記事

スペースX、ロケット「ファルコン・ヘビー」初の商業打ち上げ


[11日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が率いる米宇宙開発ベンチャーのスペースXは11日、世界で最も強力な大型ロケット「ファルコン・ヘビー」を米フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げた。初の商業打ち上げとなる。

ファルコン・ヘビーの高さは23階建てのビルに相当する。2018年の試験発射では、マスク氏の赤いテスラ車「ロードスター」が積まれた。

今回の打ち上げでは、サウジアラビアを拠点とする通信会社アラブサットの通信用衛星を搭載した。同衛星はアフリカ、欧州、中東でのインターネット・テレビのサービス向けとなる。

打ち上げから約3分後には、ファルコン・ヘビーのブースター3基のうち横側の2基が、ケープカナベラル空軍基地への着陸に向けて切り離された。その後、中央部分のブースターも切り離されてフロリダ沖のドローン船に着陸した。2018年の試験発射では、中核のブースターが船の着陸点を外して、大西洋に落ちていた。

マスク氏はツイッターに「ファルコンが着陸した」と投稿した。

スペースXはブースター3基すべての回収に初めて成功。ブースターは、今夏に計画されている米空軍の軍事・科学衛星を搭載するファルコン・ヘビーのミッションで再利用される。

スペースXは、ボーイング<BA.N>とロッキード・マーチン<LMT.N>の合弁事業であるユナイテッド・ローンチ・アライアンスや、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>のジェフ・ベゾスCEOが率いるブルー・オリジンと競合している。スペースXは米国家安全保障宇宙ミッションの3分の1の受注を目指しており、軍の認定を受けた新たなエンジンを使った打ち上げを成功させることは重要だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  7. 7

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  8. 8

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  9. 9

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  10. 10

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。