記事

「住」だって自分好みに!

1/2

先週、出版されたリノベ体験記に関して、多くの方からポジティブなフィードバックをいただきました。


徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと
posted with amazlet at 19.04.08
ちきりん
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 19
Amazon.co.jpで詳細を見る

→ Kindle版
→ 楽天ブックス

特に嬉しいのは、
・リノベ業界で働いている方、関係者の方から「業界人必読!」とか「お客さんにも勧めたい」とおっしゃっていただけたこと

・リノベに関心のない方からは「これは仕事術の本」「大きな予算を伴うプロジェクトの進め方についての示唆に富んでる」と言われ、この本がリノベ本の顔をした「隠れビジネス本」だと理解されたこと

・「等価値交換取引と共同プロジェクト型取引」という、この本の骨格となる考え方の重要性が理解されたこと

・大がかりなリノベではなく、「生活動線に合わせてモノや家具を配置するだけでも、生活の生産性が大幅に向上する」と、多くの方が気づいてくださったこと。

などなど。いずれも、本の企画を始めたときから念頭においていた「リノベノウハウ本としてだけでなく、こういう目的を達成したい」と考えていた目的そのものなので、その意図をしっかり読み解いてくださった読者のみなさんに、本当に感謝しています。

さて!

今日はリノベの関連トピックとして、「住」の現在位置とこれからの課題について書いておきたいと思います。

よく「衣食住」と言いますが、このうち衣と食については、個々人の嗜好に合わせた多様化が高いレベルで実現しています。

「とにかく肉!」な人もいれば、ベジタリアンやビーガンの人もいる――食に関しては180度異なる食事もごく普通に選べるのが今の日本です。

衣に関しても同じです。以前は「働くならビジネススーツ」でしたが、今はスーツを着ない仕事だっていくらでもあるし、女性であっても「一生、スカートもハイヒールも着る気(履く気)ないです」が許されるようになりました。

みんな自分の好みに合わせ、それぞれが「かっこいい」「心地よい」と思える服を選べる時代です。

そんな中、「住」に関しては未だ画一的な箱モノに、人間のほうが合わせなくてはならない状態が続いています。

若干、バリエーションが出てきたのは単身の若者向け住居で、シェアハウスや極小賃貸、デザイナーズ物件といった選択肢もでてきましたが、

まだまだ一般的に賃貸に供されているアパートやマンションの間取りは、1DK, 2LDKなど極めて限定的です。

もっとも画一的なのが新築マンションで、間取りはもちろん内装までほとんど同じ。

最近増えている「リノベ済みの中古マンション」だって、よく見れば似通った内装デザインばかりで、おしゃれではあるけれど、画一性という観点では新築マンションと変わりません。

なんで「住」だけは、こんなに画一的なモノしか手に入らないのか?

理由は簡単。

「高いから」です。

食事は安ければ千円以下、洋服だってせいぜい数千円から数万円。それなのに自分オリジナルな住まいを手に入れようとすると、

「まず不動産を買ってください」と言われ、数千万円の出費を余儀なくされます。

そうなると数十年に渡るローンを組む必要に迫られ、「自分好みの「住」を手に入れるため、人生を縛るような借金までする必要があるのか?」という重い決断を迫られる。

これでは「しゃーない。住に自分のほうを合わせるか・・・」と諦めてしまうのも当然。

でも!

リノベだけならせいぜい数百万円なんです。DIY的な改修やリフォームなら、100万円ほどでもかなりのコトができる。

それくらいの額なら(日々使い、かつ 10年以上の効果があるものなのだから)お金をかけてでも「入れ物=住のほうを、自分に合わせて変えたい!」と考える人はいるはずです。

そう考えると、やっぱ「賃貸でもリノベやリフォームができるようになる」というのが理想的な解決の方向なんだよね。

あわせて読みたい

「リフォーム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    幻冬舎問題 出版社は不要な存在

    かさこ

  2. 2

    池袋事故で20年前の職場晒す悪意

    tokyo editor

  3. 3

    磯野貴理子の離婚理由に同情の声

    女性自身

  4. 4

    言論の自由訴える丸山議員は無知

    赤木智弘

  5. 5

    保護者席に広末涼子 会場は騒然

    NEWSポストセブン

  6. 6

    戦争発言 元官僚の厄介な勘違い

    篠田 英朗

  7. 7

    「韓国を相手に」谷川議員に苦言

    大串博志

  8. 8

    不登校YouTuber炎上は新聞の責任

    NEWSポストセブン

  9. 9

    丸山氏バッシングする野党に疑問

    自由人

  10. 10

    任意の免許返納 行政は反発恐れ?

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。