記事

延命治療、受けるか断わるかを判断するにはどうすべきか


 回復する見込みはもうない。それでも一日でも長く生きるために、苦しい治療を続けるか否か。物議を呼んでいる東京・福生病院の「透析中止死亡」の問題が投げかけたのは、「延命治療をやめる」という選択の難しさだった。いつ、どのようにすれば、親や自分が後悔しない死に方を選ぶことができるのか。

【図解】延命治療をする?しない?決断の流れ

 そして、実際に病気になってから、延命治療を受けるか断わるかを判断する場合はどうなるのか。

 病気が進行し、医師から患者が終末期を迎えたと判断された場合には、一般的には病院で延命治療の「同意書」や「確認書」などが準備される。その文面には終末期の延命治療についての説明があり、患者本人の意思表示か、家族による患者本人の推定意思表示がある場合は、延命治療行為を差し控えるなどと記載されている。

 この文書で延命治療を受けないという意思表示をすることができるが、すでに本人の意思が確認しにくい状況だったり、突然のことで家族の意見がまとまらないケースもみられる。78歳の夫を脳梗塞で亡くした妻が打ち明ける。

「夫は生前、『もしもの時は延命治療はいらない』と言い、リビング・ウイル(終末期医療における事前指示書)を準備しようとしていました。ところが突然の脳梗塞で倒れると私も家族も『一日でも長く生きてほしい』としか考えられなくなりました。医師から延命治療について説明された時も、助けてほしい一心で、あらゆる措置をお願いしていました」

 事前に延命治療を拒否する文書を準備していたり、病院が準備した延命治療中止の確認書にサインした後でも、「やっぱり生きたい」と心変わりすることはある。終末期医療に詳しい長尾クリニック院長の長尾和宏医師はこう解説する。

「患者や家族が延命治療の拒否を通告した後でも、いつでもそれを撤回できます。人間の気持ちは揺れ動くものなので、医療従事者は常に患者や家族の意見に寄り添う必要がある。患者の意見が変わった場合に医療従事者はその都度、患者や家族との対話を繰り返すことが大切です。

 また、延命治療は受けないと意思表示していても認知症などで患者本人の病状が悪化して判断能力がなくなった場合には、家族や医師の判断で延命治療が行なわれるというケースもあります」

 ただし気をつけたいのは、いったん延命治療を中止したら、再開が難しくなる時もあることだ。

「例えば、透析患者の終末期は多臓器不全になっていきます。治療を中止すると血液中の水分や老廃物を除去できず、全身状態が一気に悪化します。治療を一旦中止した後には必ず『ポイント・オブ・ノーリターン』ともいえる、もはや延命治療を再開できない時期がきます」(同前)

※週刊ポスト2019年4月12日号

あわせて読みたい

「終末医療」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  4. 4

    アメリカの輸入規制撤廃に福島から喜びの声 「菅首相の置き土産?」指摘も

    BLOGOS編集部

    09月22日 16:26

  5. 5

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  6. 6

    菅さんの水面下での仕事の成果が今になって出て来たようだ

    早川忠孝

    09月22日 15:52

  7. 7

    公明・山口代表 給付金を選挙公約に掲げるも「何をいまさら」と呆れ声

    女性自身

    09月22日 16:21

  8. 8

    サンドウィッチマン、かまいたち、千鳥…Googleで検索されている芸人ランキング

    放送作家の徹夜は2日まで

    09月22日 10:48

  9. 9

    河野太郎氏は、国会議員投票でも一位を取るべく全力を尽くしべし

    早川忠孝

    09月22日 17:41

  10. 10

    ワクチンパスポートの目的は差別じゃない~区別と差別を明確に切り分ける重要性~

    山崎 毅(食の安全と安心)

    09月22日 08:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。