記事

新1万円札発表で渋沢栄一の代表作『論語と算盤』が緊急重版 書店から注文殺到

画像はプレスリリースより
画像はプレスリリースより

KADOKAWAは4月9日、新紙幣のデザイン発表に伴い、1万円札に起用される渋沢栄一関連の書籍2冊を緊急重版すると発表した。重版されるのは、渋沢栄一が書いた『論語と算盤』と、渋沢氏の後進育成に主眼を置いた談話をまとめた『渋沢百訓 論語・人生・経営』。

リリースによると、いずれも新紙幣の発表を受け、書店から注文が相次いでいるという。『論語と算盤』は9日午前11時時点で1万部を重版予定だ。

中日・根尾昴選手の愛読書としても知られる


渋沢栄一は第一国立銀行や東京証券取引所など500社以上の企業育成に携わるなど、その功績から「近代資本主義の父」とも呼ばれる。『論語と算盤』は1916年に発表された著書で、「道徳経済合一説」を唱え、倫理と利益の両立を主張するなど、渋沢の代表作として知られている。

同書のビジネス書としての人気はこれまでも高かった。昨年のドラフトで1位指名の根尾昴選手(当時は大阪桐蔭高校、現在は中日)が愛読書として紹介した際にも注目されていた。

KADOKAWAの編集部では新紙幣の発表直後、2冊の需要増を予想し重版に備えた。正確な数は把握していないが、今ある在庫では足りない量の注文が来ているという。

担当者によると、『論語と算盤』と同じく重版が決まった『渋沢百訓』もお勧めだが、同時代の別人物の作品としては福沢諭吉の自伝『福翁自伝』も勧めたいそうだ。福沢諭吉は現行の1万円札に描かれているが、変更を受け、福沢の1万円札は今後製造が停止される。担当者は「日本の夜明けを作った2人なので、読み比べると面白いかも」とのことだった。

あわせて読みたい

「日本銀行券」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    コロナ対策 順調なフリが1番悪い

    岩田健太郎

  6. 6

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  7. 7

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  8. 8

    東京マラソンは中止決断が最善手

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  10. 10

    優秀な女性流出に危機感ない日本

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。