記事

働こう改革だろう!

国は、働き方改革を進めている。 過重労働や過労死を防ぐということだが、ちょっとやり過ぎの感がある。 今年のゴールデンウィークの10連休も含め、こんなにも休め休めで果たしていいのだろうか。

思い起こすに、1980年代からずっと日本は国を挙げて「働きすぎだ、休め休め」を唱えている。たしかに、当時は世界の一部でエコノミックアニマルと揶揄されたこともある。

しかし、勤勉でまじめに働く日本人の美徳に対し、世界から羨望のまなざしを受けていたのも事実。

それなのに、日本は役所を中心にして、働くな休みを取れの一本やり。 その政策で企業経営を締め付けてくる。働かない社員をクビにもできない。 労働裁判に訴えられたら、会社側はまず勝てないといわれている。マスコミも、サービス残業だ、ブラック企業だと、その方向からばかり騒ぎ立てる。

こんな風潮で、日本の将来は大丈夫なのだろうか? もちろん、労働者の健康や家庭への配慮は欠かせない。

しかしながら、国民が働かなくなって栄えた国など、世界の歴史のどこにもない。大体からして、なにもかも国が一律に定める必要などない。 働き方など、個人の自由でいい。のんびりしたい人は、のんびり働けばいい。 働きたい人は、好きなだけ働けばいいのだ。はっきりしているのは、このままいくと働かないというよりも、働けない日本人ばかりとなってしまう恐れ十分。

多くの企業が4月から新入社員を迎えている。 その新人たちに、しっかりした社会人教育をしてあげたい。なかでも、働くことの素晴らしさを学んでもらいたいものだ。 給料などをはるかに超えた価値も多々ある。

あわせて読みたい

「働き方改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  5. 5

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  6. 6

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  7. 7

    ガソリン車新車販売 禁止へ調整

    ロイター

  8. 8

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

  9. 9

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  10. 10

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。