記事

スタートアップと大企業の時間感覚の違い。だが巨大企業amazonはもっと凄かったというお話。

友人が日本の大企業の意思決定スピードが遅いというエピソードと共に

こちの記事をシェアしていたので、リンクを辿ってみました。

20%の企業がスタートアップとの案件を締結するのに半年以上かけているという結果が出ています。スタートアップにとっての半年は、大企業にとっての5年くらいの感覚です。これではスタートアップ側にメリットが少なくなってしまいます。

ここで紹介されている「半年」が日本の大企業になった場合に、どのくらいの期間になるのでしょうかね?

先日も紹介した記事ですが、「アマゾンが潜在力1位 潜在的成長機会指数 」という記事を日経が紹介しています。(イノベーション指数、競争力の源を読み解くという記事)

さて、イノベーション指数、競争力で1位に選出されたアマゾンは巨が付く、大企業ではありますが、時間についてどんな考え方をしているのでしょう?

amazonの哲学」という書籍でベゾスのこんなエピソードが紹介されています。

  • 株式公開のため7週間の沈黙期間が必要だった
  • その間ベゾスは取材を受けられない

この状況に対してベゾスは、

7年間も事業を遅らせなければならないなんて、とても信じられない事態です」

こんな発言をしたらしいです(苦笑)

この他にも時間に関する発言として紹介されているのがこちら

「このような環境で20分より先の未来を考え得るなど時間のムダだ」

きっとこのような言葉を紹介すると日本と米国流の違いを持ち出す方がいらっしゃるかと思いますが、米国流が馴染まないという方向けに、日本の経営者のこの言葉を最後に紹介しておきますね。

「いくら良い発明・発見をしても、100万分の1秒遅れたら、発明でも、発見でもない」by 本田宗一郎



P.S.

米国でいま成功を収めている成功者って、日本の戦後復興期の創業者と近いマインドを持っているのか、このエントリ書きながらちょっと気になったり。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウォン売り継続 地獄の韓国経済

    PRESIDENT Online

  3. 3

    自民重鎮 テレ朝・玉川氏に苦言

    深谷隆司

  4. 4

    「モニタリング小泉」議員が皮肉

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    いきステ コスパ重視で復活可能?

    内藤忍

  6. 6

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  7. 7

    電通委託 安倍一強が政治を劣化

    早川忠孝

  8. 8

    「民度違う」麻生氏の発言が物議

    SmartFLASH

  9. 9

    AVからスカウト 嬉しい女性心理

    幻冬舎plus

  10. 10

    給付金事業 経産省が定款準備か

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。