記事

購買力平価を知って入れば外貨投資に生かせる?

「購買力平価の考え方を知っていれば外貨投資に生かせる。そのときの為替相場が購買力平価から大きく乖離していた場合、「いずれ為替相場は本来の水準に戻るはず」と考えて投資戦略を立てられる」(7日付日経電子版「高金利外債に潜むリスク 長期で為替差損の傾向」

「インフレ率が高い国の通貨はインフレ格差分だけ減価する」というのは金融の基本。しかし、この基本原則と購買力平価は必ずしも同等ではない。金融業界に購買力平価を信じる人は多いが、個人的には理論の世界のお伽話だと思っている。

それはさておき、問題は購買力平価を信じている人が多い金融業界が、なぜトルコリラやブラジルレアルのリスクを取る通貨選択型投信などというものを大量に販売しているのか、というところ。

個人投資家が通貨選択型投資信託などを購入するのは購買力平価など知らないからだ。そうした人達に、購買力平価を知っている金融業界の人間が投資を勧めていたとしたら問題だ。

一方、購買力平価をよく知らない営業マンが顧客に投資を勧めていたとしても、それはそれで問題。営業マンは一応証券外務員資格を持っているのだから。

要するに、知っていて勧めるのも、知らないで勧めるのも問題だということ。

「購買力平価の考え方を知っていれば外債投資に生かせる」かもしれないが、通貨選択型投資信託の販売には支障にしかならない。

営業マンが知っていれば顧客に損をさせる可能性が高いものを販売するのは憚られるし、顧客が知っていればこんな商品を購入する可能性が下がるからだ。

「購買力平価の考え方を知っていれば外債投資に生かせる」と暢気なことを言えるのは、販売にも投資にも関わらないですむところにいる人達くらいである。

インフレ格差が長期的な為替レートを決めるのだとしたら、世界で最もデフレに近い円を売って、外貨投資をするする必要性は何処にもない。なのに「貯蓄から投資へ」というスローガンのもと、海外投資は増えている。

しかも、公的年金を運用する「世界最大の投資家」で当然購買力平価を知っているはずのGPIFは、昨年末時点で運用資産の17.41%、26兆3,484億円もの資金を外債投資に振り向けている。

Why Japanese people?

あわせて読みたい

「為替」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  2. 2

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  3. 3

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  4. 4

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  5. 5

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  6. 6

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  7. 7

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  8. 8

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  9. 9

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  10. 10

    尾身会長、提言は「プロフェッショナルとしての責任」

    ABEMA TIMES

    06月18日 20:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。