記事

『ロケット・ササキ』外伝(2)「MOS-LSI電卓」を作った「吉田幸弘」 - 大西康之

1/2

 吉田幸弘は中学、高校時代に腎臓病を患い、社会人になるまで治療を受け続けた。スポーツはからっきしで、国語や社会の授業は苦痛で仕方なかったが、数学には特異な才能を見せた。高校生の頃には独学で大学レベルの高等数学をマスターし、教師を驚かせた。必然的に、大学は数学と物理で受験できる同志社大学の工学部を選んだ。

「少し変わっているが、頭は飛び切りいい」


 大学では論理数学を専攻し、当時最先端だった「多値論理」にハマった。このころの同志社では、京都大学の教授を退官した電子材料研究の大家・阿部清が工学部の教授をしていた。阿部は、日本でいち早く金属材料に代わる半導体材料としてシリコン樹脂の重要性に気づいた研究者であり、日本の半導体産業の黎明期に大きな足跡を残している。

 阿部が京大の教授だった時の教え子の1人が佐々木正である。佐々木は第2次世界大戦が始まる直前、京大在学中に逓信省の研究所に引き抜かれ、電話用の真空管の開発に携わり、軍の命令で真空管を製造する川西機械製作所(後の神戸工業)で働いた。

 戦後、神戸工業の取締役になった佐々木は、業績悪化の責任を取って同社を辞め、研究者として母校の京大に戻るつもりだった。それを強引に引き抜いたのが早川電機工業(現シャープ)の創業者、早川徳次だった。

 1964年に早川電機に入社し、「コンピューター、半導体をやってくれ」と早川に頼まれた佐々木は、同志社で教鞭を取っていた恩師の阿部に「コンピューターをやりたいのだが、いい学生はいないか」と相談した。阿部が「少し変わっているが、頭は飛び切りいい」と紹介したのが吉田だった。

 「飛び切り頭のいい」吉田は、日立製作所や関西電力からも内定をもらっていた。しかし、長男なので大阪を離れるわけにはいかず、日立は断念。関西電力は電柱を登る研修で嫌になった。

 早川電機は当時、労働争議で揺れており株価は56円。「いつ潰れてもおかしくない」と言われていたが、「少し変わっている」吉田は、「コンピューターがやれるならどこでもいいです」と阿部に勧められるまま、早川電機に入社した。1956年のことである。

 そのころ、早川電機は真空管の代わりにトランジスタを使った「電卓」を開発していたが、重さ50キロを超える代物で「卓上」と呼ぶにはあまりに大きかった。小型化するにはトランジスタの集積度をあげてIC(集積回路)からLSI(大規模集積回路)にするしかない。

シンプルで美しい公式は「正しい」

 1966年のある日、電卓を開発している第6研究室の責任者、浅田篤が技術者を集めて言った。

 「うちはこれからLSIをやる。しかもドクター(シャープ社内では佐々木のことを「ドクター」と呼んでいた)は『MOS(金属酸化膜半導体)で行く』と言っている。相当、難しい開発になると思うが、我こそはという者はおらんか」

 部屋はシーンと静まり返った。

 当時のトランジスタはバイポーラ型が主流だった。バイポーラ型ICは構造が複雑なため、これ以上、集積度をあげるのは難しい。そこで構造が単純で集積度をあげやすいMOSに注目が集まった。

 その名の通り、シリコンウエハーの上に金属酸化膜で回路を焼き付けるMOSは、とにかく性能が安定しない。環境によってどんどん特性が変わるため、半導体研究の第一人者である大学教授でさえ、「ローレライの魔女」と呼んで恐れる代物だった。100個作って使えるチップが数個という惨状で、「量産は無理」と言われていた。佐々木はそのMOSを民生品の電卓で使うと言い出したのだ。

 (いくらドクターの指示でも、MOSはダメだ)

 普段は勇ましい第6研究室の強者どもも、この時ばかりはみな、黙って俯いている。

 (まあ、そうだよな。俺だってやりたくない)

 そう思って浅田が技術者たちを見渡していると、隅っこの方で小さく手を挙げている男がいる。吉田だった。

 「吉田か。君、本当にMOSをやりたいのか」

 「はい」

 数学屋の吉田はMOSの構造のシンプルさを「美しい」と感じていた。数学の世界において、シンプルで美しい公式は多くの場合「正しい」。技術者たちが恐れた歩留まりの低さも、生産現場を知らない吉田にはあまりピンとこなかった。

 「君、入社何年目だ」

 「今年から2年目になります」

 「そうか」

 浅田の頭に浮かんだのは「駄目で元々」という言葉だった。エース級の技術者を貼り付けてモノにならなければ、第6研究室にとって大きな損失だが、2年目の吉田をMOSに貼り付けてもダメージは少ない。

 「そんなら、君がやってみるか」

 こうして吉田とMOSとの格闘が始まった。

あわせて読みたい

「シャープ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相は潔白証明に明細書示せ

    大串博志

  2. 2

    代役は川口春奈「別に」の過去

    女性自身

  3. 3

    宗男氏 前夜祭巡りホテルに確認

    鈴木宗男

  4. 4

    現金ばかり 日本と変わらぬ台湾

    川北英隆

  5. 5

    音喜多氏の入党で一皮剥けた維新

    早川忠孝

  6. 6

    国内に虚勢張る韓国 外交で難点

    NEWSポストセブン

  7. 7

    前夜祭の寿司 提供元をめぐる謎

    文春オンライン

  8. 8

    産婦人科は奴隷労働? 無知な市民

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    中国より台湾 ツバル外相が表明

    ロイター

  10. 10

    韓国人旅行者65%減で地方に痛手

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。