記事

一茂と三奈は永久に不仲か…長嶋家をめぐる愛憎の現実

「ミスター」こと長嶋茂雄・巨人軍終身名誉監督(83)が2004年に倒れたとき、記者会見を開いて病状を説明したのは長男・一茂(53)だった。

 一方、2018年夏に胆石で入院したミスターを、病院につめて看病したのは次女・長島三奈(50)だ。ミスターの誕生日、2月20日付の「スポーツ報知」紙上では、2018年の日本シリーズを一緒にテレビ観戦し、丸選手について話したことを明かしている。

 そして一茂は、父の闘病中、家族でハワイ旅行に行っていた。

「ミスターと一茂、父子の確執と報じられていますが、その本質は、長男・一茂と次女・三奈の対立にあるのです」(長嶋家を知る関係者、以下同)

「球界のロイヤルファミリー」といわれる長嶋一家。一茂は、「父親を守るのは自分しかいはない」と常々、公言している。

「一茂が、父を尊敬しているのは間違いない。ただ、思いが強すぎる。たとえばミスターが脳梗塞で倒れてからは、一茂は昔からの番記者たちを、『親父を食い物にしている』と遠ざけている」

 2009年から2011年には、ファミリーの不仲報道が相次いだ。一茂が、父のトロフィや盾などの思い出の品を売却したことや、当時一茂の妻が社長を務めていた「ナガシマ企画」が、「長嶋茂雄」の名前を商標登録しようとして、三奈が社長を務める「オフィスエヌ(エヌ社)」と争ったことなどが明るみに出た。

「じつは、お宝売却に関しては、ミスターはなんとも思っていないと聞く。ただ商標登録については、三奈が激怒した。

 エヌ社は、亜希子夫人が亡くなるまで社長を務めていた会社だ。『お母さんがいままで、しっかりやってくれていたのに』と激怒する三奈を見て、ミスターは三奈につかざるを得なくなった」

 騒動については兄妹それぞれ言い分があるだろうが、亀裂はいまも修復されていない。

「一茂夫人は、ビジネス感覚に長けた、頭の切れる女性。一茂がテレビで引っ張りだこなのは、妻の功績といえる。

 だが三奈は、『一茂は尻に敷かれて、奥さんの言うことばかり聞く』とこぼしている。ミスターの身の回りの世話を三奈がしている以上、父子が仲直りする可能性は低い」(テレビ局関係者)

(週刊FLASH 2019年4月9日号)

あわせて読みたい

「プロ野球」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  4. 4

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  5. 5

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  6. 6

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    素直に良かった開会式 国内外の取り上げ方に差異

    和田政宗

    07月24日 10:47

  9. 9

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  10. 10

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。