記事

大阪維新のスタンスは目の前の有権者に利益を約束せず、常に子ども、次世代の利益を追求することで一貫している - 4月11日のツイート

https://hbol.jp/189858/3
やっと気付き始めたか。この手の連中は初めから有権者の認識を誤解していた。今回の選挙結果を受けて自分たちの方が誤っていたのでは?とやっと認識。これが選挙の効果だ。ただまだ往生際が悪く、メディアが維新寄りだとか、維新が変わったとか言い訳をしている。

在阪メディアは維新の会誕生から一貫して批判的スタンスだ。それはメディアの役割として当然。大阪維新のスタンスは目の前の有権者に利益を約束せず、常に子ども、次世代の利益を追求することで一貫している。これが支持されるということは日本の政治にまだまだ希望が持てる。

しかし大阪維新の会の政治に、特定の利益のため、高齢者の利益のための匂いがした瞬間、有権者の支持はパッと離れる。政治家は目の前の声の大きい有権者に弱い。そこをどこまで今のスタンスを貫けるか。国政野党が連合や部落解放同盟に配慮する匂いを放つ限り政権は獲れない。

政治分析が仕事の人は色々分析するだろうが、大阪維新の会がここまでになったのは松井・吉村体制が目の前の有権者に利益を約束せずに、ひたすら次世代のため、大阪全体の利益のために結果を出し続けてきたから。

しかし大阪維新の会の支持者は凄いよ。どれだけ維新を応援しても自分たちに具体的利益の見返りはないのに維新を応援。みんな次世代、大阪全体のために応援。他方反維新側は自分たちへの見返りを期待。各種団体は俺に切られた補助金復活を期待して反維新を応援。大阪の有権者、ありがとう!

大阪W選でわかった「実行できるリーダー」の条件 | Web Voice https://shuchi.php.co.jp/voice/detail/6287…

(スタッフよりお知らせ)
橋下徹の新著「実行力-結果を出す仕組みの作りかた」が2019年5月17日にPHP新書より発売されます。Amazon予約も始まっています!

「僕はこうやって4万8000人を動かしてきた」橋下流「君主論」の全思考!
https://shuchi.php.co.jp/voice/detail/6287…

なんで政治行政系の学者はあんなに偉そうなんだ?立命館の上久保も「都構想はしょぼい」とか「俺がスケールのデカい案にしてやる」なんて言わずに、こういう考えはどうか?と普通に言えば、こっちも普通に答えてやるのに。それでも彼の案はもう既に検討済みの陳腐な案には変わりないが。

※この記事は橋下徹元大阪市長のツイートを時系列順に並べたものです。

橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン
【ご購読はこちらから→】http://hashimoto.president.co.jp/

橋下徹と直接議論できるサロン『橋下徹の激辛政治経済ゼミ』
【お申込はこちら】→橋下徹の激辛政治経済ゼミ

あわせて読みたい

「おおさか維新の会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    店員の言葉を疑ってかかる時代に

    Chikirin

  2. 2

    徴用工問題 韓国批判しない朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    消費税廃止を 山本太郎氏の叫び

    田中龍作

  4. 4

    丸山氏 国後島で「女買いたい」

    文春オンライン

  5. 5

    「ブラタモリ」が今も面白い理由

    メディアゴン

  6. 6

    働き方改革で仕事減 局アナ退社

    BLOGOS編集部

  7. 7

    麻生氏の質高い答弁を伝えぬ報道

    青山まさゆき

  8. 8

    山尾氏が手続きせず倉持氏と旅行

    文春オンライン

  9. 9

    SEX未経験者が増加 要因に低収入

    文春オンライン

  10. 10

    ナカイの窓終了は商標トラブルか

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。