記事

新しいiPad Airは地味だけど“最強” 買い替えの大本命と推せる「3つの理由」 - 山口 真弘

 タブレットの定番と言えばAppleの「iPad」。初めて登場したのは2010年ですから、まもなく10周年を迎えようとしている、ロングセラーのブランドです。ビジネスシーンはもちろん学校や公共施設、あるいは店舗の端末として導入されるケースも、最近ではよく目にします。

【写真】新しいiPad Airの写真を見る(全5枚)

 そんなiPadですが、近年は外観が変わらないモデルチェンジも多く、現行のラインナップを把握できていない人も多いはず。ホームボタンのない「iPad Pro」が発売されたことは知っていても、ホームボタンありのモデルと比べて性能的に、また機能的にどう違うのか、よくわかっていない人も少なくないはずです。

 この3月に新しく登場したiPad Air(第3世代)は、そんなiPadファミリーの中で、性能と価格のバランスに優れており、すべての機種をひととおり購入して試した筆者に言わせると、“最強”といっていいお買い得のモデルです。

 4年ぶりのリニューアルとなった小型モデル「iPad mini(第5世代)」と同時に発表されたせいか、注目度は低めですが、むしろ長期的にはこちらのほうが本命と言えます。なぜそのように言えるのかを見ていきましょう。

https://www.apple.com/jp/ipad-air/

右がiPad Air(第3世代)。10.5インチという、従来の9.7インチよりひとまわり大きい画面サイズが特徴です。左は同時発売の7.9インチモデル、iPad mini(第5世代)

(1)この画面サイズにして最軽量

 現在、10型前後のiPadとしては、エントリーモデルの9.7インチの「iPad」に加えて、この「10.5インチiPad Air」、上位モデルの「11インチiPad Pro」、さらに本製品の登場と入れ替わりで販売を終了した10.5インチiPad Proと、いくつものバリエーションがあります。

 本製品は、これら同等サイズの製品と比べた時に、最軽量(約456g)であることが特徴です。グラム数で言うと違いはほんのわずかですが、読書など長時間持ったまま使うケースで有利になるのは間違いなく、軽さを重視するのであれば候補の最右翼と言えます。

 なお、一般的にiPadに限らず、本体が軽量なタブレットは、往々にしてバッテリーの容量が少なめで、駆動時間が短いものですが、本製品は他のモデルと同じ10時間の駆動を実現しており、スタミナも十分です。

(2)文句のない機能/性能

 充実した性能および機能も魅力の一つです。CPUは、現行のiPhone XSなどと同じA12 Bionicチップを採用しており、プロユース向けのiPad Proを除けば現行モデルの中ではトップクラスの性能です。

 またApple Pencilを使っての手描きにも対応するほか、専用コネクタを用いた外付けキーボードも使えるなど、機能も抜かりがありません。プロユースのiPad Proは価格的に手が出ないが、エントリーモデルのiPadではさすがに物足りない……という人にはぴったりでしょう。

 余談ですが、iPad/iPhoneに使われているホームボタンは、何年も使い続けていると物理的に摩耗しがちで、新品と押し心地を比較するとあまりの感触の違いに驚くこともしばしばです。iPadの過去のモデルと比べて、ほぼすべての性能・機能で上位に当たる本製品は、そうした買い替え目的にもぴったりのモデルと言えます。

(3)なによりリーズナブルな価格

 そんな本製品ですが、最大の特徴はリーズナブルな価格設定です。仮にここまで見てきたような優れた特徴があっても、お値段が11インチiPad Pro(64GBで89,800円)と変わらなければ、おそらく見向きもされないはずですが、本製品は同じ容量でなんと54,800円からという、リーズナブルなプライスを実現しています。

 ほぼ同じボディデザインだった従来の10.5インチiPad Proが、同じ容量で69,800円だったのと比べると、1万5千円も安価です。スピーカーは4基から2基へと減っているものの、代わりにCPUは2世代ほど進化していることを考えると、そのおトクさがわかろうというものです。

では、なぜ優れた製品なのに目立たない?

 これだけ優れた製品でありながら、なぜ本製品が目立たないかと言うと、ひとつひとつの特徴を見ていくと、それぞれ本製品よりも優れたモデルがあるからでしょう。厚みだけで言えばiPad Proのほうが(わずか0.2mmですが)薄いですし、価格だけで言えばエントリーモデルのiPadのほうが安価です。

 また本製品に採用されているCPU「A12」は、ファイルサイズの大きい動画も快適に再生できますが、スペックだけ見れば、プロユースのiPad Proに使われている「A12X」のほうが上です。かろうじて本製品が勝っているのは重量ですが、これにしても画面サイズを考慮しなければ、同時発売のiPad mini(第5世代)のほうが、約150gも軽量です。

 つまり、どのような切り口であっても2番手もしくは3番手につけているのが災いしているわけですが、裏返せばそれだけ欠点の少ない、優等生的なモデルであると言えます。最初は別のモデルが欲しかったんだけど、調べていくうちにこちらのほうが満足度が高い気がしてきた……そのような経緯を経て、最終的に選ばれがちなモデルと言えます。

 この製品についてネットでいろいろ調べていて、いまご覧のこの記事がヒットしたという人がいれば、それぞれのモデルをひととおり購入して試した筆者に言わせると、よい目の付け所をしていると断言できます。

 敢えて欠点を挙げるならば「見た目が従来のホームボタンつきiPadそのままで、人に見せびらかすには地味」ということくらいでしょうか。なんでもできる優れたモデルとして、安心して購入することをおすすめします。

(山口 真弘)

あわせて読みたい

「Apple」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    反日を煽る韓国紙に読者が異議

    団藤保晴

  2. 2

    結婚しなくなった日本は先進国

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  3. 3

    三原じゅん子氏 野党は恥を知れ

    自由民主

  4. 4

    「何で嘘ついた」宮迫の謹慎に涙

    女性自身

  5. 5

    貯金2000万円で騒ぐより禁煙せよ

    永江一石

  6. 6

    宝の持ち腐れ? ZOZO新商法に疑問

    諌山裕

  7. 7

    立民のやる気ない選挙公約に失望

    篠田 英朗

  8. 8

    男逃走めぐる産経社説は撤回必要

    郷原信郎

  9. 9

    宮迫・田村亮ら芸人11人謹慎発表

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    ペイ3社合同 セブン最大20%還元

    S-MAX

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。