記事

橋下徹"なぜ大阪維新はこんなに強いのか"

1/2

「大阪都構想」の実現を掲げる地域政党・大阪維新の会は大阪府政・大阪市政における政権与党だが、従来の既得権者やメディアからの反発はいまも根強い。その中で4月7日に投開票が行われた「大阪ダブル・クロス選挙」では、事前予想を上回る圧勝を飾った。なぜ大阪維新は強いのか。同党の創設者である橋下徹氏が一部想像を交えつつ、内幕を明かす。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(4月9日配信)から抜粋記事をお届けします――。

大阪ダブル選挙で当選確実となり、握手する地域政党「大阪維新の会」の松井一郎氏(左)と吉村洋文氏=2019年4月7日午後、大阪市中央区(写真=時事通信フォト)

(略)

組織マネジメントの要諦、これが大阪維新の会「勝利の方程式」だ

蓋を開けてみれば、大阪維新の会の完勝だった。知事、市長の当選のみならず、府議会議員選挙、市議会議員選挙も歴史的な大勝だった。府議会は過半数確保。大阪市議会は単独政党による過半数確保が難しい24(行政区)もの中選挙区において、過半数まであと2議席の圧倒的第一党。堺市議会は全員当選。自民党は歴史的な議席減に陥った。

(略)

この大阪維新の会の選挙の強さは何か。ここには組織マネジメントの要諦が詰まっている。「戦略と実行」。使い古されたキーワードであるが、大阪維新の会はそれを学者のように机上の論としてこねくり回すのではなく、選挙の勝利という目標に向かって実践したのである。そして見事に結果を出した。そこで今回の大阪維新の会の勝利への方程式を、学問的・評論的抽象論ではなく、実例を基にした実践論として解説していきたい。

なお実例を挙げるにあたって、ドキュメントタッチで書いていくが、これは登場人物の心境を推察したり周囲からの情報を収集したりして、あくまでも僕の想像の中でフィクションとして構成したものだとご理解頂きたい。登場人物は皆、政治家たちであり、今回の選挙戦という公共にかかわる事柄について、その戦略を分析・評価するという公益目的で論じる場合には許容される範囲で書いたつもりである。文責は全て僕にある。なお、登場人物の敬称は略します。

あわせて読みたい

「橋下徹」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  3. 3

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  4. 4

    菅首相 SNSでメダリストを祝福も感染爆発には“取材拒否”「総理辞めて」の大合唱

    女性自身

    07月29日 14:00

  5. 5

    太陽光発電を推進することは、国家安全保障上危険

    赤池 まさあき

    07月29日 10:12

  6. 6

    部下に怖いと思われるのは、「等身大の自分」を分かち合えていないから

    サイボウズ式

    07月29日 17:00

  7. 7

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  8. 8

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  9. 9

    集団免疫得られるワクチン接種率、70%程度では難しい=尾身会長

    ロイター

    07月29日 12:55

  10. 10

    日本人の幸福度増加のピークは「年収1100万円」

    内藤忍

    07月29日 12:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。