記事

日本の政治に特有の概念「首相の任命責任」について考える〜本来大臣がダメならばダメなのは大臣の責任なだけだ

1/2

今にして振り返ればですが、桜田氏は昨年11月の就任記者会見で「東京オリンピック・パラリンピック担当大臣」と自己紹介するところ、オリンピックという単語は飛ばしてしまいパラリンピックをうまく発音できず3度言い直し、グダグダの自己紹介をしていたのでありました。

(会見動画参考サイト)

第4次安倍改造内閣閣僚記者会見「櫻田義孝大臣」
https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg17757.html

当時は緊張からのミスかとも思えたのですが、その後の桜田氏の国会等における繰り返される失言の様子を伺っていると、これはきつい表現かもしれませんが、この方の日本語の能力になにか問題があるのではないかと疑うようになりました。

「レンポウ」と何ども議員の名前を間違えたり、オリンピック予算で「億」を何回も欠落させたり、被災地石巻を何ども「イシマキ」と言い間違えたりと、一度間違えた日本語のミスを修正がうまくできず何ども繰り返してしまうわけです。

また今年2月には、競泳の池江璃花子選手の白血病公表について、桜田義孝五輪相が「本当にがっかりしている」と失言した点ですが、「病気のことなので、早く治療に専念していただいて、一日も早く元気な姿に戻ってもらいたい」と真摯な受け止めを発言してるんですよね。

その後で、記者とのやり取りで「金メダル候補」というのが「トリガー」になるのですが、彼は「金メダルへの期待」というフレーズから(日本のメダル減るのは)「がっかり」と、心のうちに浮かんだ「がっかり」という単語をそのまま発言してしまうのですね。

 --きょう、競泳の池江選手が自らが白血病であることと、しばらく休養することを発表しました。大臣として、これについての受け止めをお願いします

 「正直なところ、びっくりしましたね。聞いて。本当に。病気のことなので、早く治療に専念していただいて、一日も早く元気な姿に戻ってもらいたいというのが、私の率直な気持ちですね」

 --競泳の中ではですね…

 「本当に、そう、金メダル候補ですからねえ。日本が本当に期待している選手ですからねえ。本当にがっかりしております。やはり、早く治療に専念していただいて、頑張っていただきたい。また元気な姿を見たいですよ。そうですね」


「がっかり」だけではなかった 桜田五輪相発言全文
 より抜粋
https://www.sankei.com/sports/news/190214/spo1902140029-n1.html

そして今回の「復興以上に大事」失言なのであります。

さすがに、もはやここまでです、安倍首相は「任命責任はもとより私にあるとお詫びしています。

「被災者の皆さまに深くおわび申し上げたい。任命責任はもとより私にあり、こうした事態に至ったことについて、国民におわび申し上げる」

安倍首相「任命責任は私に 国民におわび」 桜田五輪相辞任へ
https://mainichi.jp/articles/20190410/k00/00m/010/242000c

それにしてもです、ここまで日本語の能力に問題がある(と思われる)お方が、千葉県柏市議から千葉県議を経て衆議院議員を7期連続で務めているというベテラン政治家のポジションに居られることが不思議といえば不思議なのであります。

選挙や議会、いろいろな場面で有権者や他の政治家の前での演説や討論の場があったことでしょう、その時はどう過ごされてきたのか?

いずれにしても任命責任は私にあると認めている安倍首相なのであります。

さてです。

あわせて読みたい

「桜田義孝」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    高樹氏、田口逮捕でマスコミ批判

    BLOGOS編集部

  2. 2

    早朝4時に吉野家 離れられぬ東京

    内藤忍

  3. 3

    慰安婦映画への陳腐な批判に呆れ

    古谷経衡

  4. 4

    フリーで消耗 自転車操業の日々

    BLOGOS編集部

  5. 5

    トランプ氏 貿易戦争は早期終了

    ロイター

  6. 6

    丸山議員への辞職勧告は言論封殺

    小林よしのり

  7. 7

    内定辞退で来社 採用担当は迷惑

    城繁幸

  8. 8

    電子決済に逆行 現金化する日本

    木村正人

  9. 9

    失念で済まない山尾氏の無断渡航

    和田政宗

  10. 10

    ミス誘ういきなりステーキの卓上

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。