記事

新1万円札発表で渋沢栄一の代表作『論語と算盤』が緊急重版 書店から注文殺到

画像はプレスリリースより
画像はプレスリリースより

KADOKAWAは4月9日、新紙幣のデザイン発表に伴い、1万円札に起用される渋沢栄一関連の書籍2冊を緊急重版すると発表した。重版されるのは、渋沢栄一が書いた『論語と算盤』と、渋沢氏の後進育成に主眼を置いた談話をまとめた『渋沢百訓 論語・人生・経営』。

リリースによると、いずれも新紙幣の発表を受け、書店から注文が相次いでいるという。『論語と算盤』は9日午前11時時点で1万部を重版予定だ。

中日・根尾昴選手の愛読書としても知られる


渋沢栄一は第一国立銀行や東京証券取引所など500社以上の企業育成に携わるなど、その功績から「近代資本主義の父」とも呼ばれる。『論語と算盤』は1916年に発表された著書で、「道徳経済合一説」を唱え、倫理と利益の両立を主張するなど、渋沢の代表作として知られている。

同書のビジネス書としての人気はこれまでも高かった。昨年のドラフトで1位指名の根尾昴選手(当時は大阪桐蔭高校、現在は中日)が愛読書として紹介した際にも注目されていた。

KADOKAWAの編集部では新紙幣の発表直後、2冊の需要増を予想し重版に備えた。正確な数は把握していないが、今ある在庫では足りない量の注文が来ているという。

担当者によると、『論語と算盤』と同じく重版が決まった『渋沢百訓』もお勧めだが、同時代の別人物の作品としては福沢諭吉の自伝『福翁自伝』も勧めたいそうだ。福沢諭吉は現行の1万円札に描かれているが、変更を受け、福沢の1万円札は今後製造が停止される。担当者は「日本の夜明けを作った2人なので、読み比べると面白いかも」とのことだった。

あわせて読みたい

「日本銀行券」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎晩の営み要求に外国人若妻嘆き

    幻冬舎plus

  2. 2

    バレてる? ポルノサイト閲覧記録

    島田範正

  3. 3

    香港デモの対応に困り果てる中国

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    香港巡り日本が中国に絶妙な指摘

    やまもといちろう

  5. 5

    進次郎氏「デキ婚」に伯母が激怒

    SmartFLASH

  6. 6

    五輪招致で大見得を切ったツケ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    水道民営化=値上げ?誤解誘う投稿

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    日米軍事演習 韓国を脅威設定に

    文春オンライン

  9. 9

    日本中があおり運転に激怒する訳

    PRESIDENT Online

  10. 10

    反日精神を批判する韓国の講義

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。