の氏家夏彦氏、2月の『The UPDATE』にて)

 「『72時間ホンネテレビ』は大きな事件だと思うけど単発では意味がない」(元日本テレビプロデューサーの土屋敏男氏、2018年9月の『AbemaPrime』にて)

 「AbemaTVは失敗すると思うんですよ。内容が地上波テレビと完全にバッティングしてるから」(西村博之(ひろゆき)氏、2017年5月の『エゴサーチTV』にて)

 「Netflix」や「Amazonプライムビデオ」、民放各局による「TVer」、さらにはNHKのネット同時配信進出など、群雄割拠の中で勝算は見えているのだろうか。12日のAbemaTV『AbemaPrime』では、上記の識者に加えYouTuberのラファエル氏、NewsPicksの佐々木紀彦氏を迎え、「赤字でヤバイのに、どこまで続けていくのか?」「地上波の真似事ではないのか?」などの率直な疑問を藤田晋社長本人にぶつけた。(文中敬称略。)


■「AbemaTVをマスメディアにする」発言の意味

 AbemaTVのダウンロード数は3700万ダウンロードを突破。WAU(1週間に1度でも利用したユーザー数)の最高記録は918万人で、主な視聴者は10代~30代前半で、男女は半々。また、月額960円の「Abemaプレミアム」の登録者数は35.8万人に上っている。


藤田:今までの頑張り度合いでいうと、現状は100点満点のうち80点ぐらい。決して簡単なビジネスモデルではないので、我ながら"よく健闘しているな"と思う。世の中がAbemaTVの話ばかりしている状態になればいいが、そんなことはないだろうということで事業プランを作った。これに対して"あまりよくないだろう"というラインよりは良い。僕はいけると判断している。何とかなると。

ひろゆき:利益が出ていない事業で「80点」というのは、今後も利益を出さないということか。普通は利益を出して初めて合格点、利益が大きくなってきて80点となると思うが、赤字の状態で80点ということは、ただの趣味なのかなと思ってしまう。


藤田:ひろゆきさんが出ると聞いて、絶対に議論したくないなと思った(笑)。ひろゆきさんはプロなので。

ニコ生が生まれる直前、ひろゆきさん、ドワンゴ(当時)の川上量生さん、ホリエモンと4人で食事をした。その時、ニコ生について川上さんとひろゆきさんは"いけるいける"と言っていたが、僕はビジネスモデルを聞いて"絶対に無理だろうな"と思った。それでも実際にはうまくいったので、そういう意味ではひろゆきさんに一目置いているし、言うことは的を射ていることが多いと思う。でも、今の質問には答えたくない(笑)。


ひろゆき:YouTubeやニコニコ動画などがうまくいっているのは、自分たちでコンテンツを作る必要がなく、利益率がめちゃくちゃ高いから。でもAbemaTVはコンテンツ制作費に毎年100億円くらい出しているものの、視聴者数はそんなに増えていない。NetflixやHuluは何年も見られるような映画やドラマを作っている。でもAbemaTVのコンテンツは、後から見ても面白い、DVDにしても売れるコンテンツを作っていない。ただ芸能人がだべっているみたいな、今見なくてもいいし、今後も見なくてもいいようなものばかりにお金を使っているように見える。将来的に利益をあげるビジョンもないのだろうなと思う。


藤田:本当に答えたくない。議論すると負ける(笑)。だけど言えることは、一緒の時期に会社を作って、少なくとも僕はこうして生き残っている。しかし、なぜか外から評論家的に言っているひろゆきさんや堀江さんの話をみんな正しいと思う。それは言い返してもキリがない。

氏家:藤田さんの頭の中には年200億円というバジェットをかけて続けていけば何とかなるというのが見えているんだと思う。そしてCMと有料会員の両方を伸ばしていけばどこかで閾値を超え、後は楽になると思う。だからAbemaTVには死なないで頑張ってほしいし、うまくいってほしい。そうでないと、地上波を含めたテレビの未来自体が本当に暗くなってしまう気がしている。


そこで藤田さんに聞きたいのは、「マスメディアになる」というのが、どれぐらいの規模をイメージしているのかということ。在京キー局やそのネットワーク局を合わせると相当な規模になってしまうし、そこまで行くのは遠すぎる。例えばTVKとかMXとか、ユニークなやり方でちゃんとやっていけている独立U局のようなものをイメージしているのか。

藤田:それは方向性を示して意思統一するために言った。基本的には広告モデルなので、視聴者の規模がなければ十分な収入は得られない。ただ、ネットは趣味嗜好が偏った人が集まりやすいし、みんなの意識がみんなぶれてしまう。だから意思統一のためにバンと示したようなものだ。その規模がどれくらいかと言えば、WAUで1000万人。それを目指してやってきたし、そのためのベースはできてきたという感覚がある。

氏家:日本のネット広告の単価はアメリカと比べてすごく安いし、危ういコンテンツが出ているようなところにまで広告が出てしまうという問題も注目されている。


藤田:テレビ、新聞、雑誌を見なくなった若者たちがこれだけスマートフォンを覗き込んでいるのに、広告を出すところがないというのが問題だった。つまり、個人が作るメディアにバナー広告を出すというような形だったので、出し先のクオリティが保証されておらず、ナショナルクライアントやブランドを非常に大事にする企業が怖くて出稿できなかった。YouTubeもそうだ。それがAbemaTVであれば、ある程度は安心だということもあって、引き合いが非常に伸びてきている。「AbemaTVをマスメディアにする」という発言や、コンテンツ制作費にお金をかけてクオリティの高いものを揃えるというのは、そういう広告の出し先を作るという考えもあってのことだ。


乙武洋匡(作家):これだけ赤字が出ているのに、なんでAbemaTVをやっているのか。

藤田:経営をしたことのない人は赤字のことを言ってくるが、たとえば1000億円かけてディズニーランドを建設したら、利益が出て黒字が出るまでは赤字。事業の立ち上げの特性上、何年かに分けて考え、ユーザーを増やそうとしているだけだ。たしかに「赤字、赤字」と言われると、キレてすぐに黒字化したくなるが(笑)、それではダメ。

投資家も怒り始めるが、投資規模に関しても問題があるとは思っていない。麻雀もそうだが、AbemaTVをやっていることで、今までなかなか目に触れなかったものも届けることができるし、それを楽しんでくれている人もいる。そういうメディアをつくる価値は大きい。色々言われるが、僕はこれからもユーザー数を増やして売り上げを作り、利益をあげていくということを粛々とやっていきたい。

あわせて読みたい

「動画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    進化する日米同盟を嘆く韓国紙

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    人気ラッパー語るアイドル界の闇

    BLOGOS編集部

  3. 3

    年収1000万円達成 早起きがカギ?

    キャリコネニュース

  4. 4

    田原氏 安倍首相は大問題解決を

    田原総一朗

  5. 5

    堀江氏 お金のため働く人は危険

    PRESIDENT Online

  6. 6

    心折れる? 吉高主演ドラマに反響

    女性自身

  7. 7

    キャバ嬢が勘違い客を一刀両断

    AbemaTIMES

  8. 8

    派遣会社が人手不足で倒産の皮肉

    中田宏

  9. 9

    日本の終身雇用制度が完全終了か

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  10. 10

    櫻井よしこ氏の朝日批判は不公平

    週刊金曜日編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。