記事

勢力図が変わる要素なし

「求む対立候補!」東京・東村山市長が異例のアピール 無投票に危機感(産経新聞)

 統一地方選として21日投開票で行われる東村山市長選で、現職で4選を目指す渡部尚(たかし)氏(57)が5日、市内で記者会見し、「市が始まって以来の無投票になる恐れが高まっている。われと思わん方に名乗りを上げていただきたい」と、対立候補の出馬を呼びかける異例のアピールを行った。あえて選挙戦を呼びかけた背景には、地方選挙で投票率が低下傾向にある現状や、市政への関心低下に対する危機感があるとしている。

(中略)

 地方政治に詳しい法政大学大学院公共政策研究科の白鳥浩教授の話 「住民の負託を重視し、選挙戦での当選を目指す姿勢は、地方自治の活性化にもつながる。無投票当選は民主主義の観点からみて問題があり、現職であっても正当性の担保は難しくなる。1人しか当選しない首長選で当選するには何らかの政党や団体の支持が不可欠。(国政レベルで)野党の足並みが乱れていることも、候補者が立たない要因になっているのではないか」

 さて先週は無投票の選挙区が全体の4割に上るという話を書きました。そして東村山市長選もまた、無投票となる見込みのようです。出馬する人からすれば楽が出来る展開ではありますが、流石に危機感を覚えたのか現職候補が「市が始まって以来の無投票になる恐れが高まっている。われと思わん方に名乗りを上げていただきたい」と呼びかけていることが伝えられています。

 まぁ対立候補が立たないのですから信任を得たと言えなくもないですが、やはり選挙で勝ったのと無投票で決まったのとでは、重みが違うところもあるでしょうか。そうでなくとも引用の最後で語られているとおり「無投票当選は民主主義の観点からみて問題」には違いありません。政策を競った結果として選ばれるのが本筋であり、「他に候補がいなかったので」決まってしまうようでは、日本社会における民主主義の機能不全を示すばかりです。

 しかし同時に指摘されているように「1人しか当選しない首長選で当選するには何らかの政党や団体の支持が不可欠」というのも事実です。ただ出馬するだけなら供託金の用意だけで済むかも知れませんが、露骨な当て馬では選挙の意味がありません。現職候補にとって多少なりとも手強いと感じさせるだけの候補になるためには、相応の「後ろ盾」も必要でしょう。

 私の住む選挙区でも県議選が行われているわけですが、かろうじて無投票こそ免れたものの、周辺市町村も含め、判で押したように「定数+1」の候補しか出ていないところも多かったりします。誰か一人は脱落するという意味では競争なのかも知れませんけれど、就職なんかに比べれば、その競争率の低さは顕著です。だいたいの人は、当選できるのですから。

 メディア報道では政党党首がアレコレと訴えてもいますけれど、今回の地方選挙で与野党間のパワーバランスが変わる要素があるようには、どうしても思えなかったりします。無投票選挙区はもちろん、一人しか落ちないような選挙区において、(国政上の)与野党の勢力図が変わることは、原理的にあり得ないわけです。自由民主と立憲民主、国民民主のプロレスごっこは続いても、その結果は決まり切ったものではないでしょうか。

 現状のバランスを維持したい与党系が目立ったアクションを起こさないのは、致し方ないことです。しかし報道陣の前で猛々しく与党を非難する(自称含む)野党が、与野党のパワーバランスを逆転できるだけの候補を立てようとしていないとしたら、それはどう受け止められるべきでしょう。口先では安倍政権を批判しても、対立候補を立てないのでは、単なるパフォーマンスとしか言えません。

 今回の東村山市の場合もしかり、現職の市長を批判している人はいると思われますが、その声を掬い上げるべく対立候補を擁立しようとする野党は、存在していないわけです。こうなるともう、与党がどうこう以前に「野党が野党としての役割を果たせなくなっている」ことがわかります。野党支持層の中には良く「アベ一強政治」などと言う人もいますけれど、野党側の圧倒的な弱さの方に、より深刻な問題があるような気がしますね。

あわせて読みたい

「統一地方選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山中教授が「被害者」になる日本

    やまもといちろう

  2. 2

    神奈川HDD流出 社長辞任させるな

    山口利昭

  3. 3

    糖質制限を覆す研究 Nスぺに驚き

    NEWSポストセブン

  4. 4

    支持率に影響出ない桜見る会問題

    非国民通信

  5. 5

    行き詰まる韓国 中国に寝返るか

    ヒロ

  6. 6

    グレタさんCOP25で西側政府糾弾

    ロイター

  7. 7

    麻生大臣が「安倍4選」に初言及

    文春オンライン

  8. 8

    悠仁さま後見役はなぜ佳子さまか

    女性自身

  9. 9

    読解力低下 背景にスマホ普及か

    幻冬舎plus

  10. 10

    元楽天・一場 自己破産していた

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。