記事

【レギンス論争】

いまアメリカで女性の着るもの、中でもヨガウエアとして人気のレギンスについて論争が起きています。きっかけはぴったりした女性のレギンス姿が4人の息子の目の毒なので女子大生にレギンスの着用をやめてほしいという母親の嘆願。

これに対して女性の自由を奪っているという反発もありますが、心地よいレギンスは普段着やオフィスウエアとしてすっかり市民権を得て、ルルレモンなどのヨガウエア専門店の売り上げが伸びているほか、レギンスを意識したストレッチジーンズの販売拡大によりLevi’sは株式上場にこぎつけたという報道もあります。

[画像をブログで見る]

New York Timesは、It’s Possible Leggings Are the Future. Deal With It(レギンスこそ未来を象徴するものかも。その覚悟を持て)の中で、先月、4人の息子の母親であるMaryann Whiteが女子大生に対してレギンスを着用しないよう、中西部インディアナ州のノートルダム大学と近くの女子大の学内新聞に呼び掛けたことを伝えています。

母親はレギンス姿の女性を見ると男性は行動を抑えられないとしていますが、女性の側に責任があるような示唆洋服を検閲するような要請に反発が広がりました。むしろ、全米の女性が支持のためレギンスをはいた姿をSNSで投稿。

ミニスカートやジーンズと同様にカルチャーになっているとして、女性の体と衣服に関心が高まっているとしています。

レギンスは、カジュアルフライデーをきっかけに広がり、最近はヨガなど健康志向の高い人の間で定着しているだけでなく、若い世代ではジーンズと同じくらい、何も考えずにはくものだということです。

ヨガウエア専門店のルルレモンジーンズメーカーのLevi’sでストレッチ素材の販売が伸びていることを踏まえると「レギンスは当面なくならない。ノートルダム大学の一件で広がった女性の反発は、偶然ではなく前兆と見るべきだろう」と締めくくっています。

WSJルルレモンが直近の決算で売上高が増加し、同じ店舗での比較で16%伸び、株価を押し上げたと報じています。

カナダ発祥のルルレモンは女性向けのレギンスなど「アスレジャー(アスレチック+レジャー)」の先駆者で最近は男性ものにも進出。男性向けが中心のナイキの市場を侵食し、決算が市場予想を下回ったナイキとの違いが際立っているとしています。

Forbesは、先月、株式市場に再上場したLevi Strausについて、女性ものの売り上げが29%伸びており、2015年に履き心地のよい、ストレッチ素材のレギンスふうジーンズを販売するなど抜本的に改革したことが背景だと解説しています。

これはLululemonやAthletaといったアスレジャー企業のレギンスがジーンズ市場を侵食していたためで、逆にそこに活路を見出したということです。

あわせて読みたい

「ファッション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    3密で限界 コールセンターの激務

    松崎りえこ

  2. 2

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

  3. 3

    TBSが失言 パチンコ団体に謝罪

    木曽崇

  4. 4

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  5. 5

    米倉涼子「ドクターX」を降板か

    女性自身

  6. 6

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  7. 7

    文春の名前出さぬ日テレに疑問

    水島宏明

  8. 8

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  9. 9

    吉村知事は野球大会を開催すべき

    赤木智弘

  10. 10

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。