記事

若者は旅をせよ! 私が学生に「異郷研修」を勧めるワケ - 上昌広

1/2
図1 2019年の18歳人口1万人当たりの東大合格者数(筆者提供、以下同)

「出身地と出身大学以外で働きなさい」

 私は自分の主宰する「医療ガバナンス研究所」で学ぶ医学生や看護学生にいつも言う。

 私がこのように指導する理由は、異郷で生活することで若者は成長すると考えるからだ。

 人はあらゆる意味で育った環境の影響を受けている。ところが、そのことをきちんと自覚していないと、自分の育った環境が全てと思ってしまいがちだ。若者には「旅」が必要だ。このことは古今東西変わらない「真理」だと思っている。

インターンに来た2人の学生

 今回の春休みに2人の若者が当研究所でインターンを経験した。吉村弘記君(写真1)と村山安寿君(写真2)だ。

 吉村君は埼玉県生まれ。私立武蔵高校を卒業後、2浪の末、広島大学医学部に合格した。母上の吉村七重さんは熊谷市役所に勤務する保健師。1994~95年にかけて、筆者が大宮赤十字病院(現さいたま赤十字病院)で研修医をしていた際に一緒に働いた。頭の回転が速く、行動力がある優秀な人物だ。弘記君は彼女の一人息子である。 

吉村君(写真1)

 彼女は弘記君に拙著『日本の医療格差は9倍 医師不足の真実』(光文社新書)を読むように勧めたようだ。この中で私は「異郷での研修」を勧めている。弘記君は「当初、東北大学を希望していましたが、先生の本を読んで、広島大を受けることにしました」と言ってくれた。

 埼玉の大宮と東北大学のある仙台は、東北新幹線で1時間半の距離。西日本の、それも本州の端に位置する広島に比べれば、身近な存在だ。吉村一族で西日本に住むのは、弘記君が初めてだそうだ。勇気ある選択に拍手を送りたい。

 もう1人の学生である村山君は、都立日比谷高校から東北大学医学部に進んだ。中学は函館ラ・サールである。函館、東京、仙台での生活経験がある。

 村山君は4月から大学2年生になる。彼は高校時代から私の研究室に出入りしているので、以前から「異郷での研修」という私の考え方を伝えていた。

旧七帝大と早慶の入学者分布

 今春、私が村山君に与えた課題は、旧七帝大や早慶の入学者の分布を調べることだ。 

筆者と村山くん(写真2)

 既に東北大学で1年間を過ごした村山君は、「東北大は東北地方と首都圏の学生が多い。西日本の人は殆どいない」と言う。一方、「東大や早慶には全国から学生が集まってきているのでしょう」と考えていた。

 同じようなイメージを世間一般も抱いているだろう。マスコミは、我が国で東京への一極集中が加速し、地方が衰退していると繰り返し報じている。

 政府も同じ立場だ。2017年9月、文部科学省は東京23区の私立大学の定員増を認めないことを告示した。

 だが、本当に東京の大学に全国から学生が集まり、地方は衰退しているのだろうか。

 村山君には『週刊朝日』と『サンデー毎日』を渡した。毎年、この季節になると有名大学の高校別合格者数を掲載している。私が指示したのは、各都道府県の18歳人口1万人当たりの有名大学の合格者数を調べることだ。

 村山君は処理能力が高い。わずか2日で全ての結果をまとめ上げた。

「東大」入学者の59%が関東から

 まずは東京大学だ。入学者の出身高校を都道府県別に分け、18歳人口1万人当たりの入学者数を図1に示した。東京、奈良、神奈川、富山、兵庫が多い。東京、奈良、兵庫には私立の有名進学校が存在し、富山は教育熱心で有名だ。確かに、東大には全国から優秀な学生が集まってきている。

 ただ、私立の進学校には、他府県から生徒が通っている場合が多い。今回のように学校所在地に注目した調査では、一部の都府県を過大評価してしまう。

 そこで関東地方や近畿地方などブロック別に分析してみた。結果は図2の通りだ。

 東大の地元である南関東がもっとも多く、これに北陸、中国、南九州が続く。兵庫や奈良の高校から東大に進学する生徒が多いが、近畿地方全体では東大進学者が少ない。

 北陸、中国、南九州に共通するのは旧七帝大がないことだ。最寄りの旧七帝大にいくより東大を目指す学生が多いのかもしれない。

 では、東大の学生に占める関東の高校出身者の割合はどれくらいだろうか。

 実に59%が関東の高校から来ている。2位の近畿13%、3位の中部の12%を大きく引き離す。近畿以西の割合は25%に過ぎない。

 つまり、確かに東大には全国から優秀な学生が集まるが、入学すると「周囲は関東人だらけ」を経験することになるのだ。

関東の比率が低い理科3類

 例外は、理科3類(医学部進学コース)だ。合格者97名のうち、東京42名、兵庫23名、愛知6名、大阪4名、京都4名、富山3名、広島3名、神奈川3名と続く。関東地方の合格者は48名で、全体の5割を割り込む。一方、近畿以西出身者は42%で、関東地方と拮抗する。18歳人口当たりに直すと、図3のようになる。

 理科3類の関東の比率が他学部に比べて低いのは、兵庫県の灘高が毎年、大量の合格者を出すからだ。今年は20名が合格した。京大医学部にも26名が合格しており、卒業生の半分が医学部に進学する。一方、今年は文科2類の合格者はゼロ。文科1類は10名、文科3類は3名だ。この結果、東大合格者は73名と減少した。

 この現象を灘高の地盤沈下と読むか、東大のブランド力の低下と読むか。勿論、後者の可能性が高い。

あわせて読みたい

「大学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  2. 2

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

  7. 7

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    日産だけでない自動車会社の問題

    ヒロ

  10. 10

    Rキャンベル コロナは時間の災害

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。