記事

皇太子さま「令和」に笑顔…安倍首相と発表3日前の“合意”

1/2
(C)JMPA

「新しい元号は『令和』であります」

4月1日午前11時41分、菅義偉官房長官が新元号「令和」の額を掲げた。皇太子さまは直前の11時半過ぎに、宮内庁の西村泰彦次長から「令和」と書かれたメモをご覧になり、「わかりました」とにこやかな表情を見せられたという。

新元号発表3日前の3月29日には、安倍首相が東宮御所を訪れ、皇太子さまに面会している。

「政府関係者は『最終選考に残った6つの新元号案を皇太子さまに伝えに行った』と明言しています。天皇陛下への面会である『内奏』は首相や閣僚が定期的に行っていますが、皇太子さまへの首相の面会は異例です。しかも2月22日に続いて2カ月連続ですから、いかに安倍首相が皇太子さまとの関係を重視しているのかがわかります。安倍首相は、皇太子さまが政治的決定に関与したことにならないように、元号についての意見はうかがわなかったようです。ただ、説明をお聞きになる皇太子さまのご表情を見て、安倍首相が新元号案について自信を深めた可能性はあるでしょう」(皇室担当記者)

象徴天皇制を研究する名古屋大学大学院准教授の河西秀哉さんはこう語る。

「5月に天皇となられる皇太子さまに、ご即位前から異例とも言える面会を繰り返し行った背景には、安倍首相の支持母体である保守派への配慮があるのでしょう。天皇と元号が結びついていることを示し、それによって天皇を国家元首と明記する自民党の憲法改正草案に近づけたいという意図も透けて見えます」

しかし、これまで平成の皇室と安倍政権は対立してきたと皇室ジャーナリストが説明する。

「第1次安倍政権の’07年当時、小泉純一郎元首相が’05年にまとめた『女系皇族にも皇位継承権を認める』という方針を白紙に戻しました。これにより皇位継承問題の解決は遠のいてしまいました。また’17年には、陛下のご退位をめぐる有識者会議も波紋を呼びました。安倍首相の意向を反映して選ばれた保守派の専門家が『天皇は祈っているだけでよい』などと発言したことに対し、陛下が強い不満を漏らされていたことが明らかになったのです」

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  3. 3

    かつて「エリート」だった銀行員

    内藤忍

  4. 4

    告発の岩田医師は「大人の対応」

    早川忠孝

  5. 5

    野村克也氏の本塁打は実質985本?

    毒蝮三太夫

  6. 6

    ロンドンでの五輪代替開催は失礼

    鈴木しんじ

  7. 7

    船内ゾーニング 米医師の批判も

    渡邊 雄介

  8. 8

    ミスキャン覇者「AV転身」の衝撃

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

  10. 10

    辻元氏 ANA資料は公正かつ誠実

    辻元清美

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。