記事

桜田五輪相更迭は遅すぎる

安倍首相は、一昨日10日、桜田義孝五輪相(69)を事実上、更迭しました。東日本大震災の被災地を地盤とする自民党衆院議員のパーティーで、議員を「復興以上に大事」と述べたことが直接の理由ですが、これまでにも不適切な発言が相次いでいて、責任を取らせる必要があると判断した、と報じられています。

「おもてなしの心を持って、復興に協力していただければ、ありがたい。そして、復興以上に大事なのは、高橋さんでございます。」と語りました。今回事実上の更迭に踏み切ったのは、投開票が21日に迫る衆院補欠選挙への影響を最小限にとどめたい政権側の判断がある、とされています。

大臣になった当初から、その資質が危ぶまれていましたが、政権を支える二階派に配慮して、たび重なる失言にも、「適材である」とかばい続けてきた安倍首相の責任は免れないと思います。首相自身も「任命責任は私にある」と言っていて、当然のことです。

これまでにも、就任して4ヶ月たつのに五輪憲章を読んでいない。サイバーセキュリティー担当なのにパソコンを使ったことがない。答弁には度々詰まり、大臣付きの人数が異例に増やされたりしていました。

先日も被災地の石巻市(いしのまきし)を何度指摘されても「いしまきし」と読み間違っていました。また、「答弁書を間違いのないように読むことが最大の仕事」と述べていました。また、白血病を池井璃花子選手が公表した時にも「がっかりした」と語るなど、大臣としての資質だけでなく、議員としての資質にも欠けるとしか思えません。

先日は、「忖度」発言をした塚田国交副大臣が辞職、といってもこちらも事実上更迭されたばかりです。長期政権の安倍政権のもとで、一強多弱の国会情勢もあり、ゆるみきっているとしか思えません。応援してくれる派閥への配慮、身内への甘さがあり、政権の姿勢そのものを問われていると思います。

あわせて読みたい

「桜田義孝」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国は歴史観とズレる事実を排除

    舛添要一

  2. 2

    「ネトウヨ」批判に逃げる知識人

    篠田 英朗

  3. 3

    橋下氏 百田氏の方が反日本人的

    橋下徹

  4. 4

    謝罪なく逃走の津田大介氏に呆れ

    やまもといちろう

  5. 5

    お台場水質汚染 背景に汚水放流

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    日本は韓国に知的な手助けをせよ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    韓国で人気「反日は迷信」謳う本

    NEWSポストセブン

  8. 8

    権力迎合で安泰 NHKの存在に疑問

    ビデオニュース・ドットコム

  9. 9

    日韓は報復でなく大人の対応せよ

    小宮山洋子

  10. 10

    常磐道あおり運転 容疑者を逮捕

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。