記事

ジョンソン前英外相、不動産持分の申告遅れを監視機関が指摘


[ロンドン 8日 ロイター] - ジョンソン前英外相が、期限内に個人所得の申告を怠ったとして英国議会の監視機関から批判を受けたことが分かった。過去5カ月で2度目となる。

同機関は、ジョンソン氏が家賃収入を得ているイングランド西部サマセットの不動産の持分20%の登録が1年以上遅れていたことを確認した。

ジョンソン氏は昨年12月にも、著書から得たロイヤルティー収入の申告を怠ったことを巡り謝罪している。

同機関はジョンソン氏の行動について「敬意に欠く」、「規則順守に無頓着過ぎる」などと批判。議会のシニアメンバーに求められる「リーダーシップを示していない」と指摘した。

ジョンソン氏はメイ首相に代わる保守党党首の候補と目されている。

ジョンソン氏のオフィスは現時点でコメント要請に応じていない。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  5. 5

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  7. 7

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  8. 8

    学術会議の反軍事声明は偽善的

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  10. 10

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。