記事

英政府、EU離脱巡る与野党協議での譲歩の可能性示唆


[ロンドン 7日 ロイター] - 英政府は7日、欧州連合(EU)離脱協定案に対する議会の支持を得るため野党・労働党に譲歩する可能性を示唆した。メイ首相は前週、離脱協定案への支持を得るためEUとの将来関係の大枠を示す政治宣言での合意を目指して労働党のコービン党首と協議を始めた。

与野党協議は今のところ成果を生んでおらず、労働党の政策担当幹部らは、政府は関税同盟などを巡る「越えられない一線」から動いていないと指摘した。

こうした中、保守党の離脱支持派であるレッドソム下院院内総務はBBCの番組で「EUを離脱するのであれば、譲歩することが重要だ」と述べ、「最も重要なのは、実際に離脱するということだ」と強調した。

また、メイ首相が提案している離脱後の関税の枠組みは、労働党が求める関税同盟と大きく異なるものではないとの見方を示した。

ドイツのショルツ財務相は英与野党に対し、「政治の麻痺(まひ)を終わらせ、無秩序な離脱を回避するための分別ある合意」を見いだすよう求めた。

もっとも、労働党で産業政策を統括するロングベイリー議員によると、これまでのところ「実質的な変更」はないという。その上で同議員は「両党は、議会が必要としている譲歩案を見いだすため最大限の歩み寄りに向けて懸命に取り組むことにコミットしている」とBBCに対し述べた。

一方、労働党で法政策を統括するチャクラバーティ議員はスカイ・ニュースに対し「総選挙か2度目の国民投票なしに現時点で実質的な前進を遂げることができるとは想像しがたい」との見方を示した。

メイ首相はこれまで、EUの関税同盟に残留すれば他国と自由貿易協定を結ぶことができないとして残留に反対してきた。

首相は新たに投稿したビデオで「政府としては、是が非でもEUを離脱しなければならないと考えている。つまり合意を成立させなければならないということだ」と述べ、与野党協議に踏み切った理由を説明した。

野党に協力を求めたことに対して身内の与党からは反発の声も上がっているが、メイ首相は離脱支持派に対し「膠着が長期化すればするほど離脱が実現しないリスクが高まる」と警告した。

*写真を付けて再送します。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  9. 9

    日本を利用し中国に媚売る文政権

    PRESIDENT Online

  10. 10

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。