記事

ECB内部モデル、第2四半期のユーロ圏経済減速を予想=関係筋


[ワシントン 12日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)の内部モデルで、ユーロ圏の経済成長が第2・四半期に一段と減速し、回復が一段と遅延する可能性が示唆されていることが12日、複数の関係筋の話で明らかになった。

関係筋は匿名を条件にロイターに対し、10日の理事会に提出されたナウキャスティングモデルによる試算で、ユーロ圏の第1・四半期の経済成長率は0.2%を若干上回る水準にとどまり、第2・四半期はさらに弱含む可能性があることが示されたことを明らかにした。

ユーロ圏経済が急速に減速するなか、ECBは年内の利上げを断念し、逆に一段の緩和措置の実施を表明。こうした中、関係筋はユーロ圏経済の低迷が一段と長期化する恐れが出てきたと指摘。「予想外の上振れを示すデータの発表は皆無となっている」とし、「3月に示された見通しは現時点ですでに楽観的過ぎるようにも見える」と述べた。

ただ関係筋は、ECBのナウキャスティングモデルは広範な指標を利用しているため大きく振れやすい傾向があるとも指摘。第2・四半期が始まったばかりの段階での予想は必ずしも正確ではないとの見方も示した。

この件に関して、ECBの広報担当者はコメントを控えている。

ECBが示したユーロ圏の経済成長率見通しは、第1・四半期が0.2%、第2・四半期が0.3%。欧州委員会の見通しは第1・四半期が0.3%、第2・四半期が0.4%となっている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  6. 6

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  7. 7

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  8. 8

    岡村隆史が結婚「素敵な方です」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。