記事

"ゴーン対特捜"泥仕合で損するのは検察だ

1/2

■まず双方に「泥仕合にするな」と忠告したい

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン氏(65)がまた、逮捕された。ゴーン氏の逮捕はこれで4度目。東京地検特捜部が保釈された被告を再び逮捕するのは、極めて異例である。

特捜部は4月4日午前6時前、都内のゴーン氏の住居を訪れて任意同行を求めて逮捕した。早朝の任意同行も異例だ。

特捜部は「日産の私物化を裏付けるもので、逮捕して捜査する必要性があると判断した。日産に与えた損害額も考慮した」としている。

ツイッターで記者会見を予告後、弁護士事務所を出た日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告=4月3日、東京都千代田区(写真=AFP/時事通信フォト)

これに対し、ゴーン氏は容疑を全面的に否認し、弁護側は「人質司法だ。痛めつけて検察に有利に運ぼうとしている」と検察の捜査手法を痛烈に批判した。

沙鴎一歩は昨年11月19日にゴーン氏が初めて逮捕されて以来、プレジデントオンラインに記事を書きながら事件の推移を見てきたが、検察とゴーン氏のどちらにも味方するつもりは全くない。それゆえ、まず双方に「泥仕合にするな」と忠告したい。

■逮捕容疑はクルーザー「社長号」への私的流用だ

特捜部の発表などによると、再逮捕の容疑は会社法違反(特別背任)だ。

ゴーン氏は、2015(平成27)年から昨年にかけ、知人の経営するオマーンの販売代理店に巨額な資金を日産から支出させ、その一部を私的流用して日産に損害を与えた会社法(特別背任)の疑いがある。流用したとみられる資金は、計5億6000万円余りだ。

ゴーン氏と長年交際している知人が経営するオマーンの販売代理店に支出された巨額資金の一部が、この代理店のインド人幹部の個人口座を通じてレバノンのペーパーカンパニーに送金された後、一部となる計5億6300万円が、ゴーン氏の妻が代表を務める会社に送金されてクルーザー(「社長号」と命名されていた)の購入資金にあてられた疑いがある。このほか息子が経営するアメリカの投資関連会社側にも流れた疑いがある。

検察は資金の流れが複雑で、しかも海外の複数の会社を経由するなど隠蔽工作が行われていることから時間をかけて捜査を進めてきた。

■「オマーンルート」は実質犯で筋がいい

報酬を有価証券報告書に少なく記載した金融商品取引法違反の罪や、サウジアラビア人の知人に日産の巨額な資金を不正に支出させた特別背任の罪で逮捕起訴され、ゴーン氏は108日間にわたって身柄を拘束された後、保釈金10億円を支払って3月6日に保釈されていた。

ただ、これまでの金融商品取引法違反の罪は形式犯と批判され、特別背任の罪も含み損の問題などをともなうことから公判維持の難しさが指摘されていた。

その意味では今回の「オマーンルート」の特別背任容疑は実質犯であり、資金の流れも具体的に把握できている。捜査的に筋のいい事件だった。特捜部は捜査権の及ばない海外には捜査共助を求めて検事を派遣し、複雑な資金の流れの解明に至った。

■感情的になって攻撃すれば、検察は敗北する

沙鴎一歩は11月19日の最初の逮捕直後から有価証券報告書の不実記載などいう形式犯でなく、実質犯の業務上横領や所得税法違反(脱税)、特別背任の容疑で立件すべきだ、と主張してきた。その通りになったわけだが、あえて検察にこう言いたい。

「罪を憎んで人を憎むな。感情的になってゴーン氏を攻撃すれば、検察は敗北する」

ゴーン氏の一連の事件をめぐっては、裁判所を間に挟んで捜査側と弁護側が激しく対立した結果、事件の流れが二転三転した。

昨年12月10日の金融商品取引法違反容疑での再逮捕の後の12月20日、東京地裁が東京地検特捜部の勾留延長請求を却下すると、特捜部はその翌日にサウジアラビラルートの特別背任容疑での再逮捕に踏み切った。しかし今年3月6日にはゴーン氏の弁護側の機転で保釈され、特捜部は苦汁をなめさせられた。

オマーンルートでの今回の再逮捕は、検察に軍配が上がった。だからといって裁判で判決が下されたわけではない。海外メディアからの「身柄を拘束し続けて自白を強要する人質司法」との批判の声も強い。特捜部がそうした批判に反論するには、公判でゴーン氏の私物化をきちんと立証するしかない。

■「それでも私は闘い続ける。私は無実だ」

容疑を全面否認しているゴーン氏は、これまでのマスコミの取材に「(オマーンの販売代理店に支払われた資金は)日産の部下の要請を受けて長年支払ってきたもので、正当な報奨金だ。クルーザーの購入も日産とは無関係だ」と話していた。

またゴーン氏は、再逮捕される前日の4月3日、フランスのテレビ局のインタビューに対し、弁護士事務所から応じた。

そのインタビューで「90%の確率で逮捕されるだろう。それでも私は闘い続ける。私は無実だ」と繰り返し語っていた。

4度目の逮捕。しかもそれを予測して落ち着き払っていた。ゴーン氏は鉄のように精神力の強い男なのだろう。それだけに検察は彼を恐れているのかもしれない。

ただ、オマーンルートに関しては、仏ルノーからもフランスの捜査当局に対し、不明朗で不審な支出が通報されている。日仏で捜査が進む。

ゴーン氏に私的流用は全くなかったのだろうか。疑問である。少しでもやましいところがあるなら、それをきちんと認めるべきだ。ここまで国際社会を巻き込んだ事件を引き起こしたのだからその責任をとる覚悟は必要である。

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリの余計な演出に興ざめ

    メディアゴン

  2. 2

    ザギトワを追い込んだロシアの闇

    WEDGE Infinity

  3. 3

    無印敗訴 偽物が勝つ中国に懸念

    岩田温

  4. 4

    街宣右翼に山本太郎氏「おいで」

    田中龍作

  5. 5

    よしのり氏 枝野氏は認識が甘い

    小林よしのり

  6. 6

    秋山パロ動画に抗議「侮辱行為」

    水島宏明

  7. 7

    日本の情緒的な石炭維持論は問題

    鈴木馨祐

  8. 8

    日本へ歩み寄る韓国 背景に民意

    NEWSポストセブン

  9. 9

    よしのり氏「化石賞」報道に苦言

    小林よしのり

  10. 10

    LINEに不正アクセス多発 対策は

    田野幸伸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。