記事

サウジアラムコ債に応募殺到、600億ドル突破か 150億ドル発行も


[ドバイ/リヤド/ニューヨーク 8日 ロイター/IFR] - サウジアラビア国営石油会社、サウジアラムコの国際資本市場初の起債で、購入希望額が600億ドルを上回った。IFRが投資家4人の話として明らかにした。

購入希望額が膨れる中、起債額は予想(100億ー150億ドル)の上限近くに達すると見込まれている。

アラムコは年限が3年、5年、10年、20年、30年を起債。当初利回りは米国債利回りにそれぞれ、75ベーシスポイント(bp)、95bp、125bp、160bp、175bp、上乗せした水準とみられている。

モルガン・スタンレーとJPモルガンが共同コーディネーターで、価格は9日に決まる見通しだ。

サウジのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相はリヤドで開催された会合で、アラムコ債の需要が300億ドルを上回っているとの認識を示し、10日に募集を締め切ると述べていた。

昨年、アラムコは新規株式公開(IPO)の予定を2021年に延期した。

フランクリン・テンプルトンのMENA(中東・北アフリカ)株式投資責任者のサラー・シャンマ氏は「この起債の成功は、向こう2年以内に予定するIPOの試金石であり、先駆けとなる」と述べた。

前週、アジア、欧州、米国で投資家向け説明会を行った。

銀行関係者によると、収益率を持つ国営石油企業というアラムコの独特の状況により、同社を政府機関と一般企業のどちらとみなすべきか投資家の間で議論があるという。

フィッチとムーディーズは同社の格付けをA+とA1にそれぞれ設定しており、サウジアラビアのソブリン格付けと同水準。アラムコの収益率を示す数字は、エクソンモービルやシェブロンなどを上回っているものの、格付けは、エクソンモービルのAaa/AA+や、シェブロンのAa2/AAを下回っている。

アラムコがサウジ政府と強い結びつきを持っていることから、アラムコの格付けはサウジの格付けにより圧迫されている、とムーディーズは指摘する。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  5. 5

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  6. 6

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  7. 7

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  8. 8

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  9. 9

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  10. 10

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。