記事

大前氏が伝授「大金持ちになるための休日の過ごし方」

新しいビジネスモデルを考える練習は休日がお勧め(写真はイメージ)

 4月になり、期待と不安が入り混じる新生活が始まった新社会人は多いはずだ。経営コンサルタントで『50代からの「稼ぐ力」』を上梓した大前研一氏は、「死ぬまで『稼ぐ力』をつけたければ、休日の時間の使い方を変え、発想力や創造力を開発しなければならない」という。では、どう変えればよいのか。新社会人へのはなむけに、そのヒントを大前氏が伝授する。

 * * *

「稼ぐ力」の大前提は、新しいビジネスモデルを生み出す「発想力(イマジネーション)」や「創造力(クリエイティビティ)」である。そんな力は自分にはない、と思っている人が多いが、実は新しいビジネスモデルを生み出すことは決して難しくない。

 たとえば、女性タレントや女優と浮名を流している前澤友作氏が創業したファッション通販サイト「ZOZOTOWN」などを運営するZOZOは、2018年3月期(2017年度)の売上高が約984億円、営業利益が約327億円に達し、時価総額は8000億円近い。しかし、その事業やシステムにユニークな仕掛けは何もない。アパレル会社やセレクトショップを寄せ集めた“ネット服屋”にすぎない。だが、そういうビジネスモデルはそれまで存在していなかった。そのアイデアをいち早く思いついたから、前澤氏は大金持ちになったのである。

 では、新しいビジネスモデルを生み出す発想力や創造力は、どうすれば身につけることができるのか?

 その方法は、事業を何か一つ選び、自分だったらそれにどんな付加価値をつけて金を稼ぐか、と考えて思考を膨らませる癖をつけることだ。半分は妄想でかまわない。なぜなら、ほとんどの起業家は妄想家だからである。アップルのスティーブ・ジョブズしかり、アマゾンのジェフ・ベゾスしかり、スペースXやテスラのイーロン・マスクしかりである。そういう癖をつけると、新聞記事やネットニュースや電車の中吊り広告など情報を何でも興味を持って見るようになり、そこから自分なりのアイデアが出てくるようになるのだ。

 私の場合、毎日早朝にNHK BS1の「ワールドニュース」を視聴している。これは世界18の国と地域、23の放送局のニュースをダイレクトに伝える番組で、世界で起きていることをほぼリアルタイムで知ることができる。他のニュース番組は、よほど大きな出来事でない限り世界のことはほとんど報じないので、私にとっては極めて貴重な情報源になっている。そして、その場で必ず人や場所の固有名詞と数字をメモする。それが新しい事業をビジネスモデルを考える時、大きな刺激になるのだ。

 また、新しいビジネスモデルを考えるのは、休日がよい。会社から帰ってきてくたびれている時は思考力が鈍っているので、やめたほうが賢明だ。休日を寝転んでテレビを見ながらダラダラと過ごすのではなく、たとえば土曜日の午後やレイニーサンデー(雨の日曜日)の半日くらいをそのために充て、考えついたことはネットで情報を調べながら詳しいメモを取っておくのである。

 そうすると、1年間で50ほどの新しいビジネスモデルのアイデアが溜まる。それを読み返してみると、非常に強く心を打つものが二つか三つはあるはずだ。それについて今度はどのように資金を調達するのか、どんな人材が必要なのか、といったことをさらに深掘りして考え、具体的な事業計画を作成するのだ。

 このトレーニングは、いわゆる“千本ノック”のように、とにかく数をこなすことが重要だ。そうすれば、おのずと新しいビジネスモデルを生み出す発想力や創造力が開発されていくのである。

 たとえば、私の趣味の音楽で考えてみると、日本にはヤマハ音楽教室や鈴木バイオリン教室などのお陰で、ピアノやバイオリンはレベルの高い人が山ほどいる。しかし、そのぶん競争が激しいため、大半の人は稼げていない。せいぜい近所の子供に教えるくらいだ。

 そこで、その人たちを組織して世界中の国々にピアノやバイオリンの先生として派遣すれば、けっこう儲かるビジネスになると思う。派遣されるほうも、近所の子供に教えているより高い収入を得ることができるだろうし海外経験を積むこともできる。

 このアイデアは思いつくがまま適当に書いているのだが、日本企業に勤めている人は、社員の起業を奨励しているリクルートやサイバーエージェントなどごく一部の例外を除き、そのように思考を膨らませることがなかなかできない。なぜなら、普通の日本企業は数十年前からあった事業パターンを、その延長線上で維持しているだけだからである。そういう会社に10年以上勤めると誰もが「守り」に入り、発想力や創造力を失ってしまうのだ。

 しかし、死ぬまで「稼ぐ力」をつけたければ、前述したように休日の時間の使い方を変え、発想力や創造力を開発しなければならない。そのトレーニングを始める年齢は、早ければ早いほどよいのである。

※大前研一・著『50代からの「稼ぐ力」』(小学館刊)より一部抜粋

【プロフィール】おおまえ・けんいち/1943年福岡県生まれ。1972年に経営コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社。本社ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を歴任し、1994年退社。以後、世界の大企業やアジア・太平洋における国家レベルのアドバイザーとして幅広く活躍。現在、ビジネス・ブレークスルー(BBT)代表取締役会長、BBT大学学長などを務め、日本の将来を担う人材の育成に力を注いでいる。

あわせて読みたい

「起業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  2. 2

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  7. 7

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    日産だけでない自動車会社の問題

    ヒロ

  10. 10

    Rキャンベル コロナは時間の災害

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。