記事

Apple MusicがSpotifyを有料会員数と成長率で抜く

Apple Musicがアメリカの有料会員数でSpotifyを抜いた

ウォール・ストリート・ジャーナルが、アメリカの音楽サブスクリプションを詳細にレポートしている。アップルは先日、新しい動画のサブスクリプション「Apple TV+」やニュースサービス「News+」、ゲームのサブスクリプション「Apple Arcade」を発表したばかりで、本格的なサブスクリプションサービスへの移行が始まっている。

ウォール・ストリート・ジャーナルは関係者の情報として、アメリカで2月にSpotifyが有料会員数を2600万人を獲得したのに対してApple Musicの有料会員数は2800万人に達した。全世界でSpotifyは世界最大の音楽ストリーミングサービスとして9600万人以上の有料会員を有している。一方でApple Musicは全世界に5600万人の有料会員がいる。

音楽サブスクリプション市場に変化

2018年7月にもApple MusicがSpotifyをアメリカで抜いたとする業界関係者からの情報がレポートされた。その際にはApple MusicとSpotifyは2000万人以上の有料会員をアメリカで獲得して、Apple MusicがSpotifyをわずかに抜いたと伝えられたが、具体的な数字は開示されなかった。

今回のウォール・ストリート・ジャーナルのレポートは、より詳細なユーザー獲得の動向が明らかにしている。例えば2社の成長率だ。

アメリカ音楽市場ではApple Musicの月次成長率は2.6〜3%に達した。これはSpotifyの1.5〜2%を上回る成長速度だ。

Apple Musicはアメリカ市場に加えて、世界の音楽市場でもSpotify以上の成長率を維持している。Spotifyの成長率が2〜2.3%に対して、Apple Musicの成長率は2.4〜2.8%だ。

先日、国際レコード連盟(IFPI)が発表した2018年の世界音楽市場のレポート「Global Music Report 2019」で、サブスクリプション型音楽ストリーミングの売上は32.9%も急拡大して、全体の売上で37%を占めるまで成長している。

関連記事:  2018年のグローバル音楽市場は191億ドルで4年連続成長、音楽ストリーミングが世界に浸透。IFPIが発表

またアメリカの音楽業界団体「RIAA」が発表した2018年のレポートによれば、音楽ストリーミングの売上は全体の75%を占めるまで成長している。アメリカの音楽業界は完全に音楽ストリーミングへ軸足を移し終わっていることが伺える。こうした音楽業界の変化や、音楽ストリーミングに積極的な音楽市場の存在は、Apple MusicとSpotifyにとって成長源として必要不可欠になっている。

インドが次なる巨大な音楽市場

音楽ストリーミングが次に目指すのは、ローカルマーケットだ。アメリカやヨーロッパなどすでに音楽ストリーミングが普及し定着しつつあるが、今後成長する音楽市場は、ローカルの音楽をグローバル化できる市場だと、音楽業界は捉えており、その一つとしてインドの音楽市場と地元アーティストへの投資が進んでいる。

Apple Musicは、インドでサブスクリプションの料金を従来よりも安価な価格設定に変更した。

1ユーザーの料金は119ルピーから99ルピーと安く変わった。ファミリープランは149ルピー。学生プランは49ルピーに値下げされ、新規ユーザーには3カ月の無料トライアルも付いてくる。

Apple Musicの新料金プランは、インドで今年から参入したSpotifyとYouTube Musicが影響している。Spotifyの料金は1ユーザーあたり月額119ルピー、3カ月389ルピー、6カ月719ルピー、年間1,189ルピーでサービスを提供している。一方、YouTube Musicの料金は1ユーザーあたり99ルピーだ。SpotifyとYouTube Musicはそれぞれ1カ月分、3カ月分の無料トライアルを新規ユーザーに提供している。

SpotifyとYouTube Musicに対抗するのはApple Musicだけではない。インド音楽市場でストリーミング最大手のGaanaは同社のサブスクリプション「Gaana Plus」の年間料金を1098ルピーから299ルピーまで引き下げた。同じく、JioSaavnはサブスクリプションの「JioSaavn Pro」の年間料金を999ルピーから299ルピーへ下げた。「Gaana+」と「JioSaavn Pro」は月額99ルピーで提供されている。

さらにGaanaやJioSaavnはSpotifyと同じ無料プランも提供している。広告付きの音楽視聴が出来るという点では、プレミアムプランのみのApple Musicは他社とは大きく異なる。

インドは世界の音楽業界の今を象徴する市場の一つだ。インドのようにグローバル展開しやすい音楽市場への普及を目指して、音楽ストリーミングやコンテンツプロバイダーの間で熾烈なユーザー獲得の戦いが繰り広げられている。

一方で、世界最大のSpotifyは、ポッドキャストや音声コンテンツへの投資を進めている。オリジナルのポッドキャスト番組を自社制作するなど、音楽以外のコンテンツを包括した世界最大のオーディオプラットフォームを目指そうと新たな戦略を打ち出した。

source:
Apple Music Overtakes Spotify in Paid U.S. Subscribers (WSJ)

Apple Music cuts prices in India (TechCrunch)

Apple Music subscriptions price cut: Plans now start at Rs 99 per month (The Indian Express)

JioSaavn, Gaana prices cut 70% to take on Spotify, YouTube Music in India (xda Developers)

あわせて読みたい

「Apple Music」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    進化する日米同盟を嘆く韓国紙

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    人気ラッパー語るアイドル界の闇

    BLOGOS編集部

  3. 3

    年収1000万円達成 早起きがカギ?

    キャリコネニュース

  4. 4

    田原氏 安倍首相は大問題解決を

    田原総一朗

  5. 5

    堀江氏 お金のため働く人は危険

    PRESIDENT Online

  6. 6

    心折れる? 吉高主演ドラマに反響

    女性自身

  7. 7

    キャバ嬢が勘違い客を一刀両断

    AbemaTIMES

  8. 8

    派遣会社が人手不足で倒産の皮肉

    中田宏

  9. 9

    日本の終身雇用制度が完全終了か

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  10. 10

    櫻井よしこ氏の朝日批判は不公平

    週刊金曜日編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。