記事

スペインとイタリアの銀行はLTRO(3年物流動性供給オペ)で得た資金をほぼ使い果たしてしまった

ウォールストリート・ジャーナルが「欧州中央銀行の銀行救済計画は失敗した」という記事を掲載しています。

それによると1兆ユーロにのぼる流動性を供給(LTRO)することでスペインやイタリアの借入コストを低くする試みは、一時的な効果を見たものの、最近、効き目が薄れているそうです。

スペインの銀行の場合、欧州中央銀行から合計2,000億ユーロの流動性供給を受けました。

しかし、そのうち760億ユーロを使ってスペイン国債を購入し、さらに債務の借り換えや預金者による預金の引き出しなどで出て行ってしまったお金を合計するとLTROで融通して貰ったお金はあと210億ユーロしか残っていないのだそうです。

このような苦しい台所事情はイタリアもほぼ同じです。

LTROの効果が薄れ始めているもうひとつの理由としてアメリカの機関投資家が相変わらずスペインやイタリアの銀行に対して資金を融通するのを嫌がっているという問題があります。

このため市場では「LTRO第3弾が必要だ」という声が聞かれ始めています。

あわせて読みたい

「欧州債務危機」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  4. 4

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  7. 7

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  8. 8

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  9. 9

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  10. 10

    日本を利用し中国に媚売る文政権

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。