記事

結婚したり出産したら夢をあきらめなきゃいけないというウソ

結婚や出産をしたら自分のしたいことをあきらめなきゃいけないという考えが嫌い。

本当にそうなのだろうか?もちろん独身で自由の身とは違い様々な責任や役割が発生する。特に女性は負担が大きく「子どもがいるからできない」という人は結構多い。

でもどうだろう?子どもが何人いようが家事や育児をしながら好きなことややりたいことを楽しくしている人たちもいる。

実際に塾生でも何人かいるんです。今までママだから自由にしたいことなんてできないと思っていた。

でもこんなことしたいって正直に旦那さんに話してみたらいいよって言われたとか。「えっいいの?!」みたいな。

思い込んでいる人が多いんです。言う前にダメだとあきらめている人。やる前から無理だとあきらめている人。でも言ってみたらしたいことができちゃったって結構ある。

私は27歳の時に結婚したんだけどその時、フリーランスのクリエイターからこんなことを言われたのを覚えている。「結婚しちゃったら自由に旅行や海外取材なんかいけなくなっちゃうんじゃない?クリエイターとしてどうなの?」みたいな。でも実際にはそんなことはなかった。

もちろん独り身の方がどんな人も自由がきくだろう。でも結婚したら、子どもが生まれたらすべての夢をあきらめなきゃいけないなんてそんなことはない。

本気でやりたいことがある人は本気で好きなことがある人は子どもがいようが結婚しようがちゃんとうまくやりくりしてしたいことを確実にやってる。

そもそも結婚する段階や出産の段階でそうしたことも含めて考えているからだと思う。

したいことができるパートナーなのか。今、産んでも大丈夫なのか。子どもがいても時々みてもらえる人なりを確保できるように事前にしておくとかそういうことを考えている。

もちろん結婚や出産は予定通りにはいかない。でもなーんも考えずただ勢いで結婚したり出産してそれであわてて困って好きなことができないって騒いでもそりゃそうだろうとも思う。

何かを得るためには何かを失わなきゃいけないというもっともらしい論があるけど私そんなことないと思う。

むしろダメな人生送っている人って失っているものだらけ。で、うまくいっている人ってあれもこれも手に入れている。

子どもを得たら夢をあきらめなきゃいけないとかそんなことはない。いたらいたでできることをすればいい。できるようにすればいい。子どもがいてできないことなら産まなきゃいいわけだし。

子供がいたり結婚したら夢をあきらめなきゃいけないと思い込む前にどうやったら好きなことややりたいことができるか考えればいい。

たいがいできないのはさ本気でしたいことじゃないから。だから周囲の反対で簡単におれちゃうんでしょ。

本気でやりたかったらそんなことであきらめないはず。

だから子どもがいようが結婚しようが夢をあきらめなくてもよいと思う。

*これを読んで「てめえは男だからそんな勝手なこといえるんだよ!女性はそうはいかねえんだよ!」とか思った人は一生そうやって夢をあきらめ何も努力せず他人のせいにしてぐちぐち文句いってるくだらん人生歩んでろ。でもそんな風に思っていると結婚も子育ても人生も何もかもうまくいかなくなるはず。

あわせて読みたい

「女性」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。