記事

小池百合子都知事の最側近に「年収1400万円天下り」を直撃

小池都知事には「天下りではないか」との批判があがった(時事通信フォト)

「都民ファーストの会」が開いた都議選新人向けの研修会で、言葉を交わす小池氏と野田氏(時事通信フォト)

 小池百合子都知事(66)の側近を長年務めた人物の転身を巡って「天下り」という批判が集まっている。小池氏が、野田数・前政務担当特別秘書(45)を都水道局が所管する外郭団体「東京水道サービス」(以下TSS、新宿区)の社長に推薦する意向を示したことがきっかけだった。渦中の野田氏が、取材に応じた。

【写真】小池都知事の側近とされる野田数氏

 TSSは、都民の水がめである浄水場や送水管の管理を担う技術系の企業で、社員は約1500人。都が51%の株式を保有し、社長はこれまで都水道局長経験者の“指定席”だった。今回の人事は、水道局の天下り利権を都知事が“剥奪”したかたちだ。

“身内”を年収1400万円の厚遇ポストにあてがう人事だけに、対立する自民党都連の総務会長、萩生田光一衆院議員(党幹事長代行)は早速、「小池氏がけしからんと言ってきた天下りの極み」と批判した。

 野田氏は衆院議員時代の小池氏の秘書を務めたこともある20年来の側近だ。その後は東村山市議を2期、都議を1期務めた。都議だった2012年には「日本国憲法は無効であり日本帝国憲法が現存する」と提唱する請願に賛成したことが話題になったこともある。

「小池氏の右腕」と呼ばれるようになったきっかけは、小池氏が当選した2016年の都知事選だった。2013年の都議選で再選を逃し浪人中だった野田氏は、小池陣営の選挙対策本部を取り仕切る。さらに翌2017年の都議選では小池氏が率いる都民ファーストの会を大勝に導いた。

 それだけに、小池氏の信頼は厚い。TSS社長の人選の理由を問われた小池氏が、「新しい水道を作っていくための、これまでとは違う流れの人。天下りというジャンルには入らない」と反論した言葉には、自分が主導する改革のためには当然だという主張がにじむ。

◆“門外漢”の野田氏に「水道改革」は務まるのか?

 この人事が孕むもう1つの問題は、野田氏が変革の渦中にあるTSSの舵取り役として適任か、というものである。

 今年1月、小池氏肝いりの都政改革本部は、TSSと料金収受業務を担う別の外郭団体「PUC」を2019年度中に統合する方針を打ち出した。水道局OBが語る。

「技術系のTSSと営業系のPUCを統合すれば、水道事業を丸々運営する体制が整います。職員の減少や高齢化で先行きの見えない地方の水道事業に貢献しやすくなるし、国際展開にも弾みがつく。以前からこうした体制づくりに向け準備を進めてはいたのですが、小池知事の指示で、大幅に前倒しすることになったのです」

 小池氏がこの案件に飛びついた背景に、昨年末に成立した改正水道法がある。

 改正法は、全国の市町村で経営危機にある水道事業の受け皿になるよう、企業に運営を任せやすくする仕組みを取り入れた。公共施設の所有権は自治体に残したまま、運営権を民間企業に委ねるやり方は「コンセッション方式」とも呼ばれる。

 老朽化が進む浄水場や管路の改修は待ったなしのなか、生活に密着した上水道を外資や民間企業が請け負うことには住民の抵抗感が強い。そこに人材やノウハウを持った「東京都の水道会社」が登場すれば、全国の水道事業の“救世主”となる可能性を秘めている。

 だが、改革のハードルは高い。TSSの元締めとなる東京都水道局は、“水道一家”と称されるほど結束が強い組織だ。とりっぱぐれのない水道料金で安定経営を続けるなか、数年前まで局長ポストをプロパー出身者が独占し続けてきた。

 通常、環境局や建設局など30近くある都庁の局のほとんどで様々な部局を経験した幹部が局長に充てられる慣例を考えれば、異色の組織といっていい。

 こうした組織体質が負の方向に働いたことは否定できない。昨年10月、水道局発注の浄水場業務をめぐって談合を繰り返したとして、公正取引委員会が都と業者に立ち入り検査に入った。さらに都の内部調査では、都の係長が予定価格に関する情報を漏らしていたことも判明した。

 TSSの改革方針を記した2月の特別監察報告書は、外部人材の登用を掲げていた。具体的には「内部統制に関する専門性や知見を有して」いたり、「民間企業等で内部統制に関する実務経験がある」人材を例として記していた。

 だが、小池氏が推薦する野田氏には、企業経営の経験もなく、水道の専門家でもない。

 コンセッション方式は行政運営と企業経営の両にらみの舵取りが問われる難しい仕事だ。さらにTSSの社内改革も、企業統合もある。3つを同時進行させ1年で成果を得るためには会社や都庁の内外から多くの協力が不可欠で、知事の権力を振りかざして野田氏を就任させても、成功の保証はない。

◆野田氏は「(小池氏とは)しっかり連携しています」

 そんな難しいポストに小池氏が野田氏を推薦した背景には、野田氏に天下り先を用意するという見方のほかに、別の思惑があったとも囁かれる。

「2017年の衆院選で小池氏の国政進出に最後まで反対したのが野田氏でした。これを機に対立は大きくなっていき、最近では都庁にあまり姿を見せなくなっていた。小池さんは、野田氏の処遇をどうするか悩んでいたようだ。

 ただ、小池さんの表も裏も知る野田氏を一方的に切り捨てるわけにもいかない。そこで目をつけたのがTSSの社長ポスト。目の前の“締め切り(TSSとPUCの統合)”に追われるし、改革が頓挫しても野田自身の責任にできる」(都民ファーストの会関係者)

 実際のところはどうなのか、筆者は野田氏に連絡を取った。

──TSSの社長に推薦された。
「私は今、就任もしていないので、お話をできるような状況ではありません。しかるべき時に改めてお話ししたいのですが」

──株主総会はいつ?
「私は“まな板の上の鯉”の状態なので、申し上げられない」

──TSSは専門性の高い企業ですが、野田さんは門外漢なのではとの指摘もある。
「私は申し上げづらいところです。ただ、あえていえば私は、3年近く特別秘書職を務めてきました。それが関連するところがあると都は判断されたのだろうとは思う。はっきりとはわかりませんが」

──会社統合も控え、この1年は難しい舵取りを迫られる。
「就任前なのでコメントは控えさせてください」

──自民党から「天下りではないか」との批判もある。
「それについてもまあ、私はまな板の上の鯉ですから(笑い)」

──昨年来、小池さんとの間で隙間風が吹いていると見る関係者もいる。
「いろいろな噂は立ちがちですが、しっかり連携していますので。小池知事とはもう20数年と長い人間関係があります。その間にはいろいろなものがありますよ。今後もしっかり連携してやっていくということで間違いありません」

〈人のお世話にならぬよう、人のお世話をするよう、そして報いを求めぬよう〉

 3年前、都知事就任時の所信表明で、小池氏は約100年前の東京市長、後藤新平が残した言葉を引用した。

 都民の財産を自らの“報い”につなげてはいけないと誓った言葉は、都議会自民党の“古い都政”への痛烈なアンチテーゼだった。この言葉は今、小池氏に突きつけられている。

 側近人事が都民や国民に報いる改革につながるか、小池ファーストに終わるのか。1年後にははっきりするはずだ。

◆取材・文/広野真嗣(ジャーナリスト)

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工問題 韓国批判しない朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    田口容疑者 小嶺に誘われ大麻か

    渡邉裕二

  3. 3

    電子決済に逆行 現金化する日本

    木村正人

  4. 4

    堀江氏が村上世彰氏を痛烈に批判

    女性自身

  5. 5

    早朝4時に吉野家 離れられぬ東京

    内藤忍

  6. 6

    西内まりやを巻き込んだ巨額詐欺

    NEWSポストセブン

  7. 7

    小嶺麗奈「少し浮いてた」の声も

    女性自身

  8. 8

    慰安婦映画への陳腐な批判に呆れ

    古谷経衡

  9. 9

    おじさんが女の子の匂いを再現

    Dain

  10. 10

    HUAWEI排除 米が韓国に再三要請

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。