記事

【読書感想】教養としての平成お笑い史

1/2

教養としての平成お笑い史 (ディスカヴァー携書)
作者: ラリー遠田
出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日: 2019/03/14
メディア: 新書
この商品を含むブログを見る

教養としての平成お笑い史
作者: ラリー遠田
出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日: 2019/03/15
メディア: Kindle版
この商品を含むブログを見る

Kindle版もあります。

内容紹介
明石家さんまからピコ太郎まで
時代を映した14組の芸人で平成を振り返る。
教養としてのお笑い史。

価値観が多様化している現代においても、お笑いや芸人に関することだけは幅広い世代に共通の話題となりうる。
平成を生きた私たちは何らかの機会にそれらに触れていて、少なからず影響を受けているからだ。
そういう意味で、平成のお笑い史は一種の「教養」として振り返っておく価値がある。
(「はじめに」より)

1章 1992年(平成4年) 明石家さんま離婚
2章 1994年(平成6年) ビートたけしバイク事故
3章 1995年(平成7年) 山田邦子、不倫報道で人気凋落
4章 1997年(平成9年) 松本人志『ごっつええ感じ』降板
5章 1998年(平成10年) 萩本欽一、長野五輪閉会式の司会
6章 2000年(平成12年) 上岡龍太郎、引退
7章 2003年(平成15年) 笑福亭鶴瓶、深夜の生放送で局部露出
8章 2007年(平成19年) 有吉弘行、品川祐に「おしゃべりクソ野郎」発言
9章 2007年(平成19年) サンドウィッチマン『M-1』で敗者復活から優勝
10章 2010年(平成22年) スリムクラブ『M-1』で放射能ネタ
11章 2011年(平成23年) 島田紳助、引退
12章 2014年(平成26年) タモリ『笑っていいとも!』終了
13章 2015年(平成27年) 又吉直樹、芥川賞受賞
14章 2016年(平成28年) ピコ太郎『PPAP』が世界中で大ヒット

 「平成」の時代に起こった、お笑い界の14の出来事を振り返りながら、「平成のお笑い」の概要を浮き彫りにしていく、という新書です。

 この本の最初、平成元年の出来事、というのをみて、僕はちょっと驚いてしまったのです。

 平成元年には『おれたちひょうきん族』が終了し、『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』がはじまっています。

 また、北野武(ビートたけし)さんが、『その男、凶暴につき』で、監督デビューしているんですね。

 そうか、『ひょうきん族』って、僕には自分の子供時代、昭和の怪物番組であった、ドリフの『全員集合』を追い詰めていった頃の記憶しかないけれど、平成のはじめまで、番組は続いていたのか。

 記憶というのは、自分で思っている以上に書き換えられてしまいやすいもので、山田邦子さんがあんなに売れていた時期があったというのも、まるで夢のようです。

「お笑い史上最も売れた芸人は誰か?」というのは難しい質問である。だが、「お笑い史上最も売れた女芸人は誰か?」と問われたら、1人の名前が真っ先に思い浮かぶ。
 ピーク時には週14本のレギュラー番組を抱え、8社のCMに出演。映画、ドラマの出演も多数、CDや小説を出せば軒並みベストセラーに。NHKの「好きなタレント」調査では8年連続で女性部門1位を獲得。本人の話によれば、当時の月収は約1億円。
 女芸人の質・量ともにかつてないほど充実している現在でも、全盛期の彼女の実績を超えられそうな人材は見当たらない。女芸人史上最強のモンスター、それが山田邦子である。

 思い返してみれば、『やまだかつてないテレビ』からは、『愛は勝つ』『それが大事』と、大ヒット曲が生まれ、やることなすことうまくいっているように見えていたんですよ。

 それが、週刊誌でテレビプロデューサーとの不倫が報じられたのをきっかけに、人気が落ちていき、あっという間に「あの人は今」という存在になってしまいました。

 それは、飽きられてしまった、ということなのか、「女性の場合は、不倫によるイメージダウンが、男性よりも大きい」からなのか。

 1999年の著書で、山田は自分を含む女芸人についてこう書いている。

 お笑いの女は超美人ではないがドブスではなく、案外可愛い。そして明るく元気なので、割とみんないいお母さんになる。だが、若いうちはいいけれど、先様の家族、子供の事などでしだいに仲間から”どこか不幸じゃないとダメ”という型にはめられて窮屈になって、途中で家族か仕事のどちらかをやめてしまいがちだ。こんな何でもありの自由な時代に信じられないが「お笑いの世界でやっていく女はいろいろ難しい」なんてバカな事をわざと言って、出る杭を打つ男性が、まだまだ本当に大勢いるのだ。
   (山田邦子著『こんなはずじゃなかった』毎日新聞社)


 この風潮は今もそれほど変わらないだろう。男性社会の中で、女性は女性であるというだけで重宝される。だが、真の意味での仲間には入れてもらえず、一定のところで出る杭は打たれてしまい、そこから先へは進めない。

 女性芸人がそれ以上出世できない「ガラスの天井」にぶつかり、山田は撤退を余儀なくされた。そういう時代だったのだ。

 これに関しては、頷けるところがあるのと同時に、「不倫」というトリガーがなければ、どうなっていたのだろう?とも思うのです。

 今でも、不倫に関しては、女性芸能人のほうがダメージが大きいという感じはありますが、不倫というのは、男女に関わらず、褒められることではないから。

あわせて読みたい

「松本人志」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわ山本氏落選は恐るべき戦略

    かさこ

  2. 2

    山本太郎氏 NHK報道に「ひどい」

    キャリコネニュース

  3. 3

    宮迫会見で記者は圧力に屈したか

    孝好

  4. 4

    参院選 野党の惨敗は当たり前

    青山まさゆき

  5. 5

    れいわ難病患者当選で政界に風穴

    田中龍作

  6. 6

    芸能界の圧力問題に無責任なTV局

    新井克弥

  7. 7

    徴用工で対抗? 河野氏が「誤解」

    河野太郎

  8. 8

    前作を超えなかった「天気の子」

    諌山裕

  9. 9

    自民が過半数獲得も改憲は白紙か

    猪野 亨

  10. 10

    改憲勢力3分の2割る 自公71議席

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。