記事

新ストリーミング・サービス「ディズニー・プラス」はネットフリックスの強敵になる!?

何と言っても、金曜の米国株式市場の一番の話題はディズニーです。


株価は11.54%の大幅上昇、史上最高値で金曜の取引を終えました。買い材料となったのはこのニュースです。

この動画配信サービスは「ディズニー・プラス」と呼ばれ、月々の料金は報道されているように、ネットフリックスの13ドルより安い6ドル99セントです。この低価格な月々の料金は、ネットフリックスに大きな打撃を与えることになるでしょうか?下は、ネットフリックスの日足チャートです。


株価は4.49%の大幅下落、50日移動平均線を決定的に割って取引終了となりました(A)。出来高(B)は通常の約2.3倍に相当する1530万株に達し、投資家たちは、ディズニーの新動画配信サービスは明らかに脅威であると受け止めています。確かに大きな下げですが、200日移動平均線(赤い線)がサポートになる可能性がまだ残っています。

「ディズニーがネットフリックスから多数の客を奪うことになるだろう」という見方が多いですが、アナリストのこういう意見も出ています。

・ディズニー・プラスが、ネットフリックスに大きなダメージを与えることはないだろう。ディズニー・プラスが配信するのは子供向け、家族向けの動画が中心だ。ネットフリックスには、もっと幅広い様々なカテゴリーの動画が揃っている。-- マシュー・ソーントン(サントラスト)

・ディズニー・プラスはネットフリックスを脅かすことはない。ネットフリックスには、質の高い膨大な量の動画が揃っている。-- ダグ・アンムス(JPモルガン)

ということで、子どものいる家庭はディズニー・プラスの購読をしそうですが、ネットフリックスをキャンセルしてディズニー・プラスに乗り換えるという人たちが続出する可能性は無さそうです。

下は、上場来高値更新となったディズニーの月足チャートです。


見てのとおり、過去4年間にわたり、株価は高値圏で横ばいが続き、投資家たちにとって面白くない動きが続いていました。極端な言い方をすれば、過去4年間には大したリターンが無かった訳ですから、「やっとブレイクアウトした!」と苦笑いしている人も多いことでしょう。

どちらにしても、今日の史上最高値記録で、ディズニーはデイトレーダーたちにも注目される結果となりました。長期投資家だけでなく、短期的にトレードをする人も参加してきた訳ですから、来週のディズニーの株価は通常以上に荒れそうです。もちろん、ネットフリックスの動きにも注目です。

あわせて読みたい

「ディズニー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    丸山議員の診断出した医師に憤り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    「ガイアの夜明け」にねつ造疑惑

    和田政宗

  3. 3

    トランプ氏の対中政策は正しい

    奥山真司

  4. 4

    コンパクトカーの常識破るMAZDA3

    片山 修

  5. 5

    ミス誘ういきなりステーキの卓上

    かさこ

  6. 6

    HUAWEI 市場から姿消す可能性も

    ロイター

  7. 7

    コンドーム避妊では女性守れない

    週刊金曜日編集部

  8. 8

    巨人上原の遅すぎる引退に違和感

    幻冬舎plus

  9. 9

    茂木氏 丸山議員の診断書を尊重

    キャリコネニュース

  10. 10

    ジャニーズ好感度 元SMAPに明暗

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。