記事

セックスロボットとの「愛」は成立するか

1/2

■「ロボットを人間としてみる」と起きる大問題

人工知能とロボット工学の進歩によって、かつてSFの世界であったものも、次第に現実味を帯びるようになってきた。その一つは、人間をサポートするロボットだ。人間と会話したり、サービスを補助したり、あるいは、医療や福祉の分野で心理的なケアを担ったりするロボットは、すでに幾つかのものが実現している。

それらは総じてソーシャル・ロボットと呼ばれる。1999年にソニーが発売した犬型ロボットAIBOや、2014年にソフトバンクがリリースしたPepperは、その代表例だ。現時点での性能は初歩的だが、いずれは完全に自律的な人間のようなロボットも登場するのではないかと期待されている。

しかし、ロボットが人間的な性質を持つための条件は、ロボットだけにあるのではない。「人間がロボットをどう感じるか」も重要なポイントなのだ。

「RealDoll」の製造元(@AbyssCreations)がTwitterに投稿している製作の様子。

後述するように、ロボットの友人や恋人としての役割は、しばしば、私たちに感情的な依存を引き起こす。つまり、ロボットがこれらの役割を担うようになるにつれ、私たちは、ロボットを人間としてみる傾向が強くなることが分かっている。それは同時に、さまざまな軋轢も生むことになる。

■ごく普通の人々のセクシャル・ヘルスのための市場

そこで今回は、「セックス・ロボット」について取り上げたい。人工知能やロボット開発の多くは公益に資することを目指しているが、プライベートな事柄、もっと言えば、性的な部分でも活用が進んでおり、これには激しい議論が巻き起こっているからだ。

以下では、セックス・ロボットの特徴に関する性的な記述やリンクが含まれることを、あらかじめ断っておく。それらを不快に思う読者は、読み進めないことをお勧めする。

セックス・ロボット開発の背景には、セックス・ドールないしはラブ・ドールとも呼ばれる人間型の人形を愛好する人びとの市場がある。ある報告では、この市場は、安価なノベルティ商品の製造から、高品質でリアルなラブ・ドールまでを含み、数百万ドル規模の世界的産業へと成長を遂げている。

公平を期すために言えば、この市場は、特殊な性的嗜好を持つ人びとのものというわけではなく、ごく普通の人々のセクシャル・ヘルスのための市場でもある。

■「約半数は50年以内にロボットとセックスする」と予想

また、2017年の調査では、アメリカの成人の約半数が、今後50年以内にロボットとセックスするのが一般的な慣習になると予想している。このことからすれば、この市場は、今後もさらに成長するものと予想される。

セックス・ドールやラブ・ドールは、その大半が男性向けのものだ。しかし、2018年には、Realbotix社が女性向けのセックス・ロボット「Henry」を正式にリリースする準備ができたと報じており、ディルドなどのセックス・トイ同様に、女性のニーズに応える商品開発も進められている。

しかしながら、セックス・ドールやラブ・ドール、あるいは、それらの発展形態としてのセックス・ロボットに対しては、それを肯定する者と、批判する者の間で、目下、激しい議論が巻き起こっており、単にプライベートな事柄として済ますわけにはいかないようだ。

いったい何が問題とされているのか、そして、経験的な調査からは何が分かっているのか。本稿ではできる限り新しい研究に即して論じてみたい。

あわせて読みたい

「ロボット産業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    ラオスのダム決壊 韓国と協議中

    tenten99

  3. 3

    嫌韓が高齢者に多いのはなぜか

    WEDGE Infinity

  4. 4

    セブン廃棄ロス策 5%還元に呆れ

    永江一石

  5. 5

    丸山議員は辞職不要 使える存在

    奥山真司

  6. 6

    恩知らずは消える 芸能界の現実

    倉持由香

  7. 7

    批判に弱い幻冬舎の見城徹社長

    渡邉裕二

  8. 8

    のん巡る裁判で異例の事実が発覚

    SmartFLASH

  9. 9

    AKB商法 秋元康の汚点になる恐れ

    PRESIDENT Online

  10. 10

    北方領土「武力奪還」は認識不足

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。