記事

新学期、子供の環境と心境の変化にご用心

JFN OH! HAPPY MORNING パーソナリティの蒲田さん(奥)と高橋さん(手前)

4月、入園・入学・進級など、子供の環境が大きく変わる時期です。ご両親も、職場での異動があったり、歓迎会が続いたり。何かと家庭の中が落ち着かない時期です。

子供は環境の変化を敏感に感じとります。心に不安があると、「幼稚園に行きたくない」「学校に行きたくない」などと言い出すことがあります。

「おなかが痛い」と言って幼稚園や学校を休んだのに、家では元気にしているなんてこともあり得ます。でも嘘をついたんじゃなくて、本当に朝にはおなかが痛くなることがあるんです。幼稚園や学校に行かなくていいとわかると安心して痛みがなくなるんです。

親としては「このまま不登校になっちゃうんじゃないのか」とか、自分の予定が狂ってしまったりとか、「困ったなぁ」と感じると思うのですが、そこで対処を間違えるとかえって子供の状態を悪くしてしまいます。

「幼稚園や学校に行かない」という現象だけを見て、その問題を解決しようとするならば、無理やりでも連れて行くという方法がありますが、そもそも「行きたくない」と言うのには心理的な理由があるはずです。

その心理的な理由を無視して、無理やり連れて行こうとすると、心理的に後ろ向きな気持ちがますます強くなります。作用と反作用みたいなものです。

イヤイヤでも幼稚園や学校に行くことが目的ではなく、本人が「よし、幼稚園に行こう」「学校に行こう」と思えるようになることが本来の目的であるはずです。だとすれば、本人がそういう気持ちになれるような寄り添い方をしてあげなければなりません。

そのために親としてすべきことは、子供の話をちゃんと聞いてあげること。気持ちをしっかり受け止めてあげることです。

「行きたくないよ!」と子供が言うのなら、「そうか、行きたくないんだ……」と、そのままの言葉をオウム返ししてあげてください。そうやって肯定も否定もせず子供を見ていてあげれば、子供は「僕の気持ちを受け取ってくれている」という安心感を感じ始めます。

安心すると、「だってさ……」と理由を話し始めてくれるかもしれません。自分から理由を話してくれそうにないときには、「どうして行きたくないのか、教えてくれる?」とか「何かあったの?」と優しい口調で尋ねてみてもいいでしょう。

子供ですから理由にならない理由を言うかもしれません。それでも、それを「そうか、そういことがあったんだね」「それは大変だったね」と共感しながら聞いてあげてください。評価やアドバイスは不要です。

一通り話をしてくれたら、「話してくれてありがとう。じゃあ、今日はゆっくり休もうか」などと子供の気持ちを尊重してあげてください。

「自分の気持ちをわかってもらえた」という安心感が得られると、子供は自ら立ち直ろうとします。無理やり手を引っ張るよりも、本人の心が落ち着いて、自ら立ち上がろうとするのを待ってあげることが大事です。

ただし、ひとつ注意があります。「早く学校に復帰させよう」という親の思惑で、子供をコントロールするために話を聞くのではなく、「学校に行きたくない」という子供の気持ちに本当に寄り添うことが大事です。

この4月から番組に参加した高橋さんも、毎日蒲田さんの厳しい指導を受けて、「もうハピモニ行きたくない!」と思うことがあるかもしれませんが、そんなときはスタッフさんに話を聞いてもらって、しっかり気持ちを受けてもらいましょう。
※2019年4月11日放送のJFN系列「OH! HAPPY MORNING」でお話しした内容です。

あわせて読みたい

「子育て」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    トランプ氏の大相撲観戦に苦言

    早川忠孝

  2. 2

    反安倍勢力を警察が「予防拘禁」

    田中龍作

  3. 3

    トランプ歓迎 国民性出た千秋楽

    早川忠孝

  4. 4

    ゴルフ外交 2首脳だけで話す価値

    和田政宗

  5. 5

    トランプ氏が天皇会見重視する訳

    WEDGE Infinity

  6. 6

    賛同者も? 長谷川豊氏の差別発言

    非国民通信

  7. 7

    サンジャポがねつ造か 非難の声

    女性自身

  8. 8

    トランプ来日はシンプルにいい話

    篠田 英朗

  9. 9

    安倍首相は天皇の政治利用を慎め

    小宮山洋子

  10. 10

    夏のユニクロ肌着 苦手な男性も

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。