記事

英会話上達の秘訣は習慣にすること 1時間は聞き続けろ

『ラジオ英会話』の収録風景。出演者による雑談もすべて英語

 昨年4月にリニューアルしたNHKラジオの英会話番組『ラジオ英会話』が熱い支持を得ているという。番組テキストが異例の重版を重ねる人気ぶりで、放送回数を重ねても番組を離れる「離脱者」が少ない。

 英語のプロたちも、『ラジオ英会話』の実力を絶賛する人が多い。『NHK英語講座を利用した〈具体的・効率的〉英語学習法』の著者で、英語講師の土屋雅稔さんは、「シニア世代の生徒さんで、ラジオをきっかけに英語学習に目覚めた人は大勢」とうなずく。

 そこで、英会話習得のコツを土屋さんに聞いた。

◆発音記号を予習しておく

 日本人は発音を誤ったまま覚えている人も多く、言葉は合っているのに、発音が問題で伝わらないことも多い。改善するには、正確な音を聴き取る工夫が必要だ。

「“日本語英語”が刷り込まれているシニアのかたは、耳だけで音を聴き分けるのは限界があります。正確な発音は英会話を学ぶ上で欠かせないポイントですので、ラジオを聴く前にテキストを読んで、単語の発音記号を細かく調べておきましょう」(土屋さん・以下同)

 例えば「where」を「フェア」と「f」の音で発音する日本人が多いが、これは間違い。

「『where』の場合、発音記号を見ると、『ホェア』と『h』の音から始まっていることがわかります。今はスマホでも単語の発音記号は調べられますから、できれば最初のうちは、すべての単語をチェックしましょう」

◆スキマ時間で1日1時間リピートして聴く

 英会話上達の秘訣は、勉強を「習慣」にすること。

「1回15分の番組の中で、学ぶのは長さにして正味1分程度の会話文です。10回聴くくらいでは、英語を聴いている時間があまりに短い。1時間は繰り返し聴いてほしいところです。

 その際、ただ聴き流すだけではダメ。事前にテキストを読んで、“今話しているのはこういう内容だ”と場面のイメージを頭に浮かべながら何度も聴き返すと、より効率的です」

 忙しい毎日のなか、「いつ勉強するか」もポイントに。

「1日のトータルで1時間聴いていればいいので、5分ずつの細切れでも構いません。通勤中や家事の最中に聴くのもおすすめです」

 番組は、レコーダーで録音するか、番組ホームページのストリーミングサービス、別売りのCDなどで繰り返し聴くことも可能だ。学生時代に「ながら勉強」を怒られた人も多いだろうが、大人の英会話は「ながらこそが習得への近道」だ。

※女性セブン2019年4月18日号

あわせて読みたい

「英会話」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    カルビ並と上 違いは見た目だけ?

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    宇垣アナ「基本人生は悲しい」

    キャリコネニュース

  3. 3

    住民が語るソープ街・吉原の現在

    フリート横田・渡辺豪

  4. 4

    和田政宗氏 文春記事に抗戦宣言

    和田政宗

  5. 5

    日本による韓国の提案瞬殺は当然

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    山本太郎氏のバラマキ路線は危険

    おときた駿(前東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    舛添氏「韓国は話にならない」

    舛添要一

  8. 8

    韓国が日韓企業の徴用工賠償提案

    ロイター

  9. 9

    安全ピンで撃退OK? 警察に聞いた

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    長文ビジネスメールに外国人困惑

    サイボウズ式

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。