記事

原発に反対するなら辺野古移設にも反対すべき小泉元首相

その時は気づかなかった、経産官僚にだまされていた、過ちを改めるに憚ることなかれだ、こう言って小泉元首相は、いまでは誰よりも熱心な反原発主義者だ。

しかし、そうであれば、小泉元首相は同じ様なセリフを吐いて辺野古移設にも反対しなければいけない。

きょう4月12日の毎日新聞に掲載されている山崎拓元自民党総裁のインタビュー記事を読んでそう思った。

いまでは野党と同じ様な事を喋るようになった山崎拓氏は、防衛大臣を経験したれっきとした自民党の重鎮だ。

普天間返還がいつの間にか辺野古移設にすり替えられた事を一番よく知っている人物だ。

その山崎拓氏が、きょうの毎日新聞のインタビュー記事で、米国にごまかされたと言わんばかりに、こう言っている。

「あらためて県外移設を模索する事が最善だと思います」と。

「いまさら難しいとしても、民意を無視する事は出来ません。この際、政府は米側と日米地位協定の本体部分の改定交渉に踏み切るべきです」と。

そこまではいい。

しかし山崎氏は、小泉元首相にもそう言わせなくてはいけない。

なぜなら、このインタビュー記事の中で山崎氏は認めている。

小泉首相も、「こんなはずじゃあなかった」と思っているに違いないと。

辺野古移設がいつのまには普天間返還の前提条件のようになってしまった経緯について、小泉元首相も知らなかったところで「なし崩し」にそうなってしまったと認めているのだ。

ここまでばらされて、それでも、原発廃止だけしか「過ちを改めるに憚るなかれ」と繰り返すようでは、小泉元首相も所詮はいかさまということだ。

しかも小泉元首相は最近やたらに安倍首相についてこう言っている。

日本の首相が本気でそう主張すれば米国も反対しないと。

だったら自ら実践してみろということだ。

山崎拓氏が今なすべき事は安倍批判ではない。

かつての朋友である小泉元首相と一緒になって、海上埋め立てはダメだと米国側に申し入れる事だ。

まさしくそれが小泉元首相の持論だったと山崎氏はきょうの毎日新聞のインタビューでばらしているのだから(了)

あわせて読みたい

「小泉純一郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  2. 2

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  4. 4

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  5. 5

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    投票率上げる活動に感じた虚無感

    たかまつなな

  9. 9

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  10. 10

    障害者マークのデザイン招く誤解

    古谷経衡

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。