記事

米テスラ 「速い」「安い」「物珍しい」新型車で日本攻略へ

1/2
テスラの新型SUV「モデルY」とイーロン・マスクCEO(AFP=時事通信フォト)

テスラ初のミッドサイズモデルとなる「モデル3」

車両設定や装備品の大半は液晶タッチパネルで行う

日本で急速充電環境が整っていないのがテスラの悩み

 アメリカの電気自動車(EV)メーカー「テスラ」といえば、米のプレミアム車市場でメルセデス・ベンツやBMWも凌ぎトップに君臨しているが、日本では車体の大きさや価格の高さから一部の富裕層にしか売れていない。果たして今後、日本で存在感を高めることができるのか。自動車ジャーナリストの井元康一郎氏がレポートする。

【写真】ハイスペックなテスラ「モデル3」

 * * *

 EV専業メーカーとして名を馳せたアメリカのテスラモーターズの日本法人、テスラジャパンは今夏、EVの新商品「モデル3」を日本に導入する。

 全幅1.85mと、モデル3が属するプレミアムミッドサイズとしては標準的な寸法で、大型サルーンの「モデルS」、大型SUVの「モデルX」など、全幅2m近くに達していた既存のモデルと比較すると、日本への適合性ははるかに高い。テスラジャパンのセールスダイレクターは「モデル3の発売を機に、日本市場に本格的に切り込みたい」と、意欲を示した。

 そのテスラのラインナップに、さらに新しいモデルが加わることになった。3月14日に本国アメリカでプレビューされたSUVタイプのEV「モデルY」である。

 モデル3に近い寸法の、テスラとしてはコンパクトなボディながら、ハイルーフにしたことでその中に3列7座のシートを配置することを可能にした。価格は3万9000ドル(448.5万円/1ドル115円換算)からと、ガソリン車のプレミアムミッドサイズSUVと同等に設定している。

 これまで日本で販売されてきたテスラ車は大型サルーンの「モデルS」と大型SUVの「モデルX」の2車種のみ。全幅2m近いアメリカンサイズのボディで価格も高い。ディーラーが東京、愛知、大阪、そして昨年加わった神奈川の4拠点しかないことと相まって、販売台数は少数にとどまっているものとみられる。モデル3とモデルYがテスラジャパンにとって、販売を一気に拡大させるための期待の星と言うべき商品であることは間違いないだろう。

 果たしてモデル3、将来登場するモデルYは、テスラの思惑どおりに売れるのか──。

 まずは一番肝心の商品力だが、この点については大いに期待が持てる。テスラ車は世界の各市場において高級車、いわゆるプレミアムセグメントに区分されているが、そのジャンルで顧客からとりわけ強く要求されるのは性能と革新性だ。

 EVは一般に、石油依存からの脱却を可能にするエコカーと考えられている。もちろんテスラが金看板にしているのも脱石油だ。が、創業当時からテスラの経営を仕切ってきたイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)は一貫して、EVの特性をめいっぱい付加価値に生かすクルマづくりを志向してきた。加速力の良さを追求する場合、EVのほうがエンジン車よりコスト安ですむというものだ。

 市販車第1号としてオープンスポーツ「ロードスター」を売価10万ドルで発売した頃は、宣伝のために半分冗談で作ったに過ぎず、大きなムーブメントになることはないと多くの自動車業界関係者がみていた。

 ところが、大型セダンのモデルSで静止状態から60mph(96km/h)まで加速させるのに4秒もかからないというパフォーマンスを実現させた頃から風向きが変わり始めた。

 現在、EV熱がことさら高まっているジャンルは高級車、スポーツカーだ。各国の環境規制をクリアするにはEVを作ることがマストということはもちろんあるが、それ以上に、EVをやらなければ性能でテスラに負けるだけだということが市販車で示されてしまったことが大きい。現在、モデルSで最も速いモデルは0-60mph加速を2.3秒でこなす。これに対抗可能なエンジン車は、何十万ドルもするハイパースポーツだけだ。

 モデル3、モデルYはモデルSに比べると価格が安く、ボディも小さいのだが、並みいるエンジン車を置き去りにする加速性能という特質はモデルSと同様、しっかり持っている。

あわせて読みたい

「テスラモーターズ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  3. 3

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  7. 7

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  8. 8

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  9. 9

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

  10. 10

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。