記事

今のロボットに必要なのは頭より「手」だ

1/2

いまのAI(人工知能)に足りないものはなにか。実業家の堀江貴文氏は「人間そっくりの『手』を開発できれば、AIは大きく進化する。面倒な仕事や家事を丸投げできるようになり、社会構造のあり方を根幹から変えてしまうだろう」と予測する――。

※本稿は、堀江貴文『僕たちはもう働かなくていい』(小学館新書)の一部を再編集したものです。

■AI研究は「身体性」にフェーズが移っている

AIが人間に近い「手」を持ったとき、ディープラーニングの進化は、とてつもない大ジャンプを遂げる──。

実業家の堀江貴文氏(撮影=小学館写真室)

私たちの幼児期を思い出してみれば、明らかだ。世界の情報を得るための一番のツールは、何だっただろう?

言うまでもなく、「手」だ。母親に抱きつく、食欲を満たすために物をつかんで食べる、ケガをしたところを撫でる、文字を学ぶのに鉛筆を持つ、気になったものを拾って見る……生きていくのに大事な知識や、経験を積み重ねていくのに、「手」は欠かせなかった。

「手」を介した無限のインタラクションが、知性を養った。さらに言うなら、「手」のインタラクションで、人は、知性体として成長できたと言えよう。

誤解されてはいけないが、生まれつき「手」がない人は、知性体に劣るという意味ではない。「手」がない人は親や介護者の協力を得て、「額」や「胸」や「足」など、「手」の代用となる器官で、生きていくための情報を蓄積している。「手」そのものが大事というより、知覚・感触によって得られる、身体性を通過したビッグデータが、進化には重要だという話だ。

AI研究は、「身体性」の開発にフェーズが移行しようとしている。ただし開発は容易ではない。例えば、「手」は紙のページをめくる繊細さ、一定の重さのものを傷つけずに運ぶ力加減、熱いものを触ったら引っ込める察知力、かゆいところを丁度いい具合にポリポリと掻くなど、複雑な機能の連動を5本指で処理できる。

■日本は「手」の開発で世界をリードできる

そんな超高性能ツールを人工的につくりだすのは、莫大な予算と人材と施設が必要だ。

そこまで高性能でなくても、世界とのインタラクションをある程度までクリアできる「手」の創造は、いち早く実現させねばならない。

日本のAI研究のトップランナーのひとり、東京大学大学院特任准教授の松尾豊さんによれば、世界中のロボット研究者たちも、「手」の開発に着目しているけれど、進展は鈍いそうだ。特に欧米では宗教的な問題で、人間に寄せた形状のロボットをつくることに、いまでも抵抗があるという。

その点、日本なら問題はない。多くのロボット研究の書物で語られているように、『鉄腕アトム』『サイボーグ009』『ドラえもん』など戦後のSFコミックの浸透で、ロボットへの親和性が世界一高いと言える。

世界のなかでも際だって、ビジネスや生活に、ロボットを立ち入らせることに抵抗が薄い国民性だ。精巧で人間そっくりの「手」を、たやすくロボットにくっつけられると思う。

ビジネス的な観点から見ても、「手」の開発においては、日本が世界のどこよりもリードを取れるチャンスは大きい。

「GAFA(G=グーグル、A=アップル、F=フェイスブック、A=アマゾン)」によって牛耳られたテクノロジーの世界地図を、塗り替えることすらできるかもしれないキーテクノロジーであるはずだ。

■「手づかみ」のデータがAIの進化を後押し

文字どおり手づかみの膨大なデータは、AIの進化を大きく後押しするだろう。

私たちはみんな、生まれたときから、「手」で触り、知識を蓄え、成長してきた。AIを、ヒトへ近づけるというなら、同じ順序の成長を課していかねばいけない。ヒトへの進化に、近道はないのだ。リアルの世界に出て、痛みを得たり「手」を汚したりしなければ、大事なことはつかめない。その真理はビジネスと似ている。

今後、AIをより人間に役立つものにするためには、AIとリアル社会とのインタラクションが何より重要になる。インタラクションをバーチャルな世界で行わせる研究も進んでいるが、リアル社会と行った方が、進化は速いと考えられる。性能が高まるという意味ではなく、人間のやっていること、やりたいことにより近づけるという点においてだ。

その結果、より人間に役立つ「AIロボット」の開発にもつながる。AIの身体性の課題が解決され、研究が進めば、AI自身が進化するだけでなく、身体性を備えたAIロボットの開発も本格的に進むだろう。

■面倒な家事は全部AIロボットに任せたらいい

「手」を自由に使えるロボットが現れたら、本当に便利になる。

家の片づけをしてくれると、すごくありがたい。散らかした後の片づけというのは、人間の作業のなかで、かなりストレス上位にある。料理ロボットや大工ロボットより、片づけロボットの方が、格段に需要は高いだろう。

本を拾って元の本棚に戻したり、脱ぎ散らかした服を畳んでクローゼットにしまったり、食べ残しをゴミ箱に分別して捨てたりするなどの「手作業」は、いまのAIロボットには、まだまだできない。

しかし、こうした面倒な仕事や家事は、人間が一番ロボットに代替させたい仕事だ。需要が高ければ、予算をかけた研究開発が進み、多くの企業も参入していく。開発は急ピッチで進むだろう。

身近な例で言えば、全自動衣類折り畳み機「laundroid(ランドロイド)」が注目を集めている。家事のなかで、洗濯物を畳むことほど面倒なことはない。畳み方なんてすべてパターンだから、ディープラーニングで簡単に解けるし、ロボットの方が人間よりもきれいに早く、衣類を畳める。そういう面倒な家事は、全部AIロボットに任せてしまったらいいのだ。

あわせて読みたい

「ロボット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    和田政宗氏 文春記事に抗戦宣言

    和田政宗

  2. 2

    堀江氏「ヤクザはグイグイくる」

    NEWSポストセブン

  3. 3

    山本太郎氏の演説は人を酔わせる

    早川忠孝

  4. 4

    企業の短命化で「高学歴」が仇に

    内藤忍

  5. 5

    安住アナ異例の昇進 独立阻止か

    NEWSポストセブン

  6. 6

    橋下氏がネット番組批判「虚偽」

    橋下徹

  7. 7

    混乱生む安易な被災地支援に警鐘

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    日本と外国 聴こえる音違う理由

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    大人は難しい? 地震時の必要動作

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    三浦瑠麗氏 14歳の性被害を告白

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。