記事

忖度辞任のトリガー「塚田分かってるな」で注目 参院のドン・吉田幹事長の“意味深”発言7選 「石破さんにばいきんまんは似合わない」 - プチ鹿島

 先週ブレイクし、そのあとすぐさま消えた塚田一郎氏(元・国土交通副大臣)。安倍首相や麻生財務大臣の意向を忖度し、道路建設をめぐる利益誘導をしたと言ってしまったあの名スピーチ。

【写真】この記事の写真(5枚)を見る

《吉田幹事長が私の顔を見て、「塚田分かってるな、これは総理の地元と副総理の地元の事業なんだよ」と。私、すごく物わかりがいいんです。すぐ忖度します。「分かりました」と。》(塚田一郎)


辞任を表明した塚田氏 ©時事通信社

 忖度、忖度というが「分かってるな」と具体的に言ってくる人がいることを教えてくれた。つまりこれはもう忖度ではない。

「塚田分かってるな」と語った吉田幹事長に注目

 さらに注目したいのは「吉田幹事長」という登場人物である。自民党の吉田博美・参院幹事長のことだ。現・参院のドン。そして塚田氏は今年改選を迎える必死の参議院議員である。この関係性だけでも十分「いい匂い」がするではないか。

 当コラムでは吉田博美氏の言動にはちょいちょい注目していた。どんな人物なのか、あらためて過去の記事や発言をみてみよう。

 まず、2017年末の毎日新聞が吉田博美氏にスポットを当てていた。

「参院自民 増す存在感 吉田氏、野党人脈生かし 来秋の総裁選 動向焦点」(毎日新聞2017年12月29日)

 要点を抜粋すると、

・安倍晋三首相の「1強」が自民党内で続く中、参院自民党がじわりと存在感を高めている。

・空気が変わったのは16年7月、吉田氏の参院幹事長就任。師と仰ぐ青木幹雄氏の隠然たる影響力もあって参院を統括し、野党とパイプを築いて力を蓄えた。

 いかがだろうか。かつての参院のドン・青木幹雄氏の影響もあり、頭角を現してきた吉田氏の様子がわかる。そしてこの記事の時点では「来秋」となっている自民党総裁選で吉田氏がどう動くか注目されていた。

 では、その総裁選(昨年秋)で吉田氏はどのような動きをしたのか?

石破氏のスローガンにかみついていた!

 活躍も活躍、大活躍だったのである。こういう記事があった。

「石破氏 参院竹下派と連携腐心」(毎日新聞2018年8月24日)

 石破茂氏が「正直で公正、謙虚で丁寧な政治をつくる」と主張したことに対して、参院竹下派を仕切る吉田博美氏は「個人的なことで攻撃することには非常に嫌悪感を感じている」と「苦言を呈した」というのだ。

 あー、「正直・公正」という石破氏のスローガンあったなぁと思いだした方もいるだろう。それに真っ先にかみついたのが吉田氏だったのだ。

 しかしなぜ「正直・公正」という言葉が安倍首相への個人攻撃だと判断したのか不思議だったが(それ、擁護にみえてマイナスになってないか)、とにかく吉田氏は石破茂をけん制した。

「アンパンマンのように笑ってください」

 産経新聞には次の記事もあった。あの頃、安倍首相から電話があった吉田氏は首相にこう答えたという。

「私は石破氏の記者会見に頭に来ているんです。あれじゃ、首相に対する個人攻撃じゃないか。石破氏には『反安倍を掲げて総裁選をやるなら支持できない』と言ってやるつもりです」(産経2018年8月20日)

 吉田博美は竹下派に所属しつつ、安倍首相とも近いのが売りらしい。なので師匠である青木幹雄が「竹下派は石破支持」という意向を示したとき、ずいぶんと板挟みになったに違いない。だからこその石破叩きで首相へのアピールだったとも思える。

 そのあと吉田氏は石破氏と直接会い、こんな提案もしている。

「石破流、手本は金足農? 『ひたむきさ、心動かす』 自民総裁選」(朝日新聞2018年8月31日)

 吉田氏は「我々は『金足農業』でやっていきましょう」と石破氏に持ちかけたという。さらに「石破さんにばいきんまんは似合わない。アンパンマンのように笑ってください」とも。

 吉田氏の提案は「大阪桐蔭相手にさわやかに散れ」とも聞こえるし、「ばいきんまん」の比喩にいたっては総裁選で安倍首相と戦う人間はもはやバイキン扱いにみえる。

 それらのお手柄もあってか石破氏の言動は鳴りを潜め、総裁選は安倍首相が勝利した。

 そして今から読むと「あっ!」と思わせるのはこの記事だ。

「首相の欠点は『友人かばう』自民参院幹事長」(日本経済新聞2018年4月18日)

 吉田氏が安倍首相の長所と短所をパーティーでスピーチしたのだ。その内容とは、

「安倍晋三首相の最大の長所は友人を大事にすることで、最大の欠点はその人たちをかばい切ることだ。駄目なものは駄目と明快にすることも大事な時だ」

 この言葉、よーく味わってほしい。

徹底的に「友人を大事にする」という「長所」がここにも

 記事には「加計学園問題や財務次官のセクハラ疑惑、自衛隊の日報隠蔽などを念頭に置いた発言とみられる」という解説があるが、吉田氏が指摘する首相の「長所と短所」は示唆的ではないか。

 今回、麻生派である塚田氏の忖度発言が問題となった当初も安倍首相は、

《盟友・麻生氏に気を使って、更迭の判断を遅らせたとの見方も強い》(朝日新聞4月6日)という。

 まさに「最大の長所は友人を大事にすることで、最大の欠点はその人たちをかばい切ることだ」との吉田氏のスピーチどおりなのである!

 しかも今回きっかけとなったのは吉田氏本人による「塚田分かってるな」発言なのだから、なんという運命の皮肉か。安倍首相と吉田博美参院幹事長のこの関係性だけでもうたまらない。

 そして今週、吉田氏に関する大きな、気になる記事が出た。

「参院選『特定枠』に吉田氏浮上」(毎日新聞4月9日)

 なんと、夏の参院選での去就を保留している吉田博美参院幹事長(長野選挙区)について、比例代表で優先的に当選する「特定枠」で処遇する案が出ているというのだ。

 その案、どこから出てるのか。

《首相官邸は吉田氏引退で参院のまとめ役が不在となるのを懸念しており、引退を回避させたい思惑がありそうだ。》(毎日・同)

 吉田氏は「自分で作った制度を自分のために使うのはあり得ない」と固辞しているというが、

《吉田氏は安倍晋三首相と良好な関係を保ち、「引退すれば党内バランスが大きく崩れる」(党幹部)と続投を求める声が大きい。》(毎日・同)

 徹底的に「友人を大事にする」という「長所」がここにも感じられるではないか。

 いま、吉田博美を追うことでいろいろ見えてきます。

『芸人式新聞の読み方』 が文庫になりました。ジャーナリスト青木理氏との「全国紙・地方紙実名ぶっちゃけ対談」などを文庫特典として収録!

(プチ鹿島)

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    反日を煽る韓国紙に読者が異議

    団藤保晴

  2. 2

    結婚しなくなった日本は先進国

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  3. 3

    三原じゅん子氏 野党は恥を知れ

    自由民主

  4. 4

    「何で嘘ついた」宮迫の謹慎に涙

    女性自身

  5. 5

    貯金2000万円で騒ぐより禁煙せよ

    永江一石

  6. 6

    宝の持ち腐れ? ZOZO新商法に疑問

    諌山裕

  7. 7

    立民のやる気ない選挙公約に失望

    篠田 英朗

  8. 8

    男逃走めぐる産経社説は撤回必要

    郷原信郎

  9. 9

    宮迫・田村亮ら芸人11人謹慎発表

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    ペイ3社合同 セブン最大20%還元

    S-MAX

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。